出典:photoAC

Lifestyle

カーペットクリーナーで簡単おうちクリーニングができちゃう!

カーペットの掃除って結構大変ですよね。いくら表面のゴミをとっても実は根本にホコリや髪の毛、食べかすなどが埋まっていたりシミがついていたりすることも。丸洗いは難しいし、どうしよう?…そんなときはカーペット専用のクリーナーを汚れによって使い分けると良いかもしれませんよ。

今回はカーペット掃除が楽になる、とっても便利なカーペットクリーナーに注目!大掃除にも役立つこと間違いなしです◎

■カーペットクリーナーはどんな種類からどう選ぶ?

出典:photoAC

カーペットの掃除ってどうしてますか?掃除機で吸うだけという人もいるでしょうし、カーペットクリーナーと呼ばれる”コロコロ”を使う人もいるでしょう。専用の洗剤や掃除機など、カーペットクリーナーの種類は豊富にあります。
カーペットに付着した髪の毛やホコリを取りたいのか、シミ汚れや臭いを取りたいのかなど、どう掃除したいかでクリーナーを選ぶと良いですよ。

■カーペットクリーナーの粘着タイプってどう使うの?

出典:@ shiidamuさん

カーペットクリーナーと聞くとピンとこないけれど、”コロコロ”と聞くと「使ったことがある!」という人も多いのでは?カーペットの上をコロコロと転がして、粘着テープでホコリや髪の毛を取るだけと使い方はとっても簡単。
粘着テープは使い捨てなのでコストはかかりますが、手軽にカーペットの掃除ができる便利なアイテムです。短い柄のものだけでなく、立ったままコロコロできる柄が長いものもあります。

■カーペットクリーナーのブラシタイプってどう使うの?

出典:photoAC ※写真はイメージです。

カーペットやラグ用のブラシを使えばカーペットの根本に埋まっているゴミを掻き出せます。ゴム製のものならカーペットを傷める心配もありません。
クシの材質はカーペットの毛質によって変えてみると良いでしょう。一定の方向に向かってブラシをかけるだけで簡単にきれいにできます。

■カーペットクリーナーの泡やスプレータイプってどう使うの?

出典:photoAC ※画像はイメージです。

ジュースや調味料など、頑固なシミ汚れには泡やスプレータイプのカーペットクリーナーが◎繊維に染み込んだ汚れを浮かせて落としやすくする効果があるようです。シミ汚れだけでなく臭いや防ダニ、抗菌といった効果がある商品も!

■カーペットクリーナーの粉タイプってどう使うの?

出典:photoAC ※画像はイメージです。

カーペットクリーナーの粉タイプはカーペットに振りかけてから、掃除機で吸い取ります。そうすることによって、なかなか取れなかった細かいホコリなどを浮かせることが可能に!ハウスダストアレルギーの人にもおすすめです。
香料が強いものも多いので、好みの香りかどうかチェックしてから購入すると良いでしょう。

■カーペットクリーナーの水洗い掃除機ってどう使うの?

出典:photoAC ※画像はイメージです。

水洗い掃除機とは、タンクに入れた水をノズルから噴射し汚れを落としながら汚水を吸引するというもの。業務用のイメージも強いですが、今では家庭の掃除機に装着して使う家庭用のものも販売されています。

■おすすめのカーペットクリーナー6選

カーペットの掃除におすすめのクリーナーを6つ紹介します。

・100均で買えるハンディクリーナー

出典:@ yagigigi1234さん

こちらは100均『Watts(ワッツ)』の「ハンディクリーナー」です。『Seria(セリア)』にも売っているという情報も。転がしてホコリを絡め取るタイプなので、コストもかからず経済的◎ぜひお近くの100円ショップをチェックしてみてくださいね。

・ニトリで買えるシンプルなコロコロ

『ニトリ』で購入できる定番のカーペットクリーナーはとってもシンプル。コロコロと転がしてホコリを取ったら表面のテープをぺりっとはがすだけなのでさっと使えそうです。シンプルな見た目はリビングに置いておいても良さそう!

・カーペットシャンプーなら汚れを落として防ダニも

出典:@ shiidamuさん

『リンレイ』の「カーペットシャンプー」は汚れを落とせるだけでなく防ダニ効果もあります。レモンの香りですっきりするので、年に1度の大掃除にぴったり☆
本体のヘッドにブラシもついていて、カーペットにスプレーしたらそのままゴシゴシできます。これ1本でしっかりカーペットのクリーニングが可能ですね。

・業務用なら強力楽々クリーニングが可能なKARCHER


カーペットのクリーニングをするなら、業務用をレンタルするのもおすすめ!『KARCHER(ケルヒャー)』の「カーペットリンスクリーナー(業務用) Puzzi 8/1 C」なら洗剤を吹きつけて汚れを落としながら、バキュームで洗浄剤と汚れを取り除くことができます。カーペットだけでなく布製ソファーや車のシートにも◎
シミ汚れを取り除くだけで良いなら、同メーカーの「スチームクリーナー」でも高温の蒸気の力できれいにできます。どれくらいの範囲がどのように汚れているかで選ぶと良いでしょう。

・ぱくぱくローラーは驚くほどホコリがとれる


『日本シール』の「ぱくぱくローラー」は長く人気のあるカーペットクリーナーです。ローラー部分にエチケットブラシの素材がついているため、コロコロと転がすとホコリ・髪の毛・ペットの毛などがごっそり取れます!低コストでもしっかり掃除できるのはうれしいですね。

・シリウスなら水洗いから乾燥までスピーディ!


『シリウス』の「switle(スイトル)」は家庭の掃除機に装着して使う水洗いクリーナーヘッドです。これをつけることでカーペットの水洗いが可能になります。ラーメンをこぼしても汁も具も丸ごと吸い込んでくれるからあっという間に元通り!小さな子どもがいる家庭にはうれしいアイテムですね。

■カーペットクリーナーを使えば掃除効率UP

カーペットクリーナーは、専用のものだけあって効率的に掃除ができます。カーペット用ブラシは、ペット用やヘアブラシでも代用可能な場合も。自宅のカーペットにぴったりの掃除方法を見つけて、清潔に保てば気持ち良く過ごせそうですね。

shimomu

わんぱく男児の子育てに奮闘中。動物大好きで、旅行先では必ず動物がいるスポットへ☆最近、家族で酵素風呂にはまってます。
【Instagram】shiidamu

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!