出典:@ chiii__stagramさん

Lifestyle

ホットプレートのレシピ紹介!子どもといっしょに料理を楽しもう

焼肉やお好み焼き、焼きそばなどに大活躍してくれるホットプレートって、とても便利な家電です。オシャレなホットプレートも続々出てきており、その人気も高まっています。アツアツのホットプレートをみんなで囲めば笑顔いっぱい。
作る楽しさと食べる楽しさの両方を一度に味わえるホットプレートは、食卓を預かる方の強い味方だといえるのではないでしょうか。

今回は、ホットプレートを使って作れる簡単&素敵なレシピを紹介します。毎日の食卓にも、パーティーにも使えるホットプレートメニューで、子どもといっしょに料理する楽しみをもっともっと味わってみませんか?

■ホットプレートは子どもとの料理にとても便利!

子どもたちはおままごとやお手伝いが大好きです。遊びの延長で食事の手伝いをしてもらうことは、食育にもつながります。
ただ、狭い台所でお手伝いをしてもらうのは、踏み台が必要になったり、けがをしないかひやひやしたりと何かと大変。そんなときは、ホットプレートを使ってみませんか?
広いテーブルの上で、食べものが料理されていく一部始終を子どもの目線で見ることができるホットプレートは、子どもたちの食育・お手伝いにぴったり。熱いプレートでやけどをしないように注意しながら、子どもたちの食べ物への興味を大いに伸ばしてあげましょう。

出典:@ 2chococakesさん

例えば、おうちでハンバーガーを作ると、ひき肉をこねる、成形する、レタスをちぎる、ハンバーグを焼く、ソースを混ぜる、など、子どもたちが楽しんで参加できる工程がたくさんあります。ホットプレートなら、バンズもハンバーグも、ベーコンや目玉焼きまでひとつのプレートで全部焼いていけるので、ハンバーガーができる様子をずっと観察できるのも魅力です。全てが焼きあがったときには、子どもたちのわくわくは最高潮!

出典:@ 2chococakesさん

自分で作ったハンバーガーは、おいしさもひとしお。食の細いお子さんでもたくさん食べてくれそうですね。

■ホットプレートで作る、おすすめのメニューやレシピ

ホットプレートは、アイデア次第でいろいろなものが作れるんです。レシピ本やレシピサイトなどでも、たくさんのメニューやレシピが見つかります。ここでは、簡単なものから少し凝ったものまで、いくつかあげてみました。

・とっても簡単!ホットプレートだから便利!


<パンとソーセージと目玉焼き>

出典:@ yoko_piano1824さん

朝はとにかく忙しい。パンと卵とソーセージを一度に調理できるのも、ホットプレートならではです。ご主人や少し大きいお子さんなら、自分で焼いてもらうこともできますね。

<焼き餃子>

出典:@ emika_maidoさん

焼き餃子はフライパン派ですか?ホットプレートなら一度にたくさん、キレイに焼くことができます。大家族や食べ盛りのお子さんがいるご家庭は、ぜひお試しを。

<チーズフォンデュ>

出典:photoAC

耐熱容器を使うとチーズフォンデュも楽しめます。パンや軽く茹でた野菜、ウインナーなどもいっしょに焼きながら、アツアツのチーズを絡めていただきましょう。実はこのチーズ、簡単に作れます。ピザ用チーズに片栗粉をまぶし、白ワイン(または牛乳)を加えて加熱して、塩コショウで味を調えるだけでできあがりです。

・ホットプレートで作る、オシャレなおやつ


ホットプレートで作るおやつと言えば、ホットケーキやクレープが定番ですが、たこ焼きプレートを使って、ベビーカステラやごま団子を作ってみるのはいかがでしょうか。

<ごま団子>

出典:@ setsuna_178さん

@setsuna_178さんは『BRUNO(ブルーノ)』のホットプレートを使って、ごま団子にチャレンジ!レシピはブルーノの「ホットプレートBOOK」を参考にされたそう。

(参考レシピ)
1.白玉粉100gと薄力粉100gをあわせてボウルに入れ、水およそ150mlを少しずつ加えて耳たぶくらいのやわらかさになるまで混ぜ合わせる。
2.好みの餡を適当な大きさに丸めておく。
3.餡を1.の生地で包み、ごまをまぶす。
4.たこ焼きプレートに油をひく。
5.団子を入れ、表面がカリカリになるように回しながら焼く。

・焼きながら食べるのが最高!おつまみにもなるおかず


<餃子の皮のお手軽ピザ>

出典:@ tubutubupumpkinさん

冷蔵庫整理にもおすすめなのが、@ tubutubupumpkinさんもされている餃子の皮を使ったピザ。パリパリの皮が絶品です。おつまみにも◎。

(参考レシピ)
1.ホットプレートに軽く油をひき、餃子の皮をのせる。
2.ケチャップやマヨネーズを塗り、ちりめんじゃこ、サラミ、ウィンナーツナ、アスパラなどの具とチーズをのせて焼く。

<包まずできる、シュウマイ>

出典:@ yoko_piano1824さん

@ yoko_piano1824さんのようにたこ焼きプレートを利用すれば、難しそうなイメージのシュウマイも簡単です。

(参考レシピ)
1.みじん切りにした玉ねぎ1/2個と片栗粉大さじ3をポリ袋に入れ、しっかり混ぜる。
2.豚ひき肉200gとおろししょうが小さじ1、鶏がらスープの素小さじ1、砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ1、ごま油大さじ2をくわえ、しっかりと袋の上からもんで混ぜる。
3.たこ焼き器の穴にシュウマイの皮をのせ、穴におしこんでおく。
4.ポリ袋の角をハサミで少し切り落とし、袋の中身をシュウマイの皮の上に絞りだす。
5.ホットプレートを180℃に加熱する。水50mlを数回に分けて加え、フタをして5分ぐらいでできあがり。

<焼き鳥>
みんなの好きなものを、どんどん焼いてどんどん食べて。ホットプレートなら、作る人が台所にこもりきりにならなくて済むのも◎。

出典:photoAC

(参考レシピ)
1.好みの肉や野菜を用意する。串にさすと雰囲気が出るが、面倒ならそのままでOK。
2.酒・しょうゆ各大さじ3、砂糖大さじ2を合わせ、小鍋で軽く煮詰めてタレを作る。
3.ホットプレートで火が通るまで1.を焼き、塩・コショウ、またはタレで食べる。

・野菜がたっぷり摂れるホットプレートメニュー


いろいろな野菜で作るビビンバやちゃんちゃん焼き、お好み焼やもんじゃなどもホットプレートの得意とするメニューです。

<もんじゃ焼き>

出典:@ chachu_starさん

@chachu_starさんのおいしそうなもんじゃ焼き。ホットプレートを囲んで、家族や友人とわいわい楽しみましょう。

(参考レシピ)
1.薄力粉45g、だしの素小さじ2、ウスターソース大さじ3をボウルに入れ、水500mlを少しずつ加えて混ぜて、もんじゃの素を作る。
2.キャベツ1/4個は千切りにして、天かす、干しエビ適量、お好みのトッピングとともに1.のボウルに。
3.ホットプレートを熱して油をひき、もんじゃの素の具とトッピングだけをホットプレートにのせて焼く。
4.キャベツがしんなりしてきたら土手を作り、残しておいた汁を入れる。
5.ふつふつとしてきたら薄くのばして焼いていく。火が通れば食べられるが、少し焦げができたぐらいがおいしい。

・ホットプレートならパエリアも簡単!


<パエリア>

出典:@ chiii__stagramさん 

パーティーの主役級パエリアも、ホットプレートだけで調理が済みます。@ chiii__stagramさんのパエリアは見た目もキレイで食欲をそそりますね。洗い物が少なくて済むのも、ホットプレート調理のいいところです。

(参考レシピ)
1.魚介類や野菜など、好みの具材を用意し、食べやすく切っておく。
2.高温に熱したホットプレートにオリーブオイルとみじん切りのニンニクを入れ、香りが出たら魚介類を焼いて、いったん取り出す。
3.玉ねぎ1/2個分をみじん切りにし、ホットプレートで炒める。米1.5カップを洗わずに加え、透き通るまで炒める。
4.お湯300mlとコンソメ1個、塩コショウを加え、コンソメを溶かしながら全体を混ぜる。
5.炒めておいた魚介類と切った野菜をのせ、蓋をして中温~高温で15分加熱する。
6.ご飯が固いようなら2~5分追加で加熱する。水が足りない場合は少し足す。
7.蓋をしたまま5~10分蒸らし、好みでレモンを添えていただく。

■ホットプレートで子どもといっしょに料理を楽しもう

ホットプレート調理は、子どものお手伝いにもぴったりで、一度にたくさん調理でき、洗い物が少なくて済んだり、パーティーメニューにも使えたりと、メリットがたくさんあります。お気に入りのレシピを見つけて、ホットプレートのある食卓を楽しんでくださいね。

CHIYUKI

男子2人のママです。子どもたちの笑顔と美味しいものが大好き。いきものや自然の不思議さにも心惹かれます。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!