出典:photoAC

Baby&Kids

チャイルドシートを購入するなら安い時期やセールが狙い目!

‟チャイルドシート”は、‟0歳から6歳まで”の使用が義務づけられています。(2000年の4月以降)チャイルドシートは車を走行するうえで赤ちゃんを守る大事な役割をしています。チャイルドシートの価格相場は一般的に4万円くらいから10万円ほど。チャイルドシートは高い...というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし最近では安いチャイルドシートも登場しているんです。

安いチャイルドシートの気になるところ、安いチャイルドシートは安全なのか?についてご紹介します。購入するときの注意点などもまとめてみましたので、チャイルドシート選びの参考にしてくださいね☆

■チャイルドシートは安くても‟ここ”がしっかりしていれば大丈夫

出典:photoAC

購入するときに大事なポイントをしっかりおさえれば安いチャイルドシートも安心して使えます。さっそくそのポイントを見ていきましょう!

・チャイルドシートの安全基準‟Eマーク”がついているか確認

出典:筆者撮影

チャイルドシートを購入するとき必ずチェックしておきたいポイントがあります。それはチャイルドシートに添付されている‟Eマーク”です。
Eマークは「現状基準を満たした製品」という意味で対象の体重、チャイルドシートの種類、設置を許可した国の番号(E43は日本)が記されています。E43以外の番号の場合は厚生労働省の「安全なチャイルドシートの選び方」ページから詳細が確認できますよ。

・チャイルドシートは年齢に合ったものを選ぶこと

出典:photoAC

チャイルドシートの適正年齢は、乳児用(ベットタイプ)・乳児用(1歳~)・幼児用(3歳~)の大きく3つに分けることができます。製品によって異なりますが、乳児用から幼児まで長く使えるタイプや、乳児のみ10kgまでなどの体重制限があるタイプもあります。

年齢にあったチャイルドシートを着用してなければ、ベルト部分が緩んで前に飛び出てしまったり、反対にきつくて締めつけられてしまったりと、危険性が高くなるので年齢にあったチャイルドシートを着用しましょう。

・安心できるメーカー&保証書がついているかどうか確認

出典:photoAC

今ではチャイルドシートのメーカーは約20種類ほどあり、どのメーカーを選べば良いのか迷ってしまいますよね。そんな場合はチャイルドシートの公式ホームページを必ず確認することをおすすめします。公式ホームページで赤ちゃんを乗せる安全性や機能性、保証期間(保証つきかどうか)などの詳細をチェックしましょう。
利用者の口コミをチェックして参考にするのもおすすめですよ。

店舗とネット通販、安くても購入場所によって安心感が異なる

実際に店頭で見て話を聞いて購入するのと、ネットで安く購入するには安心感が違います。

・西松屋やアカチャンホンポなら安くても納得

『西松屋』や『アカチャンホンポ』は定期的にセールを行います。安くなっているチャイルドシートは大体、新商品が出たときの型落ちです。店員さんになぜ安くなっているのか話を聞いてみるのも◎店員さんに話を聞くことで納得して購入できますよね。型落ちといっても新商品との違いは‟クッション”や‟色”‟形”などが変わるくらいということもあるので、大きく変わっていなければ安心して購入して良いでしょう。

・ネット通販だと商品が手元にない状態なので不安になる場合も

ネットなら、注文すれば家まで商品が届き店頭に行かずに購入できるのがメリット!ネットで購入しようと思っている人も多いはずです。しかし実際のものを見ずに購入してしまい、機能性やネットでの写真と実際に届いたときの色の違いなど不安な面が多いのはデメリットでしょう。また最近では偽造商品などを販売しているサイトもあるためネットで購入する場合は注意が必要です。

■チャイルドシートが安くなる時期がある?季節の変わり目などをチェック

チャイルドシートを安く購入するためには実はチェックするポイントがあります!

・新商品との入れ替えのときが狙い目

出典:筆者撮影

新商品がでるときには型落ちした商品は安くなります。型落ちした商品といっても違いはほとんどないものが多く色の違いやクッションの柔らかさの違いなどです。チャイルドシートにこだわりがなかったり、新商品と型落ちした商品の変化が大きく変わらなかったりする場合はお買い得です!

・年末年始や季節が変わる時期も狙い目!チラシやネットをチェック

年末年始はさまざまなお店がセールや大売り出しを行い賑わいますよね。チャイルドシートも年末年始が狙い目です。‟限定〇個”などの商品がある場合も!
また冬から春、夏から秋にかけて季節の変わり目も商品の入れ替えをするので安くセールする場合も。安い店を探すならチラシやネットをチェックするのがポイントですよ。

■4万円前後までの安いチャイルドシートのおすすめは?

出典:photoAC

お手頃価格で人気のあるチャイルドシートをご紹介します。

・ISOFIX機能がついているお手頃価格のチャイルドシート

出典:@ aiko1_6 さん

"ISOFIX”とはシートベルトを使用せず座席に取り付けることができるチャイルドシートのことです。普通のチャイルドシートは車についているベルトだけで固定をしますが、ISOFIX機能があるとより安心して子どもを乗せることができるので今人気の機能です。車がISOFIXに対応しているかは@aiko1_6さんのように車の椅子の部分にマークがあるので確認してみてください。

*Joieチャイルドシート アーク360°

新生児から4歳頃まで使用可能で、ISOFIX機能がついているので急なブレーキにも安心です。ママリの口コミ大賞も入賞していて愛用者が多いチャイルドシートです。定価24,800円(税抜)でネットでも西松屋でも購入可能です。

・お手頃価格の固定式のチャイルドシート

出典:photoAC

‟固定式”とは前後に倒すことはできますが、360°回転しないタイプのチャイルドシートです。‟6歳まで長く使いたい”という方におすすめです。

*【Combi】 ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LG
『Combi(コンビ)』の「ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LG」は6.3kgの軽量なので、車への装着も簡単にできます。
価格は30,000円(税抜)です。

*【Aprica】フォームフィット AB
『Aprica(アップリカ)』の「フォームフィット AB」は国土交通省高評価を獲得しているチャイルドシートです。1歳ごろから11歳ごろまで使用可能で‟日本初”縦だけでなく‟横幅”も変わる「ぐんぐん調節レバー」で子どもの成長に合わせて変えられます。価格は35,000円(税抜)。お手頃の価格で機能性が優れているのでおすすめのチャイルドシートです。

・お手頃価格の回転式チャイルドシート

出典:photoAC

回転式は360°回すことができて赤ちゃんを車に乗せるときや降ろすときに、とても便利です。また180°回すと倒してフラットに寝かせられるタイプのものもあります。

*【Aprica】ディアターン

出典:@yagigigi1234さん

Apricaのディアターンは頭から足先まで優しく守るクッション機能が優れていて赤ちゃんが寝たときにフラットの状態にしても車振動などの衝撃が少ないところがポイント!価格は38,000円(税抜)です。お店などで購入するときはお買い得時期に買うのがおすすめです。

■チャイルドシートは安くても安全基準を満たしているものならOK

チャイルドシートを購入する場合、高いものでなければ安全ではないはと限りません。安全基準を満たしているものであれば安くても購入してOKです。ネットで購入する場合は口コミや公式ホームページを必ず確認すること。また店舗で購入する場合は店員さんに話を聞いてみると良いですよ。

※この記事で紹介している価格は、2019年9月時点のものです。

アイズー

3歳♂☆1歳♀ママ
hiroshima♡旅行♡料理♡ジム♡大好き♡
予定がない日は子どもたちと公園で遊んだりお出かけをします☆
よろしくお願いします♪
【Instagram】aiko1_6
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!