Beauty

【今月のカバーガール】−23kgに成功!産後太りを解消したダイエット術

月替わりで、WEBサイト「mamagirl」のトップを飾る、【Cover mamagirl(カバーママガール)】企画。12月は7歳の男の子のママで『MOUSSY(マウジー)』オフィシャルスタッフの田中梨花(たなか りか)さんを4回に渡り大特集! 第3回は、梨花さん愛用のスキンケアアイテムや乾燥対策をインタビュー。また、妊娠中に23kg増量したという梨花さんに産後のダイエット法についても伺いました!


■肌が乾燥しやすいので、入念にスキンケア!保湿がとにかく大事!!

皮ふが薄くキメ細かいお肌が印象的だった梨花さんですが、実はガサガサ肌だった時代もあるそう。

「20代前半まではスキンケアを全く重視していなくて、その頃はガサガサな肌が普通の状態。吹き出物や肌荒れもひどくて、自分の肌はそういうものなんだと思っていました」

お肌の転機は23歳。
「もっと肌に気を使わないと将来シワシワになるよ!」という先輩のアドバイスを受けて、お手入れと向き合ったのがキッカケ。試しにキールズの基礎化粧品を使い始めたところ、肌の状態が劇的に改善!!
以来基礎化粧品はキールズひとすじなんだとか!

「良いなと思ったらあまりあれこれ試さず、合わなくなるまで同じ物や同じメーカーのものを使い続けるほうなんです。なので、ずっ~とキールズを使い続けています。コスメに関しては、最近セルヴォークがお気に入りです♡」

皮ふの薄さゆえに乾燥には悩まされがち。特に空気が乾燥する冬場は、スキンケアも入念に!
「元々肌が水分をキープする力が弱いのか……、手を抜くとカサカサになりがち。メイクをする前と寝る前はしっかりスチーマーを当てて、保湿をした後にはオイルでフタをします。日中も乾きそうな気配を感じたらメイクの上から保湿用ミストが欠かせません。夜は、お風呂でシートマスクをつけてケアしています」

肌に元気がないときや肌トラブルがあったときの応急処置として、愛用しているのはLUSHのフレッシュフェイスマスク『乙女の戦士』。

「荒れた状態の肌を中から整えてくれる感覚で、これでパックをするとすごく治りが早くなるんです」


■お風呂での美脚マッサージが日課です!

店頭に立つショップスタッフは、いわばブランドの看板。服を素敵に見せるためにはスタイルの良さもきっと大切。体型維持のためにどんなことをしているか気になります。

「運動のための時間はなかなか取れないのですが、私の場合じっとしていられないタイプで(笑)。家にいても掃除や家事と、何かしらをずっとしているので自然とカロリー消費ができているような気がします。ただ黙々と作業するのではなく、踊りながら掃除をしたり歌いながら料理をしたりと、ムダな動きも多いので(笑)。それに、ショップスタッフは基本立ち仕事ですし、表から見えない部分では駆け回ったりしているし、段ボールも運ぶので意外と体力仕事なんです。特別なことをしなくても、割と日常で運動ができている気がします。」

「食べることが幸せなので基本的に食事制限はしない」という梨花さんですが、職業意識から自制できている部分もあるそう。
「“服をキレイに着るのも仕事”という意識が常にあるので、食べる物や食べる量などは無意識のうちに自制はできているのかも。だから逆に仕事をやめたら一気に太っちゃうかもしれないですね(笑)」

そして、意識的に取り入れているのがジーンズをスタイル良く履くための脚のマッサージ。
「太ももの外側にお肉がつくとジーンズが格好良く履けないんです。なので、セルライトがつかないように、湯船の中で5分くらい無心でゴリゴリ揉みほぐすのが日課。本当はエステに行きたいんですけど時間がとれないので。日々マメにセルフケアしています」


■鏡の前で入らないジーンズを無理やり履いて現実を直視!

職業意識とこまめなカロリー消費でスタイルをキープしている梨花さんですが、妊娠中には23kg増量した過去も……。
「元がヤセ気味なので、『もっと太らないと丈夫な赤ちゃん産めないよ』と周りに言われて一生懸命食べているうちに、気づけば23kg増!お医者さんにも『これはさすがにマズイですね』と言われるくらいまで太ってしまって(笑)」

出産後、改めて鏡を見てガクゼンとしたそう。
「下半身がパンパンでおしりなんて、まるでサイのおしり(笑)。この体型がデフォルトになったら『MOUSSY』には戻れない!太っている場合じゃない!と危機感を感じてそこで一念発起しました」

その際、意識を高めるのにとても役立ったのが、「妊娠前には履けたサイズのジーンズを買ってきてあえて毎日鏡の前でむりやり履く」という方法。
「3サイズは上がっていたので、そりゃあもうヒドイものでしたけど、『ヒドイ!』って現実を直視することで暴走していた食欲も落ち着きました。母乳だったということを考慮しても、食事量が適量になったのは大きかったですね。あとは家の中で歌ったり踊ったり、掃除や家事を全力でやって動き回っているうちに元の体型に戻ることができました♡」

「いくつになってもジーンズが似合う人」が梨花さんの人生の目標。
エステやジムに行く時間がなくても、“毎日の生活の中でできること”を探して体型も美肌もキープしています!


■今週のCover mamagirlのコーディネートをチェック!

レザー、ブラック、ゆるっとラグジュアリーなワンピースなど、ブランドのイメージを表現した王道の『MOUSSY』コーデをスタイリング!

・ザ・『MOUSSY』なハイカジュアルコーデ☆

アウター ¥16,800、ワンピース ¥7,980、シューズ ¥12,800(2020年1月発売予定)/以上すべてMOUSSY(価格は税抜き) ※イヤリングは参考商品となります。

メインは、冬の定番リブニットのロング丈ワンピース。ウエストからさりげなくフレアなシルエットになっているので体型カバーも叶います。
アウターは、今季トレンドのオーバーサイズシルエットのライダース。中がボアになっているのも今っぽいポイント。ライダースは、ロングワンピと合わせて女性らしく着る以外にも、レースや花柄、柄物アイテムとの相性も良好。かわいすぎず大人っぽい雰囲気でコーディネートできます。

足元はウッドヒールが抜け感を演出するバックジップのショートブーツですが、スニーカーと合わせてカジュアルダウンするのもGood!
手持ちのロングブーツと合わせても今季っぽいスタイリングになりますよ♡



■今週のビューティポイントをチェック!

使うカラーは最小限。シェーディングで立体感を出した強めで大人っぽい、ドレスアップメイクをレクチャー!

ベースメイクはしっかりめ。スキンスムーザー、コントロールカラー、リキッドファンデを重ねたあとにシェーディング。あとからぼかすので、塗るときはしっかり発色するスティックタイプのシェードを使用して、頬骨の下、エラ、フェイスラインの陰になる部分にひと塗り。指でなじませたあをスポンジでトントンして境目ぼかすとやりすぎ感なく自然な小顔に!

目元には、色を使わず肌になじむベージュのアイシャドーを上下のまぶたにオン。アイラインは、キワを埋めたあと目の形にそって目尻長めに延長。黒やブラウンだと少し強いので服のカラーと合わせたカーキで抜け感を出しています。リップはピンクブラウン。ブラウンが入ったピンクはカーキとも相性がいいのでオススメです。真ん中に塗った後、指でぽんぽんとして輪郭をぼかすとこなれて見えます。

ヘアのベースは26mmのコテで細かめのMIX巻き。パサっと軽く仕上がるオイルを全体になじませてツヤとボリュームを出したら、分け目を深くとってかきあげヘアに。ドライヤーで根元に熱を加えると立ち上がりのふわっと感が長持ちします!


【次週予告】働くママ必見! 心にゆとりをつくるための時短術とは?

「子どもが小学生になって、子育ての大変さの質が変わってきた」と語る梨花さんに、子どもの心に寄り添う育児についてインタビュー! 
仕事・家事・育児を両立するための上手な時間の使い方についてもお話を伺いました。次週、最終回もお楽しみに!

▽田中梨花さんのインスタグラムも合わせてチェック♡
natorika

カメラマン/齊藤僚子
スタイリスト/真鍋かんな
ヘアメイク/中山芽美
取材・文/ささきみどり

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]