出典:@kupa9291さん

Lifestyle

ガレージをおしゃれにするには?ガレージの基本とインテリア実例も紹介

自宅におしゃれなガレージがあったら、日々の生活が楽しくなりそうですよね。特に車やバイクが趣味の人にとっては趣味のスペースにもなり、内装をアレンジすれば自分の部屋のようにお気に入りの空間として使うことができます。
今回は、ガレージの基本を知り、おしゃれなガレージを作るためのポイントを実例を交えてご紹介します。

まずは、ガレージの基本から見ていきましょう。

■おしゃれなガレージに憧れる人必見☆基本をチェック

ガレージとはどんなものなのか、メリットや種類などを確認しましょう!

出典:@h_edge_houseさん

・ガレージとはどんな場所?


ガレージとは、一般的には車やバイクを停める車庫のことを言います。ガレージと同じく車の駐車場として使用するものに“カーポート”がありますが、ふたつの違いは、カーポートが屋根と柱を取りつけた簡単な造りなのに対して、ガレージは基礎から作る建物と同様で、シャッターや扉がついた頑丈な造りとなっています。

・ガレージのメリットはどんなところ?

出典:@h_edge_houseさん

家にガレージを設置するメリットはどんなところなのでしょうか。

<頑丈で防犯面でも安心>
建物と同じように頑丈に作られているので、強風や積雪による被害から車を守ってくれます。防犯の面でも安心!入口のシャッターを閉めれば、外部から見られることもないので、大切な車やバイクが盗難やいたずらなどの被害にあうことを防げます。

<天気に左右されず使える外部スペース>
雨や風の影響を受けないので、汚れにくく洗車の回数が少なくて済みます。夏場の高温や日差しからも車を守ってくれるので、車内の設備も傷みにくくなるでしょう。
タイヤ交換、車やバイクのメンテナンス作業を行ったり、趣味で使いたいときも、天気に左右されず行えるのも便利なポイントです。

<ガレージの中をおしゃれな空間にアレンジできる>

出典:@h_edge_houseさん

ガレージは自宅の延長として、扉や窓、照明など好みのものを取りつけることが可能!車やバイクが好きな人なら趣味の空間としてインテリアにこだわってみるのも良いですよね。壁に棚を作って小物を飾ったり、テーブルを設けてアウトドア風に食事を楽しんだり、室内には置けないものをディスプレイしたりと自分の好きなようにアレンジできる場所でもあるのです。

・ガレージにはどんな種類があるの?


ガレージは大きく分けると、“独立ガレージ”と“ビルトインガレージ”の2種類があります。それぞれの特徴を見てみましょう。

<独立ガレージ>
住居とは別に設置したガレージを“独立ガレージ”と言います。家の敷地に十分なスペースがある人におすすめのガレージです。別棟なのである程度の広さも確保でき、車の出入りの際の騒音も気になりません。住居スペースを気にせず好きなことができるのもメリットです。

<ビルトインガレージ>

出典:@asatsuki1212さん

住居の1階部分をの一部を利用したガレージを“ビルトインガレージ”と言います。もともと家の構造にガレージを組み込んで建てられた“ガレージハウス”もそのひとつ。住居スペース以外の敷地を確保できない場合にはこちらのガレージがおすすめ。
1階部分が住居に直結しているので、雨に濡れることなく車から乗り降りできる便利な点も。また、隣接しているので、様子も分かりやすく安心感がありますね。

■おしゃれなガレージの事例を見てみよう!

実際にみんながどんなガレージしにしているのかおしゃれなガレージを見てみましょう!

・ガレージの内装をアメリカンガレージ風にアレンジ


大型車が2台停められるほど広い独立ガレージの内装を1からアレンジ。シンプルなデザインのガレージがアメリカンヴィンテージ風にチェンジ!

出典:@orange.fordさん

ガレージ右側はカウンター。ライトを取りつけることでガレージ内が明るい雰囲気に。

出典:@orange.fordさん

ガレージ左側はソファやテーブルでくつろげるスペース。愛車もガレージのインテリアと一体化していますね。

・どこからでも愛車を眺められるディスプレイガレージ


設計ソフトを駆使して建物の作りからデザインしたそう!ガレージライフを思う存分楽しむためのこだわり満載のガレージ。

出典:@kupa9291さん

ガレージの両サイドには大きなガラス窓。ダイニングからは食事を楽しみながら愛車を眺められるとか。

出典:@kupa9291さん

外からの眺めはおしゃれなショップ風!ガレージの奥にはカフェやバーとして利用できるカウンターを設置し、ミニカーを飾れるショーケースも置いているのだそう。

出典:@kupa9291さん

暗くなりがちなガレージは、吹き抜けとトップライト(天窓)を設けることで光の入る明るい空間に。ガレージ上部にはリビング風にくつろげるロフト空間も。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]