出典:@ saori_mhさん

Lifestyle

ベッドのDIYができるの?すてきなカスタマイズ例をご紹介☆

ベッドは大型家具だから、買うものだとばかり思っていませんか?ベッドだって自分の好きな仕様にDIYができるのです。こんなベッドがあったらいいなという思いをDIYで実現させませんか? 今回はすてきなベッドのカスタマイズ例もご紹介します。どのベッドもインテリアも、とてもすてきなものばかり。ぜひ参考にしてみてくださいね。

■ベッドを自分でDIYできる?

大きな家具だから製作も大変?いえ、女子でも簡単に作れる方法があります。たくさんの方がベッドのDIYを選んだ理由をお伝えします。

・ベッドを自作するメリットがあります!

出典:photoAC

ベッドは大きく幅を取るため、存在感のある大きな家具です。低いベッドや収納が多いベッド、人によって、部屋の大きさによって、選びたい形は変わってきます。実は、ベッドはなかなか自分のスタイルにあった形を見つけるのが難しい家具なのです。そこで、ないものは作ってみましょう!自分で大きさも好みも自由にアレンジができるので、DIYがおすすめです。

・自作する際に気をつけるべきことはこれ!

出典:photoAC

寝ている間は無防備に動き回り、ベッドは体の重さを全部預けるものなので、強度がしっかりしていなければ危険です。
ロフトベッドや高さのある長い脚のベッドにするなら、さらに補強をするなど、金具を加えて強度をあげなくてはなりません。子ども用のベッドも、子どもがどんな動きをするか予想できないので、耐荷重に気を配り、頑丈で安心して寝ることができるベッドをつくりましょう。

■簡単!すのこベッドをDIYする方法

すのこベッドと一言で言っても、お好みによって自由自在です。本当のすのこのような低めの形にするか、ベッドのような形にするか、シングルサイズにするか、みんなで寝ることができる大きなサイズにするか、ご自分の暮らし方に合わせて好きな形を決めてみてくださいね。

・準備するものはこちら

2種類をご紹介します。どちらもDIYのしやすい規格の木材、1×4や2×4を使用します。

A.すのこ型低めスタイル(シングルサイズ1台分の場合)
1×4材(長さ1,820mm)を12本
ねじ

B.ベッドスタイル(シングルサイズ1台分の場合)
1×4材(長さ1,820mm)を8本
2×4材(長さ1,820mm)を8本
角材(長さ1,820mm)を8本
ねじ

・作り方をご紹介します

出典:@ bm.p0512さん

A.すのこ型低めスタイル(シングルサイズ1台分の場合)

1.1×4材(長さ1,820mm)を12本のうち、4本を1,000mmの長さにカットする。
2.1,000mmの板を両端に床に垂直に置き、その上にカットしていない1,820mmの板8本をすのこのように平らに等間隔で置く。1,000mmの間にはみ出さないように並べ、ねじ止めしていく。
3.1,000mmの残り2本を補強のため、1,820mmの板に垂直になるように端の1,000mm板の間に、等間隔に設置し、ねじ止めをして完成。(巨大すのこのようなできあがりになります。)

出典:@ bm.p0512さん

B.すのこ型ベッドスタイル(シングルサイズ1台分の場合)

1.2×4材4本に角材を1本ずつL字型になるよう接着させる。(1×4の板をすのこ状に乗せるための支えとして)
2.1.の板を2本1,000mmにカットする。
3.2×4の板で脚を4本作る。(長さは好みで。斜めにカットした足にしてもおしゃれ。)
4.ベッドの枠をL字の1,820mm、脚、L字の1000mm部分、脚で縦の長さ約2,000mmになるよう構成する。
5.1×4材を長方形枠短い方の長さに収まるよう、カットしてすのこのように並べ、ねじ止めしていけば完成。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]