Other

【今月のカバーガール】赤松さん流・ママらしいメイクとは?

月替わりで、WEBサイト「mamagirl」のトップを飾る、【Cover mamagirl(カバーママガール)】企画。今月は、過去10年、女性ファッション雑誌で見ない月はない、人気読者モデル・赤松麻里菜(あかまつ まりな)さんを4回に渡り特集します。第3回はママになってからの美容について。結婚後とも、独身時代とも変わったメイクやコスメは何が違う? 愛用品とともにご紹介します。


■ママらしい服に変えたらメイクも変えなきゃ!って気づいたんです

前回、ファッションについての話で「コンサバでしか生きてこなかった」と話してくれた赤松麻里菜(あかまつ まりな)さん。最近はママらしい装いになるためカジュアルファッションを勉強中とのことでしたが、美容も同じなのだそう。

「今回の写真でやっていただいたメイクや髪型は、私にとってはすごく新鮮。こんなにカジュアルに寄せられるんだなって。赤いリップなんて、ここぞというときのイイ女アイテムかと思ってたけど、こう使えば良かったんですね!」と意外な発見に驚きの様子。

「コンサバな服がベビーカーに似合わないのと同じで、コンサバなメイクも今の生活に合わないなぁって思って。そしてカジュアルな服にも似合わない。トータルバランスって大事ですね。服を変えたらメイクも変えなきゃ、って気づいたんです。」


■ビビッドよりベージュみのある色がママらしい!? 最近のお気に入り♡

ママになってから、ベージュみのある、コスメを愛用しているという赤松さん。

「それまではずっとビビッドなオレンジ、コーラル、ピンクが好きだったし、それ以外を選ぶ理由もなかったんです。チークもリップも『塗りました!』感が出るメイクをしてました(笑)。でもママになって、服装も変わって、「あれ、なんか違う」と思う日が来て。甘い感じの、悪く言えば浮かれた感じのメイクがママの姿に合わないんですよね。そう気づいてから「チークはほんのりじゃないとまずいかな。リップも色が悪いのかも」と研究して、色の選び方を大人っぽくしたんです。オレンジ、コーラル、ピンク系でも、ベージュがかったくすみ色にチェンジ。そうしたらカジュアルな服装に合うし、年齢的にも肌になじむし、なにより地に足ついた感じになるというか。ママらしい落ち着きが出たかなと思ってます。」


SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE