出典:筆者撮影

Lifestyle

布団乾燥機の正しい使い方を徹底解説!ダニも湿気も一気に解決♡意外な活用術もマスター

布団のダニ・湿気問題を解決してくれる「布団乾燥機」を正しく使うための方法を伝授します♪

「布団を外に干したいけど、花粉が気になる」「梅雨の時期は洗った靴がなかなか乾かない」とお悩みの人はいませんか。そんな人におすすめなのが「布団乾燥機」です。近年、ベッドで就寝する人やアレルギーを心配する人の増加により、布団乾燥機の需要が増えているそう。今回の記事では、布団乾燥機の使い方や使用頻度、おすすめ商品などを紹介します。また、布団乾燥機は驚くほど多機能!いろいろな使い方もお届けするので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■布団乾燥機の種類を把握しよう

布団乾燥機には大きく分けて3つの種類があります。

・付属のマットを広げて使うマットタイプ

出典:@ sachico.yamさん

従来の布団乾燥機でも採用されていたタイプがこちら。本体に付属している布団サイズの大型マットを敷布団と掛け布団の間に入れ、温風で膨らませて使います。マットを出し入れする手間はかかりますが、布団全体をカバーできるマットの効果で隅々まで均一に温風が広がるというメリットがあります。

・本体から出るノズルの温風で温めるホースタイプ

出典:筆者撮影

近年主流になっているのがこちらのタイプ。掛け布団と敷布団の間にホースを差し込み、強力な温風を使って乾燥させます。布団全体に温風を行き渡らせるために、先端のノズルが特殊構造になっているものが多いようです。
使用後はホースを縮めてコンパクトに収納可能。

・温めながら掃除もできるクリーナータイプ

布団の掃除と乾燥が同時に行える、温め機能つき布団クリーナー。ヘッドのついた一般的な布団クリーナーと同じような形で、ダニの死骸やチリを吸引しながら布団を温め、ダニが繁殖しにくい環境を作ってくれます。
温め機能でダニ対策をして、クリーナー機能で死骸や糞を吸い取るというふたつの作業をひとつでこなしてくれる、一石二鳥の時短家電と言えますね!

■布団乾燥機の基本的な使い方は?

ここからは、布団乾燥機の基本的な使い方を紹介しましょう。

・使用頻度

一般的に、布団を干す頻度は1週間に1回~2回だそう。外に布団を干すように、布団乾燥機を使う場合も週に1回以上使用するとよいでしょう。
梅雨の湿った時期や夏の汗をかく時期には、週に2~3回程度は使用した方が確実です。「湿ったかな」と思ったタイミングですぐに乾燥機をかけて◎
布団乾燥機によっては、冬モードや夏モードといった設定があるものも。夏モードは通常の乾燥に加えて、送風仕上げでクールダウンしてくれます。季節に合わせて使い分けてみてくださいね。

・使用時間

布団乾燥機の使用時間は、シングルサイズの布団で40~60分です。セミダブルの布団なら90分、ダブルの布団なら120分が目安です。布団乾燥機によっては、速乾、速暖を可能にするターボモードが搭載されているものもありますよ。

・ダニ退治をするなら何分?

布団乾燥機には、ダニモードが搭載されているものもあります。ダニモードでは、100分間約65℃で高温風運転を行います。ダニモードがない場合は60℃以上に設定して、120分ほど運転すると◎
布団乾燥機で片面を温めたら、なるべく時間を空けずにもう片面も温めましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]