出典:@ mamakhrさん

Lifestyle

ベランダに雨よけをつけると便利!賃貸でもOKの雨よけアイテム&アイデア

ベランダのひさし部分が小さい、またはない場合、雨が降ったら洗濯物が台無しになっちゃいますよね。そのお悩み、雨よけをつけることで解決します。
とはいえ、持ち家ならサンルームを設置など大がかりなリフォームも可能ですが、賃貸の場合だとそうはいきませんよね。でも大丈夫、賃貸でもできるアイテムがあるんです。

『コーナン』や『CAINZ(カインズ)』を始めとしたホームセンターで購入できるもので、雨よけを作ることも可能。今回はベランダ用の雨よけアイテムや、賃貸でもできるアイデアをご紹介します。

■ベランダの雨よけの選び方

出典:@ mamakhrさん

ベランダの雨よけの種類は主に、「カーテンタイプ」「シートタイプ」「シェードタイプ」「洗濯カバー」「オーニングつっぱりタイプ」の5タイプ。

・カーテンタイプ&シートタイプ

出典:photoAC ※写真はイメージです

撥水性のカーテンを物干しフックに通して設置するタイプです。手間がかからずすぐに設置できるので、手軽に雨よけをつけたい人におすすめです。

・シェードタイプ

出典:photoAC ※写真はイメージです

シェードタイプは、シートを斜めにかけたタイプ。デザイン性が高いものが多いので、おしゃれな雨よけを探している人にぴったりです。

・洗濯カバータイプ

洗濯物だけを包んでカバーするタイプ。洗濯物の保護に優れていますが、ベランダ全体の雨よけにはなりません。またインテリア性、日よけとしての機能もほとんどないので、洗濯物だけを保護したい人向きです。

・オーニングつっぱりタイプ

出典:Pixabay ※写真はイメージです

オーニング(Awning)とは、日よけ・雨よけのこと。エクステリアでは建物の外にあり、開閉できるタイプの日よけのことをオーニングと差します。支柱がつっぱり棒タイプのオーニングなら、賃貸でも設置が可能です。
ロープやフックをひっかける場所がないベランダに、雨よけを設置したい場合におすすめです。

■おすすめのベランダの雨よけ<カーテン・シートタイプ>

出典:photoAC ※写真はイメージです

カーテン・シートタイプには「クリアタイプ」「透明糸入りクリアタイプ」「じゃばらタイプ」などがあります。
おすすめはUVカット機能がついたもの。ベランダの広い範囲を覆うので、室内に入る紫外線をカットしてくれます。また洗濯物の色褪せ防止にも有効です。

『萩原工業』の「UVクリアシート(透明糸入シート)」はUVカット機能つきの雨よけシート。透明糸が入っているので強度もあり、汚れがつきにくい加工がしてあるので透明感も長持ちします。
『ユタカメイク』の「簡易間仕切りシート(UVカットタイプ)」はじゃばらタイプの雨よけシート。じゃばらタイプは折りたたむことができるので、使わないときはスリムに収納可能。上部に芯が入っているので、開閉がスムーズなのが特徴です。

■おすすめのベランダ 雨よけ<シェードタイプ>

出典:photoAC ※写真はイメージです

シェードタイプはシートを金具とひもで斜めに固定します。透明や半透明のものを選べば、日差しを遮らないので、ベランダや室内の明るさがキープ可能です。
インテリア性を求めるなら、撥水加工がしてあるサンシェードをチェックしみましょう。デザインもサイズも豊富なので、お気に入りの一枚を見つけることができますよ。

『STYLE DART(スタイルダート)』の「Ultra+SS ウルトラサンシェード」は生地の編み立てから染色、縫製に至るまですべて福井県で行われている国産の耐水性サンシェード。傘よりも強い耐水性で洗濯物を雨から守ります。

■おすすめのベランダ 雨よけ<洗濯物カバー>

出典:photoAC ※写真はイメージです

洗濯物だけをカバーしてくれるタイプの雨よけには、テント型とシート型の2タイプがあります。

『Forall(フォーラル)』の「洗濯日和ネクスト」はテント型の洗濯物カバー。三方を囲んでいるので雨だけでなく、花粉やPM2.5からも洗濯物を守ります。

『池田設計企画』の「マジカルカバー」は、洗濯物の上からかぶせるシートタイプの洗濯物カバー。湿度を逃がす仕組みになっているので、蒸れずに洗濯物を乾かすことができます。手軽に洗濯物だけを保護できる雨よけです。

■おすすめのベランダ 雨よけ<オーニングつっぱりタイプ>

ベランダに屋根やひさしがある場合は、つっぱりタイプのオーニングの設置ができます。
2本のつっぱり棒を支柱にし、オーニングを広げるタイプの雨よけです。
コーナンやカインズといったホームセンターでも取り扱いがありますし、「Amazon」「楽天市場」といったネットショップでも購入することが可能です。物干し竿がついたタイプや、設置したままオーニング部分を巻き上げられるタイプのものもあります。

■100均のベランダ雨よけグッズ

出典:photoAC ※写真はイメージです

100均にあるものでベランダの雨よけを作ることもできます。
シャワーカーテンを物干し竿に通せば、カーテン・シートタイプの雨よけが完成です。色もカラフルなものが多いので、選ぶ楽しさもありますね。

出典:かわいくて使えるセリアのレジャーシートは超優秀!意外なお手入れ方法公開

『Seria(セリア)』のレジャーシートは薄くて軽いのに撥水性が抜群なので、カーテン・シートタイプとしても洗濯物カバーとしても使えて便利です。

100均では物足りない、という場合は『ニトリ』のシャワーカーテンやレジャーシートをチェックしてみても。

■ベランダの雨よけのDIYアイデア

シートやサンシェード一枚だけでは物足りない、狭い、という場合はアルミパイプを組んで支柱とし、屋根部分にポリカーボネートのパネルを貼りつけると、本格的な雨よけをDIYで作ることが可能です。
ポリカーボネートの板はホームセンターに頼めば希望のサイズにカットしてもらえます。
アルミパイプのかわりに木材を使ってもOKです。

■ベランダに雨よけ用の屋根を後づけする方法

出典:photoAC ※写真はイメージです

ベランダに雨よけを設置するための屋根がなく、どうしても雨よけを設置したい場合は、リフォーム業者に依頼してサンルーフを後づけで設置してもらうこともできます。
ベランダ部分や建物本体に穴をあけて金具で固定するようになるので、賃貸物件ではできません。

■賃貸のベランダに雨よけを設置する際の注意点

出典:photoAC ※写真はイメージです

賃貸のベランダに雨よけを設置する際は、台風や強風に気をつけましょう。強風にあおられて自分の部屋のベランダや壁、窓ガラスを傷つける可能性があります。また強風で外れた雨よけがほかの建物を傷つけるおそれも高いので、風が強くなりそうな日は片づけることを忘れずに。

■ベランダに雨よけをつけて洗濯物を守ろう

出典:@ mamakhrさん

ベランダの雨よけについてご紹介しました。雨よけがあれば、洗濯物が雨に濡れてしまうリスクをぐっと減らせます。住まいに合わせた雨よけを設置して、雨から洗濯物とベランダを守ってくださいね。

haduki

おしゃれなインテリアが大好きです。よろしくお願いします。
【Instagram】haduki_maidoari
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]