Other

【今月のカバーガール】産後の赤松さん流ファッションの楽しみ方とは?

月替わりで、WEBサイト「mamagirl」のトップを飾る、【Cover mamagirl(カバーママガール)】企画。今月は、過去10年、女性ファッション雑誌で見ない月はない、人気読者モデル・赤松麻里菜(あかまつ まりな)さんを4回に渡り特集します。第2回もママになったときに誰もが感じる共感話。「ママになってからのほうがファッションをチェックされやすい現象」について話していただきました!


■ママのファッションは意外なほど人に見られていることに気づく!?

「産後、コンサバなスタイリングがママとしての姿にまるでなじまないことにびっくりして、実は困ってました、コンサバでしか生きてこなかったので (笑)。」と話してくれた赤松麻里菜(あかまつ まりな)さん。お子さんを連れて外に出るようになってから、ママのファッションは意外なほど人に見られているということに気づいたそう。

「ベビーカーを押してる人って目立つじゃないですか。単身で歩いている人に意識は向かないけど、『ベビーカーの人いるな』くらいの意識は多くの人が持つし、思い返してみれば私もそうだったし、ママになった今、そのベビーカーを押すママがどんな人かなって余計に目がいっちゃうんですよ。すると自動的に服装も見る/見られるわけで。そんな中、今までのコンサバファッションだと頑張りすぎに見えちゃうことに気づいたんです。確かにベビーカーや大荷物と合わないんですよね(笑)。」


■ママらしさを取り入れることも必要。現在カジュアルファッションを勉強中

そうしたママ特有の空気を感じ、最近はカジュアルファッションを勉強中なのだそう。

「おしゃれさは求められるけど、ママらしさを取り入れることも必要なんだなって。でも私はやっぱりキレイ目がいいから、大人のキレイ目カジュアルを意識。デニムや白のパンツを素敵に履きこなせるようになりたいですね。最近はペタンコ靴にもようやく慣れてきました。」と笑って話してくれました。

「まさかママになってからのほうがおしゃれさを求められるとは思いもしなかったです。今おしゃれなママってすごく多いから、ちょっと楽な服にしただけで手抜いてるって思われるように感じるんですよね。考えすぎなのかもしれないし気にしなければいいんでしょうけど、そういうところ気にする性格なので。」と彼女らしい一面も。


SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE