Facebook Twitter Instagram

Beauty

【今月のカバーガール】赤松さん流・ママらしいメイクとは?

月替わりで、WEBサイト「mamagirl」のトップを飾る、【Cover mamagirl(カバーママガール)】企画。今月は、過去10年、女性ファッション雑誌で見ない月はない、人気読者モデル・赤松麻里菜(あかまつ まりな)さんを4回に渡り特集します。第3回はママになってからの美容について。結婚後とも、独身時代とも変わったメイクやコスメは何が違う? 愛用品とともにご紹介します。


■ママらしい服に変えたらメイクも変えなきゃ!って気づいたんです

前回、ファッションについての話で「コンサバでしか生きてこなかった」と話してくれた赤松麻里菜(あかまつ まりな)さん。最近はママらしい装いになるためカジュアルファッションを勉強中とのことでしたが、美容も同じなのだそう。

「今回の写真でやっていただいたメイクや髪型は、私にとってはすごく新鮮。こんなにカジュアルに寄せられるんだなって。赤いリップなんて、ここぞというときのイイ女アイテムかと思ってたけど、こう使えば良かったんですね!」と意外な発見に驚きの様子。

「コンサバな服がベビーカーに似合わないのと同じで、コンサバなメイクも今の生活に合わないなぁって思って。そしてカジュアルな服にも似合わない。トータルバランスって大事ですね。服を変えたらメイクも変えなきゃ、って気づいたんです。」


■ビビッドよりベージュみのある色がママらしい!? 最近のお気に入り♡

ママになってから、ベージュみのある、コスメを愛用しているという赤松さん。

「それまではずっとビビッドなオレンジ、コーラル、ピンクが好きだったし、それ以外を選ぶ理由もなかったんです。チークもリップも『塗りました!』感が出るメイクをしてました(笑)。でもママになって、服装も変わって、「あれ、なんか違う」と思う日が来て。甘い感じの、悪く言えば浮かれた感じのメイクがママの姿に合わないんですよね。そう気づいてから「チークはほんのりじゃないとまずいかな。リップも色が悪いのかも」と研究して、色の選び方を大人っぽくしたんです。オレンジ、コーラル、ピンク系でも、ベージュがかったくすみ色にチェンジ。そうしたらカジュアルな服装に合うし、年齢的にも肌になじむし、なにより地に足ついた感じになるというか。ママらしい落ち着きが出たかなと思ってます。」


■時短ケアが必須になる中で探し出したベストコスメはハイコスパの化粧水

スキンケアに割く時間をとれない中で探し出したお気に入りも。

「お風呂上がりにできるケアも化粧水がやっと。無印良品の化粧水はさっとのせるだけでも潤うので助かっています。ベタつかないのも嬉しい。そのあと余裕があれば乳液、美容液、アイクリーム。週1くらいは時間をみつけてフェイスマスク。1週間の乾燥をリセットできればいいな、って(笑)。今は無印良品の化粧水を使い切ったので、肌ラボの化粧水を愛用しています。とにかく化粧水はたくさん使うので、すぐなくなります(笑)」


■1人の時間に思い切りメイクを楽しんで、ストレス発散も忘れずに

「前回、どうしても着たい服は1人のときに楽しむと話しましたけど、美容にまつわるあれこれも1人の時間ができたときは存分に楽しむようにしてるんです」と赤松さん。

「普段は娘がいると髪をまとめることが多いんですけど、1人ででかけるとなったら巻き下ろしにする。巻き下ろしの髪って、なんだか女を取り戻すような気持ちになれるんです。それと香水をつけるのも貴重な楽しみ。最近はゲランがお気に入りです。ママになる前までは当たり前だったことが今では特別。その気持ちは大事にしたいなと思います。」

自分のことに使える時間が少ない中で、自分らしさを堪能している赤松さん。時間の使い方上手で前向きなところもまた、彼女の魅力につながっているようです♡



■今週のコーディネート:甘いワンピースに、あえてスポーティーな小物を

「今回の撮影の中でこのワンピースが一番好き!」と赤松さんにしっくりくる甘いワンピース。そこに今っぽいスポーティー小物を添えて、トレンド感のある甘めカジュアルスタイルに♡

ベーシックカラーで統一すれば、甘いワンピだって大人顔


ワンピース ¥4900/&.NOSTALGIA、キャップ ¥7000/CA4LA ショールーム(03-5775-3433)、メッシュバッグ ¥3500・ショルダーバッグ ¥3900/2点ともにラコレ(アダストリアカスタマーサービス 0120-601-162 )、スポーツサンダル ¥6900/ランダ(06-6451-1248)

ティアードの裾とフレンチスリーブで今年っぽさが詰まったワンピース。甘くクラシカルなデザインだから、スポーティーな小物を添えても品の良さをキープできます。

「この小物の合わせかたは新鮮」と話してくれたように、旬のスポサンとキャップは鮮度を上げるアイテム。歩いても疲れにくい靴、紫外線対策もできる帽子はママとしても高ポイント。PVCバッグは涼しげかつ、雨や汚れの心配をしなくていいのも嬉しい!

■今週のビューティーポイント:セミマットな肌に赤リップでモードっぽく

カジュアルなモノトーンコーデにほんのりモードっぽい要素を加えた、クールなメイク。ポイントはセミマットな肌。

ツヤ肌はデイリー感やヘルシーさを演出できるけど、マットな肌は少し特別感のあるイメージになれます。鼻筋や目まわりのCゾーンにはハイライトを入れてぬけ感を。ブラウン味のある赤リップで締めて。

ヘアは、7:3に分け、毛先が少し外にハネるようストレートアイロンを。仕上げにウエットに仕上がるワックスやヘアグリースを毛先中心になじませます。束感が出るよう指先で毛束をとりながらセット。髪の分量が少ない方を耳にかけるとクール度がアップします。


【次週予告】生活の中に取り入れる、さりげないストレス解消法

最終回は、時間の使い方上手な赤松さんらしいストレス解消法について。ストレス解消のために時間を作るのは難しいのが現実。であれば、生活の中でさりげなく楽しみを増やしていこう! そんな赤松さんの生活の知恵は参考になること請け合いです!


▽赤松麻里菜さんのインスタグラムも合わせてチェック♡
marigram0726

▽撮影のメイキングを、mamagirl公式TikTokアカウントで配信中!
mamagirl公式TikTokアカウント @mamagirl_jp


カメラマン/西出健太郎 スタイリスト/菊池かおり ヘアメイク/中山芽美 取材・文/野田春香

野田 春香

大学時代からフリーでビジネスムック等のライター経験を積み出版社へ就職。
女性ファッション誌の編集を経て現在はフリーランスの編集・ライターとして活動中。
CLASSY.(光文社)、MORE(集英社)、姉ageha(主婦の友社)のファッション・美容企画を担当しているほか、アーティストや有識者への取材、イベントレポートも執筆。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp