出典:@ aiko1_6さん

Fashion

スカートの簡単な作り方!ギャザースカートなど型紙不要も♡

おうち時間の新しい趣味として、スカートのハンドメイドを始めてみませんか?ここでは簡単なスカートの作り方を紹介していきます。

ハンドメイドでの洋服作りはブラウスやワンピース、パンツなど、いろいろなものが作れますが、中でも作りやすいのがスカートです。今回は初心者さんでもトライしやすい、簡単にできるスカートの作り方を紹介します。手作りするときに役立つハンドメイド本もまとめてみたので、チェックしてみてくださいね!

■スカートの作り方~準備編~

まずは、スカートをハンドメイドするメリットや必要な準備について紹介していきます。

・スカートを手作りするメリットって?

出典:@ aiko1_6さん

「素敵なデザインのスカートを履きたいけど、好みのデザインがない!」と思ったことはありませんか?ハンドメイドなら好みの生地&好きなデザインのスカートを作れるのが最大のメリット♡
丈の長さやウエストなど、自分にぴったりのサイズで作れるのも魅力です。また、ママの着られなくなった服をリメイクして子供のスカートに!なんてことも可能。お気に入りの服をリメイクやサイズ調整して、長く大切に着ることもできるんです。

・生地選びのポイントは?

出典:@ aiko1_6さん

スカートを作るのに、生地選びはとっても重要!生地の選び方でスカートの雰囲気とできあがりが違ってきます。例えば、ガーゼ生地で作るとふわっとしたスカートになり、硬めの綿の生地で作るとパリッとハリのあるスカートに仕上がります。
生地選びに迷ったときは、布屋さんでどのようなスカートが作りたいのかを店員さんに伝えると、おすすめの生地を提案してくれますよ。

初心者さんは雑な作りになってしまっても目立ちにくい、ダブルガーゼやリネンなどがおすすめです。また、ほどよい厚さがあるデニム生地やチノ生地は縫うのが少し難しいですが、しっかりした作りに仕上がります。

・デザインも決めておこう!

出典:@ hokkori_sewingさん

スカートのデザインにはたくさんの種類がありますが、作る前にどんなデザインにしたいのかもしっかり決めておきましょう。簡単にできる人気のデザインには、以下のようなものがあります。難易度が低く、初心者でも作りやすいものから順に紹介していきます!

<型紙不要!ギャザースカート>

出典:photo AC

ギャザースカートはその名の通り、ウエストや腰まわりにギャザーが入ったスカートのこと。布を多めにとるとギャザーがたくさんでき、よりふんわりとしたかわいいスカートになりますよ。後ろゴムスカートなどもこのギャザーの作り方を取り入れます。
ミシンがない場合は手縫いでも作成可能!また、型紙なしでも簡単に作れるので、ハンドメイド初心者さんにおすすめの作りやすいスカートです♡

<工程が少なくて簡単!巻きスカート>
ラップスカートとも呼ばれる、巻きスカート。1枚の布を巻きつけてサイドで重ね、リボンや腰ベルトを結んで履くスカートです。スカートの本体部分は1枚布で、ベルトを取りつけるだけと工程数が少ないため、初心者さんでも比較的挑戦しやすいでしょう。
こちらも型紙なしでも作ることができるため、ハンドメイドにおすすめのスカートです。リボンではなくボタンで留めても、おしゃれ度がアップするのでおすすめです。

<子供が履くと超かわいい♡バルーンスカート>
風船のように丸みを帯びたシルエットが特徴のバルーンスカート。タイツとの相性が良く、秋冬に履くととてもかわいいスカートです♡デザイン的には大人よりも子供が履くことが多いかもしれませんね。
バルーンスカートは、不要になったスカートの裾部分をアレンジして作ることもできます。

<工程数多め!ティアードスカート>
ティアードスカートとは、ギャザーやフリルをいくつか重ねて作ったスカートのこと。重ねるごとにスカートがふんわり広がります。子供から大人までかわいく履けるスカートです。
ギャザーが重なった状態を作らなければならないので、工程数が多く、裁縫に慣れていない方は時間がかかってしまうかも。

<円のタイプでシルエットが変わる!フレアスカート>

出典:photo AC

フレアスカートの「フレア」には、あさがおのように開くという意味があり、あさがおの花びらのように裾部分が広がったスカートのことをフレアスカートと言います。歩くたびに揺れるスカートは、エレガントな雰囲気を演出してくれますよ。
ウエストをギャザー加工するとフレアギャザースカートになり、四枚の生地で仕立てると四枚はぎフレアスカートなどと呼ばれます。型紙は半円~全円のドーナツのような形。円のタイプでフレアスカートの広がり方、シルエットが変わります。中級者向けのスカートです。

<難易度高め!プリーツスカート>
学校の制服のスカートのように、等間隔に“ひだ”があるプリーツスカート。これをハンドメイドで作るには、相当な技術が必要です。プリーツスカートは型紙の通りに生地を裁断し、ひだの折り目に丁寧にアイロンをかけながら縫います。ひだを作るのが難しく、型紙なしで作るのは難しいでしょう。

次からは、スカートの種類ごとの基本的な作り方を紹介します。

■簡単に作れるスカートをピックアップ!作り方を紹介

比較的簡単な作り方のスカートを集めました。スカート作りにトライするなら、ここで紹介するものから始めてみると良いでしょう。

・ウエストゴム入り!簡単なギャザースカートの作り方

出典:@ aiko1_6さん

<作り方>

  • 1.ウエストからの丈の長さを決めて布をカット。
  • 2.裾の部分・ウエストのゴムの部分をアイロンで折り返します。
  • 3.中表に半分に折り、ワキ部分(縦)を縫いましょう。
  • 4.アイロンをかけた裾の部分と、ウエストの部分を縫います。
  • 5.表側にしてからウエスト部分にゴムを入れ、手縫いで留めれば完成です!

こちらが基本的なウエストゴム入りのギャザースカートの作り方。どんな生地でも簡単に作れるのも魅力です。ギャザーを多めに入れたい場合は、布を広めにカットしましょう。

・簡単できれいなシルエット♡フレアスカートの作り方

フレアスカートはギャザースカートとは違い、切った生地を広げるとドーナツ型の状態になります。半円~全円の作り方があり、全円になると「サーキュラースカート」と呼ばれ、ヒダが増えてよりふんわりとしたシルエットに。
ウエストはゴムのものやベルトのものがありますが、今回紹介するフレアスカートの作り方はゴムのタイプです!

<作り方>
  1. 1.まず生地を半分に折ります。
  2. 2.半分に折ったら輪になっている部分を持ち上げて三角形にします。
  3. 3.輪の部分を上にした状態で裾を丸く切断。
  4. 4.ウエスト部分は、ドーナツの真ん中にあたる部分を裁断してください。
  5. 5.同じものをもう一枚用意して、ワキ(縦)の部分から仕上げていきます。
  6. 6.最後に裾の部分とウエストのゴムが入る部分を折り曲げて縫ったら完成です。

好みに合わせて、フレアの分量を調整してみてくださいね!

・夏にぴったり!簡単マキシ丈スカート作り方

出典:@ aiko1_6さん

マキシ丈スカートの生地には、柔らかいインド綿などがおすすめ。硬い生地を使うと歩きにくくなる場合もあります。

<作り方>

  1. 1.約2mの生地を半分に裁断。
  2. 2.両サイドのワキの部分を1cm折ってアイロン、さらに1cm折ってアイロンをしてから糸が出ないように縫います。
  3. 3.アイロンをかけてから、両サイドを縫合。
  4. 4.裾とウエストのゴムを入れる部分を縫います。ウエスト部分はゴムの太さに合わせて縫う位置を決めましょう。
  5. 5.裾とウエスト部分を縫ったら、最後にゴムを通して完成です!

巻きスカートにしたい場合はワキの部分は縫わず、ウエストにひもを取りつけて腰の部分で回せばOK。お好みで作り分けてみてください。

Recommend

世界に一つ!家族の手形が残せる『ファミリーハンドプリント・フレーム』で記念アートに挑戦!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]