出典:@ milk868さん

Lifestyle

シューズクロークがあれば玄関スッキリ☆便利アイテムもご紹介!

シューズクロークをご存知でしょうか?玄関横に作られることが多く、靴や傘・ベビーカーや三輪車などを収納できるスペースのことをいいます。シューズクロークがあるとものがまとめて収納することができるだけでなく、玄関をすっきりさせるなどメリットがたくさんあります。今回は家にあると便利なシューズクロークの魅力についてご紹介します。

■シューズクロークがあるとこんなに便利が良い!

シューズクロークを作ると便利なことがたくさんあります。ここではシューズクロークのメリットをご紹介します。

・玄関にものがなくなりすっきりする

出典:@ k_ei_ie_k さん

シューズクロークがあると靴や傘などをまとめて収納できるので玄関にものを置かずすっきり見せることができます。靴以外にも傘やベビーカーなど土や水に濡れているものもシューズクロークにしまえば玄関が汚れることもありません。

・外出の際の動線がシンプルに

出典:@ n_mama88さん

冬はコートなど羽織ものをシューズクロークにかけておくと出かけるときの動線がシンプルになります。また帰宅したときもシューズクロークにコートをかけておけば外でついた汚れを部屋の中に持ち込まないのでおすすめです。

・靴箱より多くの量を見やすく収納できる

出典:@ milk868さん

シューズクロークは靴箱より縦も横も長くスペースも広いため、たくさんの靴を収納することができます。また長靴やブーツなど長さがあって収納しにくいものもシューズクロークで高さを調節して作ればすっきりしまうことができます。

■シューズクロークのデメリット

シューズクロークのメリットについてご紹介しましたが、デメリットもあります。ここではシューズクロークのデメリットについてご紹介します。

・シューズクロークを作るにはスペースが必要

出典:photoAC

たくさんのものが収納できて便利なシューズクロークですが、作るには広いスペースが必要です。シューズクロークを作ったために玄関が狭くなってしまったということもあります。シューズクロークを作る際は玄関の広さとバランスを見てどの大きさなら大丈夫なのかをしっかりチェックしましょう!

・ものをたくさん置きすぎて物置になりがち


広いスペースでものがたくさん入るため、どんどんものが溜まり気づいたら物置になって使いづらくなるということがあるよう。せっかくシューズクロークを作ったのにもったいないですよね!シューズクロークにものを置きすぎないよう適度に整理するようにしましょう。

・風通しが悪いと臭いがこもる原因に

出典:photoAC

窓がついていないシューズクロークの場合、扉を閉じたままにしておくと湿気などで臭いがこもり玄関まで臭ってしまうことがあります。また濡れたままの傘やコートなどもそのままシューズクロークに入れたままだと悪臭の原因になります。臭いがこもらないためにも適度に換気するようにしましょう。

■シューズクロークを作るならここに気をつけて!

出典:photoAC

シューズクロークで失敗しないためには作る際にいくつかポイントを押さえておくといいでしょう。ここではシューズクロークを作る際のポイントをご紹介します!

・シューズクロークを取り入れた間取り


一番先に決めるのはシューズクロークをどの位置に設置するかです。玄関から入り左右どちらかにシューズクロークを作る家が多いようです。また行き止まりのように作るか、別の部屋に通り抜けできるように作るなども合わせて考えておくといいですね。

・どのくらいの大きさのものを作るのか


次に重要なのは大きさです。どのくらいの広さのシューズクロークを作るのか、その大きさによって取りつける棚の数や板の大きさや幅も変わってきます。半畳以上の広さがあると靴の脱ぎはきもしやすく、靴をしまうのも楽でしょう。

・シューズクロークに扉は必要かどうか


玄関は家の顔といわれているように、あまり靴など生活感のあるものを見せたくないという人は扉をつけるのをおすすめします。扉を閉めればシューズクロークの中が見えず来客のときも安心です。しかしずっと閉めていると臭いがこもりやすくなるので適度に扉を開け換気をするか窓を設置することをおすすめします。
扉をつけない場合は来客などの際は見られても大丈夫なようにシューズクロークの中をキレイにしておきましょう。

・窓をつけると換気しやすくなる

出典:photoAC

家の構造にもよりますが、窓が設置できるなら取りつけることをおすすめします。窓をつけることにより換気がしやすくなり、悪臭やカビの繁殖も防いでくれます。しかし窓をつけることによりその部分にはものがけなくなるというデメリットもあります。窓をつける際は収納に余裕があるかしっかり確認してから取りつけるようにしましょう。

・風通しがいい場所かどうかの確認


シューズクロークは窓がない場合は特に臭いがこもりやすくなるため適度に換気をする必要があります。そのため風通りがいい場所かどうかは重要になります。シューズクローク全体に風が行き渡りそうかなどしっかり確認しましょう。

・ウォークスルーにするかどうか


ウォークスルーとは通り抜けという意味があり、シューズクロークに2箇所の出入り口を作りどちらからでも行き来できるようにすることを指します。ウォークスルーのメリットはわざわざ靴をはかなくてもシューズクロークの行き来ができることです。しかし間取りにもよりますが、ウォークスルーにすることにより扉を2つつけなければいけない場合もあります。

■シューズクロークの臭いを防ぐ便利アイテムをピックアップ

臭いがこもりがちなシューズクロークですが、いろんなアイテムを使うことにより臭いを防ぐことができます。ここではシューズクロークの臭い防止のアイテムをご紹介します。

・サシェを靴に入れて臭いを防ぐ

出典:@ koko_ie さん

サシェとは香料やハーブなどを入れた小袋で消臭や抗菌の効果もあります。@koko_ieさんは靴の中やシューズクロークにサシェを吊るして臭いを防いでいます。シンプルな形で吊るしていてもシューズクロークに馴染みやすいデザインなのがいいですね。

・靴の下に消臭シートを置いて臭い防止

出典:@ koko_ie さん

棚の上に並んでいる靴の下に消臭シートを置くことにより、臭いがこもるのを防いでくれます。またシートを置くことによって棚も汚れにくくなるので掃除なども楽にできますね。

・消臭スプレーを使って臭いをリフレッシュ

出典:photoAC

急な来客などで今すぐ臭いを消したいときは消臭スプレーが役に立ちます。香りつきのものは強すぎない匂いのものがおすすめ。消臭効果のみのものなら悪臭をなくしてくれます。できれば臭いがこもらないように適度に掃除や換気を行うようにしましょう。

■臭い対策をしっかりしてシューズクロークを快適に使おう!

シューズクロークのメリットや臭い対策についてご紹介しました。とても便利で使いやすいシューズクロークだからこそ快適に使いたいですよね。自分好みの壁紙にしたり、使いやすいようにDIYするなどアイデアはたくさんあります。シューズクロークを作るか検討されている方は使いやすさなどを考えて設置するようにしましょう。

astom

元気いっぱい食いしん坊な一人娘を育てる新米ママです。子育て情報やプチプラアイテムを探すのが好き♪毎日楽しく過ごせる生活を目指してます!
【Instagram】astom125

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!