Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

【パパメンズBar】両親には産まれてから報告⁉【2019年6月①】

帰ってきました!3カ月に1度、パパたちにもママに言えない秘密や、男として・夫として・父親としてのリアル悩みをとことん聞けちゃう、パパ座談会企画【パパメンズBar】。
ママとの馴れ初めから、ママの好きなところ、結婚の決め手、今の悩みまで覆面だからぶっちゃけられるトークをスタート。パパの視点から見た家族像や子育ての悩みを知るのも貴重な機会。本音トークをたっぷりお楽しみください♡

今回は、ママとの出会いや結婚を決めた理由について。波乱万丈のエピソードは必見です!


■今月のパパ座談会に参加してくれたのは、こちらの3人!

Aさん
28歳/ママは1歳年下で、3歳の男の子を持ち、近々女の子(予定)が生まれるパパ。

Bさん
28歳/ママは3歳年上の姉さん女房。6歳と2歳の男の子を持つ二児のパパ。

Cさん
35歳/2歳年下のママと4歳の女の子と3人家族のパパ。

⬛️ハキハキしてて姉貴キャラの関西人の奥さんに一目惚れ♡

ーーAさんとBさんは幼馴染だそうですが、Cさんは初対面!そこで、まずは自己紹介をかねて、奥さんとの馴れ初めとか、奥さんの好きになったところを聞かせてください♡


Aさん
うち、夫婦2人とももともとは会社の同期なんです。大阪のベンチャーで、嫁はバリバリ仕事できる人で。
生まれも育ちも大阪人だから、終始明るくて楽しくて、しかも食べ物の趣味が合うからいろいろラクなんですよね。それで告白する時も「結婚を前提に付き合ってほしい」ってプロポーズして、すぐにOKもらいました。

Bさん
僕は、奥さんは同じ大学の陸上部の先輩。偶然なんだけどAくんと同じで、コテコテの関西人で姉貴キャラ。当時、飲み会では、年下の僕はめっちゃ飲まされて潰されてました(笑)。
僕が一方的に好きで、でも当時彼女は同期の先輩と付き合ってたのね。でも若気の至りで、追いかけまくって。で「付き合ってほしい」って告白したら、「彼と別れようと思ってたから、1週間待って」って言われて。

全員
えー!それで?

Bさん
1週間後に「別れたから付き合おう」って言われたの。奥さんの好きなところは、素直でハキハキしているところかな。
最初は顔に一目惚れしたんだけど(笑)。でも飲み会の明るい感じも好きだったし、そもそもお姉さん系も好きなんだよね。

Aさん
うちも、祭りのために生きてるようなバリバリの大阪人(笑)。サバサバしてて楽しいよね。

Cさん
僕が奥さんと出会ったのは大学時代。同じサークルの後輩だったの。
僕は同じチームの同級生が好きで3日間あるうちの学祭の1日目に告ったんだけど、断られて(笑)。

ーーよりによって1日目に・・・(笑)。


Cさん
そうなんですよ。イケると思ってたから・・・。おかげで暗い気分で残り2日間過ごしました。
で、そのあと、その流れを知っていた今の奥さんから告られて付き合うように。好きなところは、僕の話を聞いてくれるところかな。僕、普段はおしゃべりだから、そもそも聞いてくれる子が好きだったんだよね。

Aさん
そこからどうやって結婚したんですか?

Cさん
僕が就職したのが愛知の会社だったんだけど、最初に配属されたのが東京支社だったの。でも1年で名古屋の本社に戻ることになって、しばらく東京と名古屋で遠距離恋愛してたんだよね。
僕の仕事も不規則な時間帯だったから、奥さんが月1ぐらいで名古屋に会いにきてくれてて。でもそれも大変だからって、奥さんが会社を辞めて、名古屋に来るって話になって結婚したんだ。

⬛️結婚指輪を買いに行ったハリー・ウィンストンで、まさかの入店拒否!?

ーープロポーズって男性にとったら重要なものですよね・・・。それぞれ、どんなプロポーズだったか聞かせてください。


Cさん
奥さんが名古屋に来るタイミングで結婚することになって、とくにプロポーズのサプライズとかはなく、青山のお店に結婚指輪を買いに行ったぐらい。
転勤族で、いつ異動になるかわからないからなかなか子どもは作れなかったんだけど、結婚5年ぐらいたってそろそろ子ども作りたいねってなった時に、ちょうど東京にまた異動になって。引っ越しして1カ月で子どもができたんだよね。

ーースムーズですね!


Cさん
まあそう言っちゃえばそうだけど、いつまた異動があるかわからないから、2人目を作るタイミングはなかなか難しい。

Bさん
僕の結婚話はちょっといろいろ複雑で・・・。子どもができたのは、彼女が社会人1年目で、僕が大学3年生の時。

全員
おぉ〜。

ーー学生時代!!それは悩みますね。


Bさん
彼女も社会人になってまだ1年目だったし、相手はまだ学生だから諦めようって思ってたみたい。
それに、付き合い始めた時から同棲をしてたんだけど、両方の親にも同棲はおろか、彼氏彼女がいることすら全部内緒にしてたんだよね。

ーーわーそれはいろいろ大変そう。


Bさん
でも若気の至りで、責任をしっかり取ることこそかっこいいと思っちゃって。それで、後のことは考えられないけど、産んで欲しいって言ったの。

全員
かっこいい!

Bさん
本当に若気の至り(笑)。それで、奥さんが1人娘で、めちゃくちゃ厳しい家庭に育ったから、これは作戦が必要だと思って、奥さんと結託して、生まれてから全部を報告しようってことになったの。

全員
うわーすごい決断!

Bさん
それで、生まれた日に病院からそれぞれの親に報告したんです。そしたら義父が関西から飛んできて!その頃僕は就活中だったんだけど、大学辞めるって伝えたら、義父さんが「やめてどうるすんだ!」ってなりまして。
いろいろ話し合った結果、大学はちゃんと卒業してちゃんとしたところに就職しなさいって話になり、就活をがんばるようにと、その日のうちに20万円のスーツを買ってもらったの。

全員
いい話〜!!

Bさん
だから生まれてすぐに認知はしていたけど、籍を入れたのは就職してからなんだ。でも、籍を入れるまでの2年間は自分の親とバイト先の店長にしか子どもがいることは話してなくて。
それを大学の友達に隠しているのが地味に辛かった。ただ、奥さんがすごく明るいのが救いだったね。

Aさん
関西人、そこがいいところだよね。うちも奥さんが関西人だから、もちろん向こうの家族全員コテコテで。たこ焼き作れないってバレたら怒られたぐらい(笑)。

ーーあははは(笑)。Aさんのプロポーズは?


Aさん
僕もデキ婚なんだけど、子どもができたって聞いて、じゃあ指輪買わなくちゃ!ってなって。朝起きてパジャマのまま急に思い立ったんだよね。それで奥さんと、銀座のハリー・ウィンストンに行ったの。貯金100万円をおろして。

全員
すごー!かっこいいね(笑)!

Aさん
ところが、銀座店が休みで(笑)!そのまま六本木店に行ったら、最初、パーカーとダメージジーンズだったからかドアマンがドアを開けてくれなかった。

ーーパジャマからダメージデニム×パーカーに着替えたわけですね(笑)。


Aさん
あははは(笑)。まあそうです・・・、で、買いに来たのでドアを開けてくださいって言って。

ーーそもそもハリー・ウィンストンってやりましたね!(笑)


Aさん
奥さんから、やっぱりハリー・ウィンストンが欲しいって言われて、同じ会社だったから会社内のひとたちからも「覚悟決めるなら行ってこい!」ってたきつけられて。それで無事指輪を買って、その後2人で叙々苑に行って、その日はお金を使いまくりました(笑)!

【次回予告】パパが考えるご自身のお子さんのお悩みについてを語ります!

初回から波乱万丈のエピソードが飛び出した、パパ座談会。この後話はどんどん盛り上がり、今回の話なんてまだまだ序の口!ということで、次回もお楽しみに♡
次回はお子さんの悩みについて。ママとは違う、パパから見た心配事や悩みを聞かせてもらいました!

企画・構成/mamagirl WEB編集部 文/若山あや

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp