出典:@aiko1_6さん

Lifestyle

十五夜の由来は?お供えは?いつ?子どもにわかりやすく教えられるまとめ

秋の“お月見”は子どもといっしょにたのしむイベントのひとつですよね!お団子を作ったり、すすきを飾ったりする中で、子どもに「お月見ってなぜするの?」と聞かれた場合すぐに説明できるでしょうか?今回は十五夜や中秋の名月、秋のお月見の理由を紹介します!

それではさっそく十五夜をする由来や意味などを見ていきましょう。

■十五夜、中秋、秋のお月見はどんな意味?3つの言葉の意味

まずは、十五夜に関する3つの名前の意味を分かりやすく説明します。

・お団子とうさぎで有名な十五夜とは?

出典:筆者撮影

“十五夜”(じゅうごや)の由来は旧歴の毎月15日の夜のことです。江戸時代のころから十五夜をする習慣が始まったようです。昔、8月は秋の季節とされていたようで、8月15日の満月の夜に、お団子や秋の食材(栗、柿、カボチャなど)をお供えして、お月様に「農作ができる感謝の気持ち」を伝えていたそうです。今は太陽と気温の関係で8月が夏の季節になり、9月の15日前後が“十五夜”と呼ばれるようになっています。

確実に9月15日ではなく“15日前後”の理由はというと、2018年の十五夜も“15日”ではなく、9月24日の月曜日でした。
月を見ていると半月から日を越えるごとに徐々に満月になっていく様子を見たことはありませんか?新月から満月までが約15日。満月から新月になるのも約15日間かかります。このサイクルから、毎月15日の夜に満月が見られていたと考えられていたようですが、現代では15日という基準ではなく、太陽の動きを基準としているため、“十五夜”の日にちは毎年変動しているのです。

・中秋とは?十五夜とは何が違うの?

出典:Photo AC ※画像はイメージです。

中秋(ちゅうしゅう)という名前を聞いたことはありますか?昔の8月15日は秋の半ばで中国や日本では月に感謝をするお祝いする日とされていたようです。
ですので旧歴の8月15日は“中秋”、毎月ある15日は“十五夜”と覚えておくと分かりやすいかと思います。

・中秋の名月=十五夜?どう違うの?

昔は月の満ち欠けにより周期の約半分15日が満月であると認識されていたようで、昔でいう秋の7月8月9月の真ん中の15日にでた満月のことを“名月”と呼んでいたそう。15日に名月がでていたので“十五夜”と今でも呼ばれています。

■2019年の中秋の名月はいつ?秋にお月見をする理由ってあるの?

今年の名月(満月)がでるお月見の日にちはいつなのでしょうか。調べてみたのでチェックしてみてください!

・2019年の名月&十五夜はいつ?秋がお月見に適している理由は?

2019年の名月は“9月13日金曜日”の日に満月になると予測されています。秋の月は一年を通して一番きれいに見れると言われていて、寒くも暑くもない時期なので長時間キレイな満月を見ていられるということが、この時期にお月見を楽しむ理由の一つとされています。

■十五夜のお月見って何をすればいいの?すすきやお団子以外にお供えする?

お月見をする場合、すすきを飾ったりお団子を作ったりしますが、どんな意味があるのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

・すすきを飾る理由は?何本飾るの?

出典:Photo AC

本来はすすきではなく稲穂だったそうですが、その時代には稲穂がなかったので、似ているすすきを飾ることにしたと言われています。すすきを飾ることにより神様を呼ぶ“依り代(よりしろ)”を表していたそうです。依り代とは、神様や精霊がよりつく場所やモノのことですすきによりついて、農作物が育つように願いが込められていたみたいですね。
飾る本数は決まっていないようですが昔は15本お団子といっしょに飾られていたようです。

・お月見団子はいくつ備えるの?数の意味は?

出典:photoAC

白くて丸い形は満月を表しています。農作物などの収穫への祈りや感謝を込めて満月に見立てて白くて丸い団子を作ります。お団子の数は、地域により考え方が異なるようですが、十五夜にちなんで15個、山型に積み上げてかざることが多いよう。山積みするのは団子の先端には霊界につながっていると考えられていたので大事に積み上げられていたそうです。

・他にお供え物はあるの?地方によって異なる?

出典:PhotoAC

秋の食材をお供えするところが多く、カボチャ、ブドウ、栗、みかんなどをお供えしていたそう。その名残で今でも秋の旬の食べ物をお供えしている人が多いですよ。また秋に採れる里芋を満月のように丸く煮てお供えすることにより、神様に感謝の気持ちを伝えていたそうです。

・お供え物は食べてもいいの?バチはあたらない?

お供えした物はみんなで分け合って食べていいのです!昔の人は作ったものをたくさんの人で食べることにより、喜びと感謝の気落ちを分け合っていたとされています。残さず食べると神様も喜んでくれると考えられ、またお月見の日に供えた団子を食べると健康や幸福を得られると言われています。

■子どもといっしょにお団子を手作りしてお月見を楽しもう!

出典:@ aiko1_6さん

十五夜の由来や意味が理解できたら、お団子を手作りしてお月見を楽しみましょう♡

・お団子作りを子どもと一緒にしてみよう

出典:@aiko1_6さん

豆腐を入れることで日にちがたってもモチモチの食感がのこりますよ!ということで今回は豆腐入り白玉のレシピを紹介します。@aiko1_6さんは保育園に通う3歳と2歳の子どもといっしょに作っています。

*作り方

出典:@aiko1_6さん

☆団子作り
白玉粉(100g)・団子粉(50g)・上白糖(大さじ1)・木綿豆腐(150g)を用意します。材料を全て混ぜよくこねます。耳たぶくらいの硬さになったら好きな大きさに丸めます。沸騰したお湯に入れお団子が浮き上がってきたら網ですくい必ず冷水で洗います。(ぬめりを取るため)

☆みたらしタレ作り
ザラメ(大さじ3)・だし醤油(大さじ2)・みりん(大さじ1)・水(大さじ6)をすべて鍋に入れて沸かします。
ザラメがとけたら片栗粉を調整しながら入れて完成です。子どもでも簡単に作れますよ。
@aiko1_6さんは串にさしてバーナーであぶってつくっていますが、そのままコロコロとお皿にのせてもOK!十五夜に15個段重ねして飾ってみてくださいね。

・お月見の絵をかいて、すすきといっしょに飾ろう

出典:@aiko1_6さん

子どもといっしょにお月見やうさぎの絵をかいて飾るのもイベントのひとつでいいですよね。子どもが楽しんで書いてくれた絵は毎年思い出の一つになりますよ!すすきもいっしょに飾るとよりお月見らしくなりますよ♡

・月にちなんだ絵本を読んであげるのも◎

出典:@bm.p0512さん

子どもに絵本を読んであげるのはどうでしょうか?“月”は夜しかあらわれないので、子どもには見る機会が少ないかもしれません。絵本で月とはどんなものなのか読んであげると喜びますよ!

■毎年のお月見は日にちが違うので注意!

十五夜とは毎月の15日の夜のことを表し、昔は毎月の15日の夜に満月になっていましたが、今は太陽の動きで必ずしも15日の夜が満月になるとは限りません。9月中旬~10月上旬のあいだで、毎年十五夜の日が違ってきます。ネットなどで調べておくと安心ですね。年に一度のお月見を子どもといっしょに楽しんでみてください!

アイズー

3歳♂☆1歳♀ママ
hiroshima♡旅行♡料理♡ジム♡大好き♡
予定がない日は子どもたちと公園で遊んだりお出かけをします☆
よろしくお願いします♪
【Instagram】aiko1_6
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]