出典:@ aiko1_6さん

Fashion

スカートの作り方をチェック!子供~大人用まで簡単な作り方をレクチャー

最近、洋服をハンドメイドする人も多くなっていますよね。ブラウスやワンピース、パンツなど、いろいろなものを作ることができますが、中でも比較的作りやすいのがスカート。初心者さんでもトライしやすいんです。そこで今回は、簡単にできるスカートの作り方を紹介。手作りするときに役立つサイトもまとめてみたので、チェックしてみてくださいね!

スカート作りって難しそう…。でも自分で作れたら、どこにもないオリジナルのスカートをファッションに取り入れられますよ。子供とのおそろいコーデも楽しそうです♡
さっそく、気になる作り方を見ていきましょう!

■スカートの作り方~準備編~

まずは、スカートをハンドメイドするメリットや必要な準備について紹介していきます。

・スカートを手作りするメリットって?

出典:@ aiko1_6さん

「素敵なデザインのスカートをはきたいけど、好みのデザインがない!」と思ったことはありませんか?ハンドメイドなら好みの生地&好きなデザインのスカートが作れるのが最大のメリット♡
丈の長さやウエストサイズなど、自分にぴったりのサイズに合わせて作ることができるのも魅力です。また、ママの着られなくなった服をリメイクして子供のスカートに!なんてことも可能。お気に入りの服をリメイクやサイズ調整して、長く大切に着ることもできるんです。

・生地選びのポイントは?

出典:@ aiko1_6さん

スカートを作るのに、生地選びはとっても重要!生地の選び方でスカートの雰囲気とできあがりが違ってきます。例えば、ガーゼ生地で作るとテロっとしたスカートになり、硬めの綿の生地で作るとパリっとしたハリのあるスカートに仕上がります。
生地選びに迷ったときは、布屋さんでどのようなスカートが作りたいのを店員さんに伝えるとおすすめの生地を提案してくれますよ。

・デザインも決めておこう!

スカートのデザインにはたくさんの種類がありますが、作る前にどんなデザインにしたいのかもしっかり決めておきましょう。人気で簡単にできるデザインには、以下のようなものがあります。

<フレアスカート>

出典:photo AC

フレアスカートの「フレア」には、あさがおのように開くという意味があり、あさがおの花びらのように裾部分が広がったスカートのことをフレアスカートと言います。歩くたびに揺れるスカートは、エレガントな雰囲気を演出してくれますよ。
ウエストをギャザー加工すると、フレアギャザースカートになり、四枚の生地で仕立てると、四枚はぎフレアスカートなどと呼ばれます。

<ギャザースカート>

出典:photo AC

ギャザースカートはその名の通り、ウエストや腰まわりにギャザーが入ったスカートのこと。布を多めにとるとギャザーがたくさんでき、よりふんわりとしたかわいいスカートになりますよ。
後ろゴムスカートなどもこのギャザーの手法を使います。比較的簡単な作り方なので、ハンドメイド初心者さんにもおすすめの作りやすいスカートです♡

<ティアードスカート>

出典:mamagirl 2019夏号

ティアードスカートは、ギャザーやフリルをいくつか重ねて作ったスカートのこと。重ねるごとにスカートがふんわり広がります。子供から大人までかわいくみせてくれるスカートです。

次からは、スカートの種類ごとの基本的な作り方を紹介します。
意外に簡単なものもあるので、ぜひチェックしてみて♡

■ウエストゴム入り!簡単なギャザースカートの作り方

出典:@ aiko1_6さん

1.ウエストからの丈の長さを決めて布をカットします。
例:身長約160cmの人のスカートの場合、足の長さに合わせて縦80cm(スカートのできあがりより6cm長めに)カット。横は160cm。(ウエストのゴムを通すことを考えてギャザーがたくさん欲しい場合は長めにカット。布を短くしすぎるとただの正方形のスカートになってしまいます。)

2.裾の部分・ウエストのゴムの部分をアイロンで折り返します。
※ウエストのゴムを入れる部分は注意が必要です。必ずゴムの大きさを測り、ゴムが入る太さを設定しましょう。(ゴムの太さの少し広めに0.5㎜×0.5㎜くらい余裕をもたせてアイロンがけをします。)

3.中表に半分に折り、ワキ部分(縦)を縫います。
※ワキを縫うときのコツは必ず生地の端と端をそろえることです。生地をきちんとそろえておかないとズレてしまい、ウエスト部分と裾部分を縫うときに難しくなってしまいます。針などで止めておきましょう。

4.一番はじめにアイロンした裾の部分とウエストの部分を縫います。
※ウエストはゴムを入れる部分を考えながら縫いましょう。

出典:@ aiko1_6さん

6.最後に表側にして、ゴムを入れて手縫いして完成です!

こちらが基本的なギャザースカートの作り方。どんな生地でも簡単にできるのも魅力です。
ギャザーを多めに入れたい場合は、布を長めにカットしましょう。

■簡単なフレアスカートの作り方

フレアスカートはギャザースカートとは違い、切った生地を広げるとドーナツ型の状態になります。半円~全円の作り方があり、全円になると「サーキュラースカート」と呼ばれ、ヒダが増えてよりふんわりとしたシルエットに。
ウエストはゴムのものやベルトのものがありますが、今回はゴムのタイプの作り方を紹介します。

1.まず生地を半分に折ります。
2.半分に折ったら「わ」になっている部分を持ち上げて三角形にします。
3.「わ」を上の部分にした状態で裾の部分を丸く切断します。
4.ウエストの部分は、ドーナツの真ん中部分にあたる部分を裁断します。
5.同じものをもう一枚用意してワキ(縦)の部分から仕上げていきます。
6.最後にすその部分とウエストのゴムが入る部分を折り曲げて塗ったら完成です。

好みに合わせて、フレアの分量を調整してみてくださいね!

■簡単マキシ丈スカートの作り方

出典:@ aiko1_6さん

マキシ丈スカートの生地には、なるべく柔らかい素材のインド生地などがおすすめ。硬い生地を使うと歩きにくくなることもあります。

1.だいたい2mの生地を半分に切る。
2.両サイドのワキの部分を1㎝折ってアイロン、さらに1㎝折ってアイロンをしてから糸が出ないように縫います。
3.アイロンをかけてから、両サイドを縫い合わせます。
4.ウエストと、裾を縫います。ウエスト部分はゴムの太さに合わせて大きさを決めましょう。
5.裾と、ウエスト部分を塗ったら、最後にゴムを通して完成です!

巻きスカートにしたい場合はワキの部分は縫わずに、ウエスト部分にひもを取りつけて腰の部分で回せばOK。お好みで作り分けてみて。

■台形スカートの簡単な作り方

台形スカートとは、はいたときの形がその名の通り「台形」になるスカートのことで、前と後ろの型紙がほぼ同じ形なので、裁断も縫うのもとても簡単なのが特徴的。
ここでは、簡単にできるダーツ入り台形スカートの作り方を紹介します。

1.台形スカートの型紙で生地をカットする
2.ダーツ部分を縫う
3.左脇を縫ってコンシールファスナーをつける
4.右脇を縫って縫い代をアイロンで割る
5.ウエストをパイピングする
6.裾の始末をする
7.縫い代を折ってステッチをかける
8.ファスナーの上にホックをつけたら完成

上記はダーツが入ったものですが、ダーツなしやウエストゴムのものならもっと簡単に作れますよ。ぜひチャレンジしてみてください!

■タックギャザースカートの作り方

出典:@ hokkori_sewingさん

タックギャザースカートとは、折りたたんだタックとシワがよったギャザーのふたつの手法が使われているスカートのこと。写真の@hokkori_sewingさんのスカートのように、前面にタック、後ろにギャザーが入ったものが多く見られます。

出典:@ hokkori_sewingさん

こちらが、後ろのギャザー部分。ギャザー仕様になっていることでゴムが伸びてはきやすいのも、特徴のひとつです。
それでは、簡単な作り方を見ていきましょう!

1.スカート部分とベルト部分の生地を型紙通りにカットし、前ベルトには接着芯を貼っておく
2.前スカートのタックをアイロンなどで折って作り、仮止めする
3.前スカートと後ろスカートを中表にして脇を縫う
4.縫い代を処理し、後ろ側に倒しておく
5.前ベルトと後ろベルトを中表で縫う
6.ベルトとスカートを中表で縫い合わせる
7.ベルトとスカートの縫い代をくるみこんで、後ろ部分のみステッチをかける
8.後ろベルトにゴムを通したあと、両脇のゴムと本体を縫い止める
9.裾を1cm折った後、4~5cm幅で三つ折りにしてステッチをかけたら完成!

難しそうですが、ひとつひとつの工程をきちんとこなせば、きちんと感のあるタックギャザースカートができますよ。紹介した作り方はタックがウエスト部分に入っているものですが、写真を提供してくれた@hokkori_sewingさんのように、途中からタックが入っているものも素敵ですね♡

■サーキュラースカートの作り方

出典:@shimami.wさん

サーキュラースカートとは、先ほど紹介したフレアスカートの生地が全円バージョンのもの。フレアスカートより広がりのあるスカートで、とてもエレガントな印象になるのが特徴です。
無地の生地でもいいですが、写真の@shimami.wさんのような華やかな生地を使うと、パーティーシーンにも着ていける素敵なスカートができますよ♡
作り方はフレアスカートといっしょです。生地をたっぷり使って素敵なスカートを作ってくださいね。

■裏地つきスカートの作り方

レース生地など、透けそうな生地でスカートを作るときや、生地が脚に張りつきやすそうなとき、防寒や防風仕様にしたいときなどに裏地つきにすることをおすすめします。裏地はテロテロとした滑りがいい生地を選び、表地より短くカットするのがポイント。どのスカートでも裏地をつけることが可能ですよ。

作り方は、作りたいスカートの手順に裏地のカットや処理、縫い合わせをプラスするだけ。裏地は、表生地と裏地、どちらも下処理などが終わったあと、スカートの上端を縫うときにいっしょに挟んで縫ってしまうのが基本です。

■余った布でも作れる!はぎれスカートの作り方

出典:@eucaly5955さん

ハンドメイドが趣味の人なら、生地のはぎれがたくさんたまってどうしよう…!ということもあるのでは?また、はぎれを集めた生地のセットが手芸屋さんで格安で販売されていることもありますよね。
そんな生地のはぎれを縫い合わせることでも、かわいいパッチワーク風のスカートが作れちゃいます♡

1.はぎれを縫い合わせて、型紙の生地を作る
2.型紙に合わせてカットする
3.作りたいスカートの手順に沿って作製したら完成

スカートを作る場合は、少し大きめのはぎれを使うのがおすすめ。小さすぎると縫い合わせるのが大変になります。ティアードスカートを段ごとに違った柄のはぎれを使って作製すると、生地の切れ目をあまり気にしなくていいので楽ですよ♡
まずは、@eucaly5955さんのように、子供用の小さいはぎれスカートに挑戦してみるのもいいかもしれませんね!

■子供のスカートも手作りしちゃおう☆

出典:@ aiko1_6さん

簡単にできる子供用スカートの作り方が知りたい!という人もいるのでは?
ここでは、比較的簡単にできる子供におすすめのスカートの作り方を、ふたつ紹介します。

・子供用ティアードスカートの作り方


ティアードスカートは、段になっているデザインのスカートです。

1.20㎝×80㎝と20㎝×90㎝の布を用意します。
2.はじめに20㎝×80㎝の生地で、ウエストゴム入りのスカートを作ります。
3.つぎに20㎝×90㎝の生地を、裾の部分を折り返しにして縫います。最初に作ったスカートの裾の部分を折り返しにして縫います。
4.最初に作ったスカート(20㎝×80㎝)と、2回目に作ったスカート(20㎝×80㎝)をつなげあわせて縫ったら完成です!

スカートとスカートをつなぎ合わせるテクニックが必要になりますが、小さめの子供用スカートならトライしやすいかもしれません。

・子供用フリルスカートの作り方

出典:photo AC

フリルスカートはティアードスカートと違い、1枚目のスカートの上から布を縫っていきます。フリルスカートの場合は「繋げる」というより「重ねて縫う」イメージです。

1.①30㎝×90㎝の布と、②少し大きめの10㎝×100㎝、③さらに大きめの10㎝×110㎝の布を用意します。
2.①の30㎝×90㎝の生地をウエストゴムスカートのように縫います。その上から②の10㎝×100㎝の布を上から重ねるように縫っていきます。
3.③も同様で、②の下に隠れるように縫っています。
4.最後にゴムを入れたら完成です!

スカートを重ねるように塗っていくこちらのスカート。かわいらしいフリルに、子供も喜んでくれそうですね!

■スカートの作り方を紹介しているおすすめサイトは?

最後に、スカートの作り方が載っているおすすめのサイトを紹介します。

・動画があり説明もわかりやすい!うさこの洋裁工房


「うさこの洋裁工房」は、スカートの作り方や型紙で検索すると、比較的上位に表示される人気のサイト。ギャザースカートなどのスカートをはじめ、コートやトップスなど、さまざまな洋服の型紙があります。
縫い方やコツが動画で紹介されているので、ハンドメイド初心者さんにもおすすめのサイトです♡

・布を購入することも可能!nunocoto fabric


「nunocoto fabric(ヌノコトファブリック)」は布を購入できるサイトですが、無料型紙があったり、作り方を丁寧に書いてあったりしてハンドメイドの参考になります。季節のイベントに応じた商品の紹介もあるので、製作のヒントにもなりそうです。

その他にも、検索で「子供・スカート・130」など、作りたいアイテムやサイズを検索すると型紙や作り方がヒットするので、作る際の参考にしてみてくださいね。

■スカートの作り方を覚えて、自分だけのオリジナルスカートを作ろう!

スカートを好きな布でハンドメイドすると、世界にひとつ、自分だけのスカートが完成します!布を決めるのも楽しいですが、できあがりや着るときの楽しみも格別です!子供のスカートをママのスカートを作ったときのはぎれなどを組み合わせて作ることもできるので、ママと子供でおそろいのオリジナルスカートを作ってみてもいいですね。気になっていた人は、この機会にぜひ挑戦してみてください♡

たってん

元気でやんちゃな男の子2児の母。プチプラコスメやファッション、グルメ情報を集めるのが大好き。最近はアンチエイジングコスメにも興味深々!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]