出典:@matsu_kachiさん

Lifestyle

加湿器はペットボトルと100円グッズで自作!これで乾燥も怖くない

冬が近くなると空気が乾燥してきて喉がイガイガしたり、肌がカサカサしたり…。部屋で快適に過ごすには部屋の温度だけでなく湿度も適切に保ちたいですね。
加湿をするには加湿器が必要!と思ってしまいがちですが、加湿器の値段はピンキリで、どれがいいか迷ってしまうのでは?そこで加湿器を買うよりも手軽に加湿がしたい!という人のために手作り加湿器の作り方をまとめました。

簡単にできる手作りの加湿器をさっそく作ってみませんか?親子でいっしょに作ってみるのもおすすめです!

■そもそも加湿って何のためにするの?

加湿がなぜ必要かを知っておくと、今後も役に立つこと間違いなし!

・知らなかった人も多いのでは?加湿の重要性

出典:@ yagigigi1234さん

部屋を加湿することでインフルエンザなどのウィルスの活性化を抑える効果があると知っていますか?ウィルスは乾燥した場所が大好きで、あちこちに飛散する性質があるんです。
冬は体も冷え、運動不足になりがちなので、風邪をひきやすい要因がそろっています。特にエアコンを使用する部屋では空気が乾燥しやすいので適切な湿度を保つことが大切です。
病院では当たり前のように加湿器が置かれているのも納得ですね。加湿器には空気清浄機能がついたものや、USB給電式で卓上で使えるものなど、たくさんの種類が販売されています。
ニトリでお手軽価格の加湿器をゲットするのも、『LOFT(ロフト)』などの雑貨を取り扱っているお店で、かわいい形のおもしろ加湿器などを探すのも楽しそうですね。ダイソーではペットボトルに取りつけるだけで使えるタイプのものもありますよ。

・乾燥しているとこんなにもデメリットが!


空気が乾燥していると、肌がカサついて調子が悪くなるだけでなく、ウィルスが活性化し、風邪をひくきっかけにもなってしまいます。小さな子どもがいる家庭では積極的に加湿をしていきたいですね。
加湿をすることで部屋の湿度が上がり、体感温度も少し上がるのでエアコンなどの消費電力の節約にもなりますよ。寒い冬こそ加湿が必要ですが、加湿をしすぎると、カビやダニの発生の原因になってしまいます。
湿度は40~70%を目安に加湿をするといいでしょう。

■目からウロコ!ペットボトルを使った加湿の方法

出典:筆者撮影

加湿器は電気代もかかるし、大きいものは給水タンクの扱い方が難しく、取りつけるときに水がこぼれてしまう…という経験をしたことがある人もいるのでは?機能が多いほど細かい部品が付属されていて、それぞれの部品の洗い方が面倒に感じることも。
加湿器の給水タンクは掃除をしないとカビや汚れの原因になりますが、水を入れたペットボトルをセットするだけで使うことができるタイプも販売されています。汚れが気になったらペットボトルを交換すればいいので衛生的ですね。
そのほかに電気代ゼロ、掃除いらずといいことだらけな手作りの加湿器があることを知っていますか?「ヒルナンデス」などの情報番組でも紹介された手作り加湿器はペットボトルと家にあるものや、簡単に手に入る100円グッズで作れますよ。
ハンドメイド好きな人はぜひ作ってみてくださいね!

・ペットボトルの手作り加湿器を作るときのおすすめの道具

出典:@ matsu_kachiさん

ペットボトル、はさみ、マスキングテープが基本の道具です。

出典:@ matsu_kachiさん

その他は、吸水フィルターとして使うコーヒーフィルターやフェルトを用意するだけです。

・ペットボトルの手作り加湿器の作り方

出典:@ matsu_kachiさん

まずは、ペットボトルを半分ぐらいのサイズに切ります。ペットボトルは先の曲がったはさみを使うと切りやすいので便利です。切り口はケガをしやすいので、マスキングテープで補強しておくといいですね。

出典:@ matsu_kachiさん

コ―ヒーフィルターのくっついている部分を切り落とします。

出典:@ matsu_kachiさん

次に写真のように蛇腹に折りたたみます。

出典:@ matsu_kachiさん

そして先を丸く切ります。少し切り込みを深くすると花びらがきれいに開きますよ。ここが自分流のアレンジができるのでお好みの花びらの形にしてOK。

出典:@ matsu_kachiさん

切ったものを開いて巻いたものを何枚も重ねればできあがり。8枚ほど重ねればボリュームのあるお花が完成します☆最後にペットボトルに適量の水を注いで、コーヒーフィルターを入れるだけです。

・お花みたいでかわいい!フェルトで作る手作り加湿器

出典:@matsu_kachiさん

コーヒーフィルターは他のもので代用することも可能です。アンティーク風の雰囲気が出るコーヒーフィルターとは対照的にカラフルなフェルトを使ってみるとまた違う雰囲気に☆お部屋のインテリアに合わせて好きなカラーで作りたいですね。

出典:@matsu_kachiさん

作り方は、フェルトを適当な大きさに切り、折りたたんだ部分に切り込みを入れるだけ。

出典:@matsu_kachiさん

くるくると巻けばとってもかわいいお花のようになります!ボリュームが少ない場合は2枚重ねるとよりかわいく仕上がりますよ。フェルトの方がコーヒーフィルターより吸水が遅く、紙よりもしっかりしているので、長持ちするかもしれません。
水の容器がペットボトルでは不安定で気になる人は、お気に入りのガラスコップなどを使うともっと素敵ですね。場所をとらずにどこにでも置けるので、フィルターの予備をたくさん作っておくといいかも。

・こんな簡単に作れるのに実際に効果はあるの?


実際に湿度計の横に、この手作り加湿器を置いて2時間ほど待つと、湿度が20%もアップしたとの声も。水が乾ききるには約2週間かかり、そのころにはフィルターの先に少し汚れが溜まってきます。
カラカラになったら水とフィルターを交換すると衛生的ですね。

Recommend

【監修記事】がんばるママたちが、自分自身の体を知る場所。 “W Femina Clinic”って?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]