出典:photoAC

Lifestyle

ワイシャツは洗濯のやり方次第で仕上がり激変!お手入れ術を解説

ビジネスシーンだけでなくデイリー使いできるワイシャツは、365日使える万能アイテム。そんなワイシャツ、あなたは正しく洗濯できていますか?脱いだまま洗濯機に投げ入れているなら要注意!
くたびれた印象や袖口や首まわりの汚れが落ちないのは、お手入れ方法を間違えているからかもしれません。洗い方を少し工夫すれば、ワイシャツの洗い上がりが驚くほど変わりますよ!

気になるワイシャツの正しい洗い方をお教えしましょう!

■ワイシャツを洗濯する前にしておくべきこととは?

出典:photoAC

自宅の洗濯機でも簡単に洗濯できるワイシャツ。まずは洗濯する前の下準備について詳しく見ていきましょう。

・ステップ1 ワイシャツのボタンは開けておく

ワイシャツを洗濯するとき、「ボタンは閉めるの?閉めないの?」と疑問に思う人もいますよね。結論から言うと、ボタンは開けたままで洗って大丈夫です。ボタンを留めたままだと重なった部分が洗えないのではと思われがちですが、専門家に尋ねても汚れ落ちが悪くなる心配はないとのこと。
ボタンを留めたまま洗うと、洗濯のときにボタンに負荷がかかり縫糸が切れやすくなるそうです。ニットカーディガンのように伸びやすい素材の物や、ポロシャツのようにボタンが途中までしかついていないも物を除いて、ボタンつきの服は開けた状態で洗いましょう。

・ステップ2 裏返して洗濯ネットに入れる

出典:photoAC

直接皮膚にふれるワイシャツの内側は、汗や皮脂汚れがべっとり。洗濯機は衣類をこすり合わせて汚れを落とすので、外側の面の汚れが落ちやすくなります。きれいなワイシャツを保つためにも、洗濯物は裏返しておきましょう。
もうひとつ重要なポイントは、洗濯ネットに入れて洗うこと。洗濯物を洗う際、洗濯ネットなしとありでは仕上がりに違いが出ます。そのまま洗濯機に入れてしまうと、他の洗濯物と絡み合って、シワがワイシャツ全体についてしまいます。
水に濡れた状態でついたシワはとっても頑固。アイロンがけの時間を短縮するためにもネットに入れて洗濯しましょう☆より汚れ落ちをよくしたいなら、洗濯ネットのサイズに合わせて丁寧にたたんでから洗うのがおすすめ♡ぜひ試してみてくださいね。

■さぁ本番!ワイシャツの正しい洗濯方法をチェック

下準備が整ったらワイシャツを洗っていきましょう。

・取り扱い絵表示を確認してから洗濯コースを選ぼう!

出典:photoAC

洗濯物の取り扱い絵表示は、洗い方の指南書です。このタグを見るだけで水洗いが可能か、漂白剤が使えるかなどを一目で確認できます。水洗いOKのワイシャツなら洗濯機の「手洗いコース」を、手洗い指定の物なら「手洗い」or「ドライ」コースを選びましょう。

・シワシワワイシャツを回避!脱水時間は短時間に設定

出典:photoAC

シワシワのワイシャツになってしまう原因は、脱水にあり。他の洗濯物と同じように長時間脱水してしまうと、頑固なシワがびっしりついてしまいます。シワシワワイシャツにさせないためには、脱水時間を約15秒~30秒と短く設定してください☆
ワイシャツ全体にのりづけたいときは、脱水前に投入しましょう。反対に襟や袖口のみのりづけしたいときは、洗濯後に使用するスプレータイプがおすすめ。

■頑固なワイシャツの襟汚れ、黄ばみの落とし方

出典:photoAC

ワイシャツを何度も着ていると、襟まわりや袖口が汚れたりシャツ全体が黄ばんだりしますよね。特に襟まわりは肌とこすれやすいので汚れが繊維の奥にまで入り込んでしまい、落ちにくくなってしまいます。
このような頑固な汚れを落とすには、漂白剤が効果てき面!襟の汚れ部分に直接塗って洗濯機に入れて洗えば、面白いくらい汚れが落ちますよ。

■洗濯したワイシャツの正しい干し方は?

出典:photoAC

シワのつきやすいワイシャツを干すときは、型崩れしないよう肩に厚みのあるハンガーを使いましょう。また、干す前にシワをしっかり伸ばしておくことも重要なポイントです。ハンガーにかけた状態でシワを伸ばしてあげるだけでも十分きれいになりますよ。

■ワイシャツの洗濯頻度は?まとめて洗ったり乾燥機をかけたりしてもOK?

出典:photoAC

丸一日着たワイシャツは毎日洗濯するのがベストです。一見汚れてないように見えても、袖や襟まわりには汚れがびっしり。その状態で2~3日放置していると、汚れが落ちにくくなっていまいます。
ワイシャツを他の物とまとめて洗うときは、ジーンズや色の濃い物、買ったばかりの洋服(色物)と分けるといいですよ。特に白シャツは色移りしやすいため、要注意。平干しマークやドライマークの洗濯表示のある物は、基本的に乾燥機使用はNG。
また、タンブル(タンブラー)乾燥に×がついている場合も同様です。「お気に入りのシャツが縮んで着られなくなった…」なんてことにならないためにも、乾燥機の使用には細心の注意をはらいましょう。

■ワイシャツのアイロンのかけ方&たたみ方

出典:photoAC

ここからは、プロが仕上げたようなきれいなワイシャツにする方法を伝授しましょう!
まずはピシッときれいなワイシャツにするための、アイロンがけの方法です。

1.アイロンする前にワイシャツは湿らせる
湿らせることで、シワがつきにくくなりアイロンしやすくなります。
2.アイロンをかける順番は小さい面から
襟やカフスなど細かい部分から先にアイロンをかけましょう。
3.アイロンは直線的にかける
ジグザグにアイロンをかけるとシワになりやすいので、直線的に動かしましょう。
4.襟や袖のカフスなどの生地が厚い部分は、両面からアイロンをかける
裏表からアイロンをかけることで、シワが伸びてアイロンがしっかりかかります。

次は、シワがつきにくいワイシャツのたたみ方です。

1.ボタンを留めてシャツを裏返す
2.肩幅の中ほどで折返し、袖のつけ根からシャツの中心と平行になるよう袖を折る
3.反対の袖も同じように折る
両サイドのラインが中心軸と平行になっているのがポイント!ゆるんでいたら折り直しましょう。
4.裾と袖口をいっしょに折返す
5.全体を二つ折りにし、ひっくり返せば完成!
裾が方からはみ出さないように形を整えましょう。

ワイシャツをきれいにたたむメリットは、余計なシワがつきにくくなることや収納スペースが少なく済むこと。せっかく正しい洗濯方法で洗ってもたたみ方が雑だと、シワがついてしまうので要注意です。

■ワイシャツをクリーニングに出す場合の注意点

出典:photoAC

クリーニングに出すと手軽に新品のようなワイシャツになりますよね。しかし、頻繁にクリーニングに出すのは要注意。なぜなら、クリーニングは家庭で洗濯するのと比べ徹底的に汚れやシワを落とすため衣類に負担がかかってしまいます。
そのため何度も繰り返しクリーニングに出すとワイシャツの寿命が短くなってしまうのです。ワイシャツをクリーニングに出す際は、ここぞ!というときのみにしておきましょう。

■これでお手入れはバッチリ!きれいでピシッとしたワイシャツを着こなそう

出典:photoAC

きれいでピシッとしたワイシャツは袖を通すのが気持ちよくなるもの。毎日着るワイシャツだからこそお手入れはバッチリにしておきましょう。毎日のお手入れを少しでも楽にしたいなら形状記憶ワイシャツもおすすめです♡

erimu

もうすぐ3歳の男の子のママ。プチプラでかわいい雑貨、洋服、インテリアが好きで集めています。
おいしいものを食べたり、旅行に行ったりするのが趣味♡

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!