出典:リビングに勉強机を置くとメリットがいっぱい!選び方と配置をご紹介 @ maryu1218さん

Lifestyle

学習机はニトリがおすすめ!子どもにぴったりなデスクの選び方

子どもが大きくなったら用意してあげたい学習机。ですが、学習机はメーカーも種類もたくさんあって、どうやって選べばいいのかわからないですよね。親としては、便利な機能はついてほしいけれど、大人になっても使えるデザインのものがいい、というのが本音でしょう。
そんな親の気持ちにこたえてくれるデザインの学習机が増えています。特に『ニトリ』は機能面、デザイン面、コスト面においてもばっちり。

今回は学習机の選び方や、ニトリの学習机のおすすめポイントについてご紹介していきます!

■学習机って必要?学習机について知りたいことをチェック

出典:@ march.jpさん

学習机を購入する前に、そもそも学習机ってどんなものなのでしょうか?

・学習机はいつからいつまで使うもの?

出典:photoAC

学習机は基本的には小学生~高校生の12年間使いますが、中には未就学児のうちに購入して、机に向かって絵本を読んだり、絵を描いたり工作をしたりする、字の練習をする、というように「机に向かって作業をする」ことに慣れさせる家庭もあります。

出典:@ haduki_maidoariさん

親世代のころの学習机は、本棚やライトなどが机と一体化したものが主流でしたが、現在の学習机は基本的にパーツごとにバラすことが可能です。不要な部分を取り外してしまえば、大人になってからも使えるデザインになっているものが増えてきています。

・学習机の相場価格は?


出典:photoAC

学習机は、安いものなら1万円台から、高いものだと10万を超えるものまでいろいろあります。ネットショップ上での売れ筋は、3~5万円台のものです。

・学習机で人気があるタイプは?

出典:@ haduki_maidoariさん

親が子どものころの学習机は、「机は広いほうが良い」とされていたため、奥行が70cmほどあり、かつ机の奥に本棚やライトがついているものが主流でした。中には電動の鉛筆削りがついていたり、成長に合わせて机の高さが変更できるハンドルがついていたりするものも。
現在は圧迫感がないものが好まれる傾向にあり、机の奥行は50~60cm程度のものが増えています。また、本棚やワゴンがオプションになっており、必要に応じて買い足すタイプや、本棚やワゴンを好みの場所に設置できる「組み合わせデスク」タイプが人気です。

・学習机を選ぶときのポイントは?

出典:リビングに勉強机を置くとメリットがいっぱい!選び方と配置をご紹介 @ donchakamamaさん

学習机を選ぶときに注目したいポイントをご紹介しましょう。

・設置場所の広さ
・机・イスともに高さの調節ができる
・コンセントの場所
・アフターケア

学習机をどこに置くかによって、机の大きさはおのずと決まります。また、成長期の子どもが使うものなので、机、イスともに高さの調節がこまめにできるものがおすすめ。
コンセントの有無も重要です。電気スタンドはもちろん、近年はタブレットなどモバイル機器を使った学習も増えてきているので、近くにコンセントがあるほうが使い勝手が良くなります。
机は毎日使うものだから、不具合が生じる可能性もあります。万が一故障した場合のアフターケアに関してもチェックしておきましょう。ニトリの場合、学習机の保証期間は5年となっています。

■おすすめはニトリの学習机

出典:リビングに勉強机を置くとメリットがいっぱい!選び方と配置をご紹介 @ maryu1218さん

学習机はいろんなメーカーから出ていますが、ニトリは機能性、デザイン性、コスパの良さから人気が高いです。ネットで検索すると、ブログやSNSでニトリの学習机の口コミが見つかります。ニトリの学習机が選ばれる理由をご紹介しましょう。

・ニトリの学習机で人気の商品は?

ニトリで人気の学習机をピックアップして紹介します!

【人気の商品5選】
「システムベッドデスク(ハイタイプ)」¥55,463(税抜)
「コンパクトツインデスク ラック付き」¥17,500(税抜)
「袖付きデスク」¥9,250(税抜)
「くみあわせですく」¥36,945(税抜)
「平机」¥19,445(税抜)

システムベッドは、学習机とベッドが一体化したタイプ。空間を有効活用できるので、人気が高いアイテムです。
コンパクトツインデスクはきょうだいでの利用におすすめ。奥行は45cmと浅めなので、リビングに置いても圧迫感がありません。
袖付きデスク・くみあわせですく・平机は、ニトリでの一般的な学習机。違いは本棚やワゴンの有無です。

・ニトリの学習机とはどんなもの?

ニトリの学習机は、デザインがシンプルで、パーツを組み合わせて使うためレイアウトが自由自在である点がメリット。成長に応じてカスタマイズが可能だから、ずっと使うことができます。どのタイプの机にもホワイト、ライトブラウン、ミドルブラウンの3つのカラーがそろっているものが多いので、部屋の雰囲気に合わせてチョイス可能。木目が美しい、天然木タイプのものもあります。

・ニトリとIKEAはどう違う?

出典:@ rnh__1024さん

シンプルでおしゃれなアイテムで知られている『IKEA(イケア)』。シンプルですっきりした学習机を求めているなら、イケアも選択肢に含めていいでしょう。ただ、いわゆる組み合わせタイプのデスクはラインナップされていません。学習机としての機能性の高さを求めているなら、日本のメーカーらしくきめ細やかなラインナップをそろえているニトリがおすすめです。
また、ニトリは購入後、日にちを指定すれば配送から組み立てまで業者が行ってくれるのに対し、イケアは購入した商品をその日のうちに持ち帰ることができますが、自分で組み立てる必要があります。

・大人でも使えるものはある?

ニトリのデスクは基本的に組み合わせて使うタイプなので、本棚やワゴンを外してしまえば”学習机っぽさ”は消えます。将来的に書斎や作業スペースとして使うことも可能です。近年の傾向として、学習机は大人になってからも使うことができるようにデザインされているものが増えています。

・アウトレットを活用しよう

ニトリではキズがついてしまった商品、ラインナップの更新で取り扱いが中止になってしまった商品などをアウトレット商品として販売しています。お得に学習机を購入できるチャンスなので、学習机購入前にはぜひアウトレットコーナーをチェックしましょう。
アウトレット商品の保証期間は、通常商品と同じ5年です。

Recommend

世界に一つ!家族の手形が残せる『ファミリーハンドプリント・フレーム』で記念アートに挑戦!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]