出典:photoAC

Lifestyle

靴を洗濯機で洗うのはあり?洗い方の手順や注意点をまとめて伝授

靴を洗うのが面倒だからと、汚れた靴をそのままにしている…なんてもことはありませんか?もしかしたらその靴、洗濯機で洗うことができるかもしれません。靴の種類にもよりますが、靴の洗濯機洗いは可能です。靴を洗濯機で洗えれば、面倒な靴の手洗いも必要なし♡洗濯にかかる手間や時間を大幅に短縮することもできるかもしれません。

今回は、洗濯機で洗える靴の種類や手順、注意点やおすすめアイテムまで、全部まとめてご紹介します。

■いつもの靴を洗濯機で洗おう!詳しい方法を伝授!

靴の洗濯機洗いについて詳しく確認していきましょう。

・めんどうな手洗いに終止符!靴は洗濯機で洗えるの?

日本人にはあまりなじみがなく、知らない人も多いのですが、実は靴を洗濯機で洗うことができます。アメリカでは洗濯機で靴を洗うのは常識のよう。といってもすべての靴が洗濯機で洗えるわけではありません。

出典:photoAC

洗うことができるのは、布製やナイロン製の靴。スニーカーや上ばきといった、普段活躍の機会が多い汚れやすい靴を洗濯機で洗うことができます。
洗えないのは革製の靴やブーツ、ヒールのあるパンプスやサンダルなど。靴を傷めたり洗濯機が壊れる可能性もあります。また、布製やナイロン製の靴であっても、デザインによっては避けておいた方がいい場合もあるでしょう。

■正しい手順で洗おう!洗濯方法をチェック

失敗せずに靴を洗濯機で洗うための方法を解説します。

・まずは準備!どんなアイテムが必要?

出典:photoAC

用意するものは
・ブラシ(歯ブラシでもOK)
・塩素系漂白剤
・40℃のお湯
・洗濯ネット
・液体洗剤
があればOK!
洗濯ネットは靴専用のものが販売されています。クッション性があり、洗濯機を回したときの音を最小限にとどめたり、靴への衝撃を和らげたりという効果があります。靴を洗濯機で洗うなら、専用の洗濯ネットを用意するのがベストでしょう。 

・洗剤の量はどれくらい?


洗剤の量は、通常の濃度よりも少し濃いめになるよう調整します。頑固な汚れが染みついており、洗濯機の前につけおきをする場合は、使用量目安の6倍程度の高濃度にすると落ちやすいですよ。

・いっしょに洗って良いものはある?

出典:photoAC

服やタオルは汚れが移ってしまう恐れがあるので、いっしょに洗うのは避けたいところ。靴と中敷きだけにして洗うのも良いですが、ついでに他のものも洗えると家事がはかどります。靴袋や硬くない素材の玄関マット、その他にも外で使うものならいっしょに洗っても良さそうですね。

・詳しい手順をチェック!

出典:photoAC

続いて洗濯の手順です。
1.ブラシを使って表面の汚れや靴底の小石などを取り除く
2.中敷きと靴ひもを取り外す
3.汚れがひどい場合は先に漂白!40℃のお湯に塩素系漂白剤を溶かして30分置く
4.洗濯ネットに靴と中敷き、靴ひもをそれぞれ入れる
5.普段より多めの液体洗剤と水の量で!洗濯コースは普通でOK
6.日陰干しで乾かす
というのが基本の流れ。
汚い靴をそのまま洗濯機に入れてしまうと、洗濯層が汚れてしまいますよね。洗濯槽が汚れないよう、小さいブラシや歯ブラシなどで汚れを落としておきましょう。
洗濯機で靴を洗うときは、靴が水の中に浮かぶくらいの多めの量。水量を増やすことで、靴を守りながらしっかりと洗うことができます。
事前準備ができたらあとは洗濯機にお任せするだけ!靴を簡単に丸洗いすることができます。

・知っておこう!靴を乾燥させるときの注意点

出典:photoAC

洗濯機で脱水まで終わった靴を乾かすときは、日陰干しが基本!直射日光にあてながら干すと、傷みや縮み、変色などの原因になります。靴用のハンガーを使うと、風の通りが良くなり効率的に乾かすことができますよ。
生地が厚くて乾きにくい場合には、タオルやキッチンペーパーで水気を吸い取っておくのがおすすめです。

■家の洗濯機で靴を洗うのはちょっと心配!どうする?

家の洗濯機で靴を洗うのは抵抗がある!そんな人におすすめなのはコインランドリーの活用です。詳しく確認していきましょう。

・靴専用の洗濯機があるコインランドリーを活用!

出典:photoAC

コインランドリーには靴専用の洗濯機や乾燥機があるところも!東京や大阪、福岡といった都市圏だけでなく、地方都市にもどんどん広がりを見せているようです。自宅の洗濯機を使いたくない、めんどくさい、そんな人は靴洗濯機があるコインランドリーを活用してみては?

・靴専用の洗濯機ってどんなもの?

出典:photoAC

靴専用の洗濯機は中に無数のブラシがセットされており、表面の汚れをしっかり落としてくれる仕様。洗剤を別途用意する必要もなく、20分程度で2~4足の靴をまとめてキレイにすることができますよ。

・靴専用の乾燥機も便利!

出典:photoAC

靴洗濯機と併せて靴用の乾燥機があるコインランドリーもあります。靴乾燥機を使えば、時間がかかる陰干しも必要なし!乾燥にかかる時間も洗濯と同様20分程度。洗濯と乾燥の両方でも1時間以内に完了するため、洗ってすぐに使いたいというときにも活躍してくれそうです。

■あると助かる!靴洗濯の便利アイテム

便利アイテムを使えば、靴洗濯がもっとしやすくなりますよ。

・おしゃれでデザイン豊富♡ダイソーの洗濯ネット

出典:筆者撮影

『DAISO(ダイソー)』には、動物や柄などバラエティー豊富な洗濯ネットがそろいます。靴専用はありませんが、サイズも形もさまざまなので、靴に合わせて厚みのあるタイプのネットを選んでくださいね!

・靴用じゃないけどちょうど良い!セリアの洗濯ネット


『Seria(セリア)』のボックス型の洗濯ネットもおすすめ。靴がすっぽり収まる形で厚みのあるふわふわとしたメッシュ生地なので、靴の型をしっかり守ってくれそうです。

・靴用洗濯ネットはもっと安心☆


靴専用の洗濯ネットならもっと安心して洗えます。1,000円台で購入できる『創和』の「シューズ洗いネット」は、衝撃吸収に優れたクッションメッシュで靴も洗濯機も守ってくれます。

・プチプラでも大活躍◎靴を干すハンガー

出典:筆者撮影

きれいに洗ったあとはしっかりと乾燥させることが大切。靴用のハンガーを使えば効率良く乾かすことができます。ダイソーにはキッズ用やお風呂のシャワーホルダーにはめられるタイプなどもあります。
『CAINZ(カインズ)』の「シューズハンガー」298円(税込)もおすすめ。靴がしっかりはまり、乾きやすい角度をキープ。そろえて買うと連結もできますよ!

・かわいくて気分があがる!靴用ブラシ

出典:筆者撮影

靴専用ではないですが、洗濯ブラシならダイソーやセリアでも購入可能。歯ブラシよりも面が広くて効率良く洗えるので、手軽で便利です。
靴にフィットするフォルムで程良い硬さの靴専用ブラシなら、砂利や泥汚れなどの洗い残しもグッと減ります。
『MARNA(マーナ)』の「わんぱくシューズブラシ」495円(税込)は、顔つきでかわいくて使いやすいデザイン。持ち手側にはコンパクトなかきだしブラシがついているので、細部につまった砂も落とせます。

■面倒な靴の手洗いを洗濯機に任せよう♡

出典:photoAC

靴の手洗いはなかなか時間がかかるもの。靴洗いの時間が確保できない、とにかくめんどくさい!という人も少なくないよう。そんなときは洗濯機にお任せ!家の洗濯機やコインランドリーで靴をキレイに洗いましょう。手順や注意点を参考に、家事の手間を解消してみてはいかがでしょうか?

isaco

お散歩大好きな1歳男の子のママです。親子遊びネタを増やしながら毎日楽しんでいます。看護師・保健師の資格や経験も活かしながらいろいろな記事を執筆中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]