出典:筆者撮影

Lifestyle

夏の抱っこ紐に保冷剤のススメ!使い方から便利グッズまで大公開

育児にはかかせない抱っこ紐。でも抱っこ紐は密着度が高く、暑い日はママも赤ちゃんもお互い汗びっしょり、なんてことも。そんな暑い日でも快適に抱っこしてあげたいですよね。まだまだ暑さの残る時期、引き続き熱中症対策は必須です!赤ちゃんや小さなお子さんは自分で暑さをうまく訴えることができないので、大人が気づいてあげる必要があります。

そこで暑さ対策の一つとして抱っこひもに入れて使う保冷剤をご紹介していきたいと思います!

■赤ちゃんにとって暑い日は危険でいっぱい!

出典:photoAC

暑い日は、赤ちゃんにとって危険なポイントがたくさんあることをご存知ですか?例えば、抱っこ紐は大人との密着度が高く、ベビーカーは地面から近いため、熱がこもりやすく余計に暑いと感じることもあります。
また、太陽の日差しは、大人でも体力を消耗してしまうほど強烈なので、赤ちゃんにとってはもっと負担に感じていることもあるでしょう。
さらに、赤ちゃんは体が小さく体温調節が未熟な点や、暑い寒いがまだ伝えられない点も夏に潜む危険事項のひとつです。

■抱っこ紐そのものを夏用に変えてみるのもおすすめ

赤ちゃんにとって暑い日はとにかく危険!そこですこしでもそのリスクを軽減するために、抱っこ紐を変えてみるのもおすすめのアイデアです。具体的に暑さ対策としてどんな抱っこ紐がいいのかチェックしていきましょう。

・通気性抜群のメッシュタイプの抱っこ紐にチェンジ!

出典:筆者撮影 ※写真はイメージです

ママの必須アイテムとも言える抱っこには、さまざまなアイテムがありますよね。なかでも夏用としておすすめなのがメッシュタイプの抱っこ紐。
素材がメッシュなので、熱がこもりにくく通気性が良い点がおすすめポイントです。さまざまなブランドからメッシュタイプの抱っこ紐が登場しているのでチェックしてみてください。

・進化系抱っこ紐!ヒップバッグもおすすめなんです

出典:筆者撮影

進化系の抱っこ紐・ヒップバッグシートを活用してみるのもおすすめです。
ヒップバッグシートは、腰ベルトに赤ちゃんが座る椅子のような台座がついたアイテム。抱っこ紐のように赤ちゃんをすっぽり覆う部分がない分、暑さを軽減できます。
つけ方も簡単でさらには乗せ降ろしも楽なため、公園やちょっとしたお出かけの際にも便利ですよ。

・抱っこ紐に扇子や日傘などを兼用して使うのものおすすめ

出典:pixabay

抱っこ紐は意外とお値段の張るアイテムが多いですよね。また、使用する期間も限られていることから、夏用に新たに買い足すのはちょっと…と思う方もいるでしょう。
そんなときは、手持ちの抱っこ紐を使いつつ、扇子や日傘などを兼用してみるのも、夏の暑さ対策のひとつです。

「それでも暑くてどうしようもない…」そんなときには、抱っこ紐に保冷剤をプラスして冷却する手もあります!保冷剤なら手軽に手に入ってひんやり感もバツグンです。密着度の高い抱っこ紐も保冷剤があれば涼しく快適になりますよ。

では、どのように保冷剤での対策を行うとよいのでしょう?ここからは保冷剤を使った暑さ対策についてくわしく解説します。

Recommend

世界に一つ!家族の手形が残せる『ファミリーハンドプリント・フレーム』で記念アートに挑戦!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]