出典:筆者撮影

Lifestyle

ウインナーはレンジで調理する時代!?今すぐ使える時短&簡単レシピ9選

子どもから大人まで大好きなウインナー。朝食やお弁当のおかず、おつまみにまで使える便利な食材です。フライパンで焼いたり茹でたりする調理法が一般的ですが、電子レンジでも調理できるって知っていますか?早速、ウインナーのレンジ調理についてご紹介していきますね。

ウインナ―の調理にレンジを使うと、無駄な作業が減り時短にもなるんです。忙しい朝には特にうれしいですよね!今回は、食に関わり、カフェでレシピ提案の経験を持つライターhinatakaが、ウインナ―のレンジ調理について徹底解説していきます。
誰でも即実践できる"ウインナー×レンジ"の簡単レシピも必見ですよ!

■ウィンナーはレンジ調理が便利!ポイントは?

ウインナーはレンジ調理が便利ですが、注意する点もあります。ここではウインナーをレンジ調理するときの注意点を見ていきましょう。

・ウインナーってレンジ調理していいの?

出典:photoAC

以前は、レンジで加熱するとウインナーが破裂してしまう可能性があるという理由で、ウインナーのレンジ調理をすすめないメーカーもありました。『日本ハム』の「シャウエッセン」もレンジの使用を禁止していましたが、加熱時間さえ気をつければ破裂しないことがわかり、今ではレンジ調理を解禁しています。
レンジで加熱することにより、脂が閉じ込められボイルとはまた違ったおいしさに。最近では、袋のままレンジ加熱できるものも販売されているようですが、商品によってはレンジの加熱を推奨していないものもあるので、それぞれの品質表示をしっかり確認しておきましょう。

・レンジで加熱するなら何ワットで何分?

出典:photoAC

先ほどもご紹介したシャウエッセンの加熱時間を参考にしてみましょう。ウインナーを袋から取り出し、お皿に移してラップをかけ、以下の時間を目安に加熱します。

<加熱時間の目安>
*ウインナー3本の場合
500W:約30秒
600W:約20秒

*ウインナー6本の場合
500W:約60秒
600W:約40秒

あくまでも目安時間なので、レンジの機種やウインナ―の種類によって多少時間が変わる場合があります。加熱が不十分の場合は、10秒ずつ追加しながら様子を見てくださいね。

・パリパリウインナーになるレンチンの方法

出典:photoAC

パリパリの食感のウインナーが好きな人も多いはず!そんな人には、少し長めの1分ほどチンすると表面がパリパリになりおすすめです。加熱するときはウインナーが破裂する場合があるので、加熱する前にウインナーに竹串などで数カ所穴を開けておくと破裂を防ぐことができますよ。


・水を入れたマグカップでボイルすることも可能

出典:筆者撮影

プリっとした食感を楽しみたいなら、マグカップを使ったボイル方法に挑戦してみましょう。手順は簡単!マグカップにウインナーを数本入れ、ウインナーが浸る程度の水を入れます。あとは、600Wのレンジで1分30秒チンするだけ。
お湯がしっかりと温まり、ウインナーに張りが出ていればOKです。ウインナ―の本数次第では、水が温まるのに時間がかかるため、加熱が足りない場合は、20~30秒ずつ追加してみてください。


・チーズ入りウインナーでも大丈夫?


チーズ入りのウインナーは、ちょっと贅沢な味わいで人気ですよね。チーズ入りのウインナーをレンジで加熱すると、破裂して中のチーズが出てしまうことがあるので、通常のウインナーよりも短い加熱時間に設定し、様子を見ながら行いましょう。

■ウィンナーはレンジを使った簡単レシピで時短に!

ここではレンジを使ったウインナーの簡単レシピをご紹介します。

・ほっこり温まりたい朝には簡単ポトフ

出典:photoAC ※写真はイメージです

<材料>2人分
ウインナー:4本
キャベツ:2枚(100g)
にんじん:20g
玉ねぎ:40g
じゃがいも:1個(100g)
ブロッコリー:20g
水:1と1/2カップ
顆粒コンソメ:小さじ2杯
ブラックペッパー(お好みで):少々

<作り方>
1.ウインナー、キャベツ、にんじん、玉ねぎ、じゃがいもを食べやすい大きさにカットします。
2.耐熱容器に、にんじん、じゃがいもを入れ、ラップをせず600Wのレンジで約2分加熱します。
3.じゃがいもに火が通ったら、キャベツ、玉ねぎ、ウインナー、ブロッコリー、水、コンソメを加えてふんわりラップをし、さらに2分加熱しましょう。(加熱時間が足りない場合は追加加熱)
4.容器に移し、お好みでブラックペッパーをかければ完成です。

野菜たっぷりのポトフがレンジでチンするだけでできちゃいます!栄養満点で忙しい朝にもぴったりですね。

・朝にぴったりの時短メニュー!お食事向けフレンチトースト

出典:筆者撮影

<材料>2人分
食パン(6枚切り):1枚
ウインナ―:4本
ピザ用チーズ:30g
卵:1個
牛乳:150ml
バター:5g
塩:ひとつまみ
ブラックペッパー:少々

<作り方>
1.食パンは半分に切ります。切った食パンが包める大きさのオーブンシートを2枚用意し、それぞれ両端をねじってボート型にします。
2.ボウルに卵、牛乳、塩、バター入れて混ぜ、1の食パン両面をしっかりと浸します。
3.2の食パンを1のボート型に入れ、レンジ500Wで1分30秒加熱し取り出します。
4.1枚につき、ウインナー2本とピザ用チーズの半量をのせ、さらにレンジで30秒~チーズが溶けるまで加熱しましょう。
5.取り出したらお好みでブラックペッパーをかけてできあがりです。

材料がシンプルなうえに、混ぜて浸してレンチンするだけなので、忙しい朝でも手軽に作れますよ!

・お弁当におすすめ☆ウインナーの飾り切りがレンジで簡単に!


忙しい朝のお弁当作りの時間。ウインナーの飾り切りは、フライパンでも簡単にできますが、レンジに任せてパパっと作っちゃいましょう!


<タコさんウインナー>
 

出典:photoAC ※写真はイメージです

お弁当の定番おかずでもあるタコさんウインナー。半分に切ったウインナーに十字に切り込みを入れ、耐熱容器に移して600Wで約1分加熱し、足が開いたら完成です。


<カニさんウインナー>

 

出典:筆者撮影

ウインナ―を縦半分に切ります。それぞれ、両端に包丁で3本切り込みを入れ、カニの脚を作りましょう。ウインナ―の上辺に、目になる部分の切り込みを入れたら、耐熱皿に移し、600Wで1分30秒加熱してください。
あっという間に、横歩きがかわいいカニさんウインナ―ができあがります。目の部分には黒ゴマなどで目を作ってあげると、より完成度が増しますよ!


・じゃがいもとウインナーは相性抜群!ジャーマンポテト

出典:photoAC ※画像はイメージです

<材料>2人分
ウインナー:4本
じゃがいも:2個(200g)
玉ねぎ:1/2個
顆粒コンソメ:大さじ1/2杯
有塩バター:10g
乾燥パセリ:少々

<作り方>
1.じゃがいもは芽を取り、皮をむいて食べやすい大きさに切ります。玉ねぎは薄切り、ウインナーは斜めに切ります。
2.耐熱容器に1とコンソメを入れてサッと混ぜ合わせます。
3.2にふんわりラップをかけて600Wで8分程度加熱します。
4.じゃがいもがやわらかくなったら、熱いうちに有塩バターを加えて混ぜ合わせます。
5.全体に味がなじんだらお皿に盛りつけ乾燥パセリをのせて完成です。

簡単にできるレシピなのでもう1品おかずが欲しいときにおすすめです。


・ホクホクしたじゃがいもとチーズがおいしいホットポテトサラダ

出典:photoAC ※画像はイメージです

<材料>2人分
ウインナー:3本
じゃがいも:2個(200g)
ピザ用チーズ:適量
パセリ:大さじ1杯
マヨネーズ:大さじ2杯
下味(塩・砂糖・酢・こしょう):少々

<作り方>
1.じゃがいもを皮つきのまま洗い、ラップをして600Wのレンジで約5分加熱します。
2.加熱後、じゃがいもを水につけて粗熱を取り、皮をむいて一口に切ります。ウインナーは斜めに切っておきます。
3.じゃがいも、ウインナー、ピザ用チーズ、パセリ、下味の材料を耐熱容器に入れてラップをし、600Wのレンジで1~2分加熱します。
4.マヨネーズを混ぜたら完成です。

サラダの定番、ポテトサラダも一気にレンチンするだけで、簡単に作ることができますよ。


・フライパン不要!和えるだけのナポリタンパスタ

出典:筆者撮影

<材料>1人分
パスタ:100g
ウインナ―:2本
玉ねぎ:1/2個
ピーマン:1/2個
顆粒コンソメ:小さじ1杯
有塩バター:10g
にんにく(すりおろし):小さじ1/2杯分
水:250ml
ケチャップ:大さじ3杯
塩こしょう:少々

<作り方>
1.玉ねぎ、ピーマンは薄切り、ウインナーは斜め切りにします。にんにくはすりおろしておきます。
2.パスタは真ん中で折って半分の長さにします。
3.耐熱ボウルに1と2の材料、顆粒コンソメ、有塩バター、水を入れ、ラップをかけて600Wのレンジで12分加熱します。
4.加熱途中で2~3回レンジから取り出し、全体をよく混ぜましょう。
5.加熱し終わったら取り出して、ケチャップと塩コショウを加えてよく混ぜ、お皿に盛りつけたら完成です。

レンジから取り出して混ぜる際、パスタの麺同士がくっつかないようその都度ほぐしながら混ぜましょう。


・おかずにもおつまみにも合う!ウインナ―とキャベツのレンジ蒸し

出典:筆者撮影

<材料>2人分
ウインナ―:50g
キャベツ:3枚(150g)
にんじん:50g
顆粒コンソメ:小さじ1/2杯
有塩バター:10g
白ワイン:小さじ1杯
レモン汁:小さじ1杯
塩こしょう:適量

<作り方>
1.にんじんは短冊切りに、キャベツは大きめのざく切り、ウインナーは斜め切りにして耐熱容器に入れます。
2.顆粒コンソメ、有塩バター、白ワイン、レモン汁を加え、ラップしてレンジ600Wで3分加熱します。
3.全体を混ぜたら塩こしょうで調味します。

ウインナ―の味が染み込んだ蒸し野菜は、おいしいこと間違いなし!旬の野菜を使ってアレンジでき、おかずにもおつまみにも使えるメニューです。
 

・ビールやワインのおつまみに☆ウインナ―とカラフル野菜のチーズマリネ


<材料>2人分
ウインナ―:100g
パプリカ:1/2個
玉ねぎ:1/4個(50g)
粒マスタード:大さじ1杯
オリーブオイル:大さじ2杯
レモン汁:小さじ2杯
カッテージチーズ:40g

<作り方>
1.ウインナーは斜め切りにし、耐熱容器に入れて浸かる程度の水を加え、600Wのレンジで2分加熱します。パプリカは1cm弱の角切りにしておきます。
2.みじん切りにした玉ねぎと粒マスタード、オリーブオイル、レモン汁、カッテージチーズを混ぜ合わせ、マリネ液を作ります。
3.マリネ液に、加熱して取り出したウインナーとパプリカを加えて混ぜ合わせ、器に盛りつけて完成です。

粒マスタードのピリッとした辛味とレモンの酸味で、大人向けの味わいに。パプリカがなければ、お好みの野菜で試してみてくださいね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]