Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

【今月のカバーガール】ママになったからこそ!?ひとり時間の楽しみ方は?

月替わりで、WEBサイト「mamagirl」のトップを飾る、【Cover mamagirl(カバーママガール)】企画。今月は、過去10年、女性ファッション雑誌で見ない月はない、人気読者モデル・赤松麻里菜(あかまつ まりな)さんを4回に渡り特集します。最終回はママが日常的にできるストレス解消法ついて。なかなか取れないひとりの時間を上手に活用している赤松さん。そんなひとり時間の楽しみ方を早速チェック!


■ママになってから、日常の些細なことに幸せを見つけられるように!

「今でもこうして、私一個人を撮影に呼んでもらって、必要とされることはすごく嬉しい!」
「どうしても着たい服は、ひとりのときに楽しむ」
「美容にまつわるあれこれも、ひとりの時間ができたときは存分に楽しむようにしてる」と前回までに語ってくれた赤松麻里菜(あかまつ まりな)さん。
ママになったからこそ感じる、日々の中の幸せについて話してくれました。

「産前まで商社勤務で今は育休中。来年復帰予定なんです。少しの間社会を離れて思ったのは、自分に社会的役割が貰えるってすごくありがたいということ。私は何の取り柄もないし、普通すぎる自分が嫌だったから、余計にそう思うのかもしれないですけど……。ママにならなければ気づけなかったことですよね。家庭に居場所があることだってもちろん幸せなんですけど、それだけじゃないっていうことが嬉しい。それまでは当たり前だった日常の些細なことに幸せを見つけられるようになったかもしれないです。」

ファッションやメイクについても、ひとりの時間があるときに楽しむように。

「寝る時間だけは自由だから、かわいいパジャマを着て気分が上がるようにしています。それから前回も話しましたけど、ひとりの時間に香水をつけるのが楽しみなんです。最近はゲランのアクアアレゴリアがお気に入りで、ひとりで出かけるときにつけようと思って買ったもの。
いくつかの質問に答えると自分の好みに合う香りを診断できて、12種類の中からベストなものを選んでくれるんです。その特別感も良かった。ママになると自分1人のための投資ってしなくなるし、それを堂々と言うことすらはばかられる感じがありますけど、でも1人を楽しむための服やメイクがあることで自分らしさが保てるって、とても大事だと思うから。」


■あれがダメならあれをしよう、の解決策を!

妊婦になってからの食生活の変化も赤松さんなりの楽しみ方があるとのこと。
「本当はお酒大好きなんですけどまだ授乳中なので……。といって我慢するだけじゃストレスが溜まる一方だから、ノンアルコール飲料を楽しむようになりました。

最近ってビールだけじゃなく、日本酒、焼酎、ワインだってノンアルコールがあるんですよ。すごくないですか?そういうのを調べて、スーパーで買ったり取り寄せたりするのが結構楽しいんです。今はノンアルコール日本酒が気になっていて、早く飲んでみたいなーって思っているところです!」

最近は娘さんとのお出かけも日課にしているそう。
「なるべく毎日外に出るようにしているんです。出かけるとなると、少しではあるけどメイクもするし、服も何着ようかなって考えられるからいい気分転換に。

それと以前は甘いものが苦手だったんですけど、妊娠後から突然好きになって。スタバ行ってケーキ食べようかな、それなら娘が一緒でも行けるなとか。あれはできないこれもできないじゃなくて、何ならできるか、って考えた結果のことをやるようにしたいですよね。理想にとらわれず、いかに自分らしく育児を楽しめるかを大事にしたい。」お子さんと一緒にいる制約の中で、どれくらい自分の楽しみを持ち、実現し、ストレスを溜めないようにするかにこだわっている姿はまた赤松さんの生活の充実さも伺えました。


■今週のコーディネート:涼しげなコットンワンピにラフなレザー小物をオン

夏らしい涼しげ刺繍コットンワンピースはトレンドカラーのブラウンが旬な雰囲気。バブーシュ、巾着バッグもレザーならきちんと&大人見え。「こんなカジュアルシューズが合うなんて」と赤松さんも驚きのギャップがいい感じ。

リゾート感のあるワンピには、街っぽさを添えて

コットン刺繍レースにティアードデザインの組み合わせが、ガーリーで甘い印象に。ヒールやサンダルも合うけれど、ママっぽいカジュアル感をおさえるならバブーシュの選択もひとつの手。リゾーティーな雰囲気も漂うワンピだから、レザーの巾着バッグでタウン感をそえて、日常で浮かないようにするのもポイント!

■今週のビューティーポイント:ラフなお団子×ピンクメイクでガーリーに♡

前髪と襟足にわざと後れ毛を残したお団子ヘア。このルーズなセットが甘い顔立ちの赤松さんにぴったり。綺麗にまとまりすぎないよう、手ぐしでラフにかきあつめ、ゴムで適当にまとめるくらいがベストです。

コーディネートの大人っぽさ、髪のルーズ感があるから、ピンクメイクで抜け感を出して。頬の一番高い場所に青みピンクのチークを入れて元気で明るいムードを演出。リップもナチュラルでシアーな青みピンクをセレクトして統一感を。


【次回予告】次のカバーガールは、初のマタニティママが登場!

4週にわたって、赤松さんの魅力をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。
来月は、なんと【covermamagirl】企画初のマタニティママが登場!!
初めての出産や、マタニティライフについてもご紹介いたします!
ぜひ、お楽しみに♡

▽赤松麻里菜さんのインスタグラムも合わせてチェック♡
marigram0726

▽撮影のメイキングを、mamagirl公式TikTokアカウントで配信中!
mamagirl公式TikTokアカウント @mamagirl_jp


カメラマン/西出健太郎 スタイリスト/菊池かおり ヘアメイク/中山芽美 取材・文/野田春香

野田 春香

大学時代からフリーでビジネスムック等のライター経験を積み出版社へ就職。
女性ファッション誌の編集を経て現在はフリーランスの編集・ライターとして活動中。
CLASSY.(光文社)、MORE(集英社)、姉ageha(主婦の友社)のファッション・美容企画を担当しているほか、アーティストや有識者への取材、イベントレポートも執筆。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp