出典:@ __mymka__さん

Lifestyle

衣装部屋を作って大切な洋服を整理しよう!すぐできる作り方や活用法を伝授

おしゃれなイメージが強い衣装部屋。最近服が溢れてクローゼットがパンクしてるから、子どもの衣類の収納場所が足りないから、これから衣装部屋を作ろうと思っている…なんて方も多いのではないでしょうか?ですが、メリットやデメリットを知らずに衣装部屋を作ると失敗してしまうことも。今回は衣装部屋を作るメリットやデメリットから、おしゃれな衣装部屋の実例までをご紹介します。

まずは衣装部屋の概要についてみていきましょう。

■服がすっきり整理整頓できる!?衣装部屋とは

出典:@milk868さん

衣装部屋は全ての衣類を収納する部屋のことを指します。ウォークインクローゼットと用途もいっしょで何ら変わりないように感じますが、衣装部屋というのはあくまでも部屋。
クローゼットとしてだけでなく、そこに鏡やドレッサーなどを置いて、服やおしゃれに関することをすべて済ませてしまえる空間のことを示します。

■衣装部屋を作るメリットとは?

では衣装部屋を作るとどんな効果が得られるのでしょうか?主に得られる3つのメリットについてまとめました。

・衣装選びから着替えまでその場でできる

出典:@ a.organize さん

衣装部屋をつくっている方は、服を選んだらその場で着替えまで済ませる方がほとんどのよう。衣類以外にも鏡を置いたり、バッグやアクセサリーなどの小物類も置いたりしておくと1部屋で身支度が完了できてとっても便利ですね。
ドレッサーも設置すれば、メイクも済ませることができます。あちこち移動しなくて良いので、身支度にかかる時間がぐっと短縮されますよ。

・家族全員分の服の管理がしやすい

出典:mamagirlLABO @hinahiyomom1017さん

衣装部屋に家族の服をまとめてしまえば、あちこち探したり取りに行ったりという手間がなくなります。また、全員分の服の量がどのくらいあるのか常に把握できるので、よく着るものやあまり着ないものが分かりやすくなります。
全体量を把握することで、収納スペースにおさまりきらず服が溢れる…なんてことはなくなりそうですね!

・洗濯の負担が軽減し家事効率もUPする

出典:@k_ei_ie_kさん

家族それぞれの服を各部屋に収めていると、洗濯物を片づけるときあちこち行かなくてはならず、かなりの負担になりますよね。衣装部屋に全ての服を収めれば、収めるときは1部屋の立ち寄りで済みます。
@k_ei_ie_kさんは、画像に写っている『Can Do(キャンドゥ)』の衣類分類ラベルを使って、分かりやすく整理されているそう!オリジナルで作成した英語のラベルを貼っている方もいるようです。このような工夫をすることで洗濯の片づけにかかる負担がさらに軽減され、家事の効率がぐんと上がりますよ!

Recommend

【医師監修】産後ママを悩ませるシミや肝斑。効果的な施術メニューとは?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]