Baby&Kids

「失敗してもなんとかなる!」の前向きな心を6歳までに育てよう

vol.1105【1日1成長お母さん】失敗を経験し、問題解決力を育てると挫折に負けない大人になる

“おもしろい”ことに果敢に取り組む子と観察を要する子は個性の違い

おもしろいと思ったことにどんどん挑戦できる子を“子どもらしい”と感じ、羨ましく思うお母さんも少なくないはずです。
しかし子どもは誰もがどんなことにもチャレンジできるわけではありません。観察してから遊びに取り組んだり、嫌だと感じると全く遊ばなかったり。子どもの生まれもつ個性によっては、遊び方や新しいことへの取り組み方も異なります。
子どもの中には、失敗することを恐れて行動力や積極性が低くなってしまう子がいるのです。

“失敗しない”ことにこだわる、生まれ持って失敗を恐れる子どもがいる

6歳のTくんは、お友達と鉄棒の練習をしていました。何度やってもTくんは、逆上がりができません。お友だちができるようになった時、Tくんは「つまらないから、やめた!」と言って練習を止めました。
お友だちやお母さんが練習に誘っても、その後は逆上がりの練習をしません。お母さんが理由を聞いた時「みんなにできないのを見られるの嫌だから」と答えたそうです。できない自分を見られたくないというプライドがあったのです。

お母さんが子どもの失敗をフォローすることでチャレンジ精神を育てよう

Tくんのように失敗する姿を見られたくない子は、自分で興味を持ったことに積極的に取り組むのが苦手な傾向にあります。また、納得がいくまで観察が必要で「とりあえずやってみよう!」と言われることを難しく感じる子も多いです。
失敗すると予想できることには屁理屈をこねて行動に移しません。6歳までに“小さな失敗”をたくさん経験させることが大切です。小さな失敗のフォローする方法を考える過程を親子で楽しむことで、失敗を恐れずにチャレンジできる子に育つことでしょう。

失敗する経験にお母さんが寄り添い、子どもの責任と問題解決力を育てる

子どもには“できた”の経験による達成感を味わわせてあげることも大切です。しかしできなくても最後までやり抜き、失敗してもフォローの仕方を考える経験も必要です。時には、できないことに怒り出してしまうこともあるかもしれません。
そんな時は、子どもの言葉を繰り返すことで気持ちに寄り添い「どうしたらいいと思う?」と考える力を促してください。子ども自身が問題を解決できる力を身につけさせて、社会を生き抜くたくましさを育てましょう。

今日の1日1成長

6歳までの小さな失敗の経験の数々が子どもの責任と問題解決力を育てる
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
かわさき ちか(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp