出典:photoAC

Lifestyle

アボカドの変色を防ぎたい!仕組みや保存方法を紹介

アボカドは栄養と美容効果が高いことで知られており、サラダや幅広い料理にして食べられる、濃厚な味わいで人気の食材です。ただ調理の段階で黒く変色してしまうのが難点。せっかく食べるならキレイな状態で食べたいですよね。アボカドをきれいに食べるために何をしたらいいの?なぜ腐ってるような色になるの?変色が起こる仕組みから、変色を防ぐテクニックまでを紹介していきます。

アボカドは栄養満点で、健康に良いことがたくさんあります。まずはアボカドの魅力を見ていきましょう。

■アボカドのミリョクを紹介します!

おいしいだけではない!栄養豊富なアボカドの良さを紹介していきます。

・アボカドってどんな食べ物?

出典:photoAC

アボカドは「森のバター」とも言われ、栄養価がとても高い果実として人気です。味自体はあっさりしていて、サラダやサンドイッチ、醤油をつけて食べるなど、いろんな食べ方もできます。主に海外で収穫したものが出回っていることが多く、わずかなら国産のものもあるようです。スーパーなどの売り場では野菜のコーナーに置かれていることが多いですが、果物に属す食材になります。

・アボカドは濃厚な味わいが人気

出典:photoAC

アボカドはバターのような食感のイメージから、濃厚という言葉や印象で紹介されることが多いです。アボカドにはほとんど味はありません。それが良いところで、いろんな食材との組み合わせやすいのも魅力です。

・幅広い料理に活用しやすい

出典:photoAC

アボカドは生のまま食べられるので、サラダやサンドイッチの具材として使ったり刺身のように醤油とわさびをつけて食べたりすることができます。ほかにも炒めたり揚げたりと加熱調理をしてもおいしいですし、ディップもできます。
このようにアボカドはいろいろな料理に活用できる万能の食材です。洋食のイメージが強いですが、和食や中華でも活用できるので幅広い料理に活用しやすいですよ。

・栄養価の高さを見ていこう

出典:photoAC

アボカドには、たくさんの脂質が含まれています。植物性の油なので血流を良くしたりコレステロールを下げたりするそうですよ。食物繊維も豊富で、腸内環境を整え便秘改善も期待できるんだとか。またビタミンE、カリウムも豊富で、ガンや動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの病気予防としてもおすすめの食材です。

■アボカドの食べころの見極め方を知りたい!

食べころの見極め方には3つのポイントがあるようです。それぞれ見ていきましょう。

【ポイント1】固さ
アボカドは固いものは熟しておらず、皮をそっと触って少し弾力があると、ちょう良い食べ頃の熟したものを見つけることができます。

【ポイント2】色
鮮やかな緑色はまだ成熟していない状態のものです。濃い緑色で少し黒っぽいものを選んであげるとちょうど最適な食べ頃だそうですよ。真っ黒すぎると熟成が進み過ぎている可能性があるので、色の確認は大切ですね。

【ポイント3】形
川の表面にツヤと張り感があり、ふっくら、涙型になっているものを選びましょう。また、ヘタの部分を確認して、ヘタがあるもの、ヘタと皮の間が隙間がなくぎっしり詰まったものはおいしいアボカドです。逆にヘタがとれていたり、ヘタと皮の間に隙間があると水分が飛んでおり、あまりおいしくないアボカドのようですよ。

■アボカドが変色するしくみを知ろう!

アボカドが変色する仕組みについて見ていきましょう。

・変色する理由を見ていこう

出典:photoAC

アボカドサラダなどを作るとき、カットして少し時間がたつと、黒っぽく変色してしまうことがあります。それは「ポリフェノールオキシターゼ」という酵素によるもの。この酵素が空気中にふれてしまうと、酸素と結びついて酸化という作用が起こってしまうようです。酸素と結びつくと色素成分と「ポリフェノールオキシターゼ」が反応して、黒や茶色のシミをアボカドに作ってしまうそうです。

・アボカド☆変色しても食べれるの?

色が変色しているだけで腐っている&傷んでしまったわけではないので食べられます。ただ見た目が良くなく、おいしそうな色ではないので、テンションもさがってしまいがち。
対策をしてから食べるほうが良いようですね。

・変色を防ぐには?どんなことがあるの

出典:photoAC

1つ目は空気にさらさないようにすることです。酸化を少しでもおさえるように空気を抜ききってから保存する方法を取りましょう。2つ目は「ポリフェノールオキシターゼ」という酵素を壊してしまい、働きをおさえることです。壊す、おさえることで酸化という作用も起こりにくく変色を防ぐことができるそうですよ。

■変色を防ぐ方法を知りたい

変色を防ぐ方法にはいくつかあるようです。

・酢を活用して変色を防ごう

出典:photoAC

酢に含まれる酢酸という成分が、アボカドの酸化をおさえ、変色を抑える効果が期待できます。お酢を使ったメニューのときに酢を活用すると、味つけにもなりキレイな状態で料理を作ることができますよ。

・オリーブオイル☆アボカドにコーティング

出典:photoAC

オリーブオイルはオレイン酸という酸化をブロックできる成分が多く含まれています。
パスタなどでは使う機会が多いオイルですよね。アボカドを使ったパスタやサラダなど、オリーブオイルをいっしょにいれて調理すると、黒ずみが予防できるのでおすすめですよ。

・玉ねぎといっしょに保存

出典:photoAC

スライスした玉ねぎとアボカドをいっしょに保存すると、玉ねぎに含まれる硫黄成分が、酸化予防になりアボカドの変色をおさえてくれるそうです。おすすめなのは、蓋つきの入れ物にいっしょにいれておくといいそうですよ。

・レモン汁を活用

出典:photoAC

レモン汁はアボカドを変色しにくくさせてくれるようです。さらにレモンにはビタミンCが含まれているので美容にも◎
レモン汁はアボカドを切った後に加えてコーティングするのがおすすめです。

・電位レンジを活用しよう

出典:photoAC

カットしたアボカドを電子レンジで10~20秒位加熱すると、「ポリフェノールオキシターゼ」という酵素を壊してしまうので、変色が抑えることができます。変色させない方法として簡単で画期的な技ですよ。

・アボカドの種を活用

出典:photoAC

アボカドをカットした後に種を取って、カットしたアボカドといっしょに種を入れておくだけで、変色を予防します。サラダを作ったり、盛りつけ前にいれておくだけなので試しやすく、簡単な方法ですよ。

■知っておきたい簡単なアボカドの切り方を教えて!

出典:photoAC

縦半分に包丁をいれて、種にそってぐるっと2つに切っていきます、両手でひねって半分にし、種を取って、皮を向いて、カットしたら終了です。きれいにカットできる方法ですよ。

■アボカドの変色対策をしておいしい料理を食べよう

アボカドが変色する仕組みや、変色を防ぐ簡単な方法を見ていきました。これらの方法を活用して、栄養豊富なアボカド料理が、見た目もキレイにおいしく食べれるといいですよね。変色を防ぐ方法は料理のテーマにあわせて、酢、オリーブオイルなど使い分けしてみると、メニューの幅も広がるのでおすすめです。

manii

2歳おてんば女子のママです。美容やアロマの事が大好きです。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!