出典:@dressdoreさん

Fashion

ドレスのインナーにもこだわって!細かいポイントで女子力アップ

結婚式などにお呼ばれしたときは、ゲストもドレスを着るのがマナー。ドレスのマナーを守ることはもちろんですが、普段着ないドレスを着ることで、いつもより気分が上がるだけでなく、おしゃれにも磨きをかけるチャンスです。そんなときに下着の線が出ていたり、ボディラインがだらしないと台無しですよね。今回はドレスを着るときの正しいインナー選びのポイントとおすすめインナーをご紹介!

今までにドレスのインナーにこだわったことありますか?持っているドレスに合うインナーを知っておくと今後の結婚式のお呼ばれも安心ですよ。

■結婚式のドレスのインナートラブルを3つに分けてチェック!

出典:photoAC

1.透ける

ドレスにはさまざまな素材が使われていますが、華やかに見せるために裾や胸元などの一部だけにレースが使われているものも多いですよね。油断していると、そのレース地の部分から肌や下着が透けてしまうことがあります。背中側は自分では気づきにくいので、ドレスアップをしたときは他の人に前後からチェックしてもらうといいでしょう。

2.下着が見える

袖ありのドレスだから普段の下着で大丈夫と思っていませんか?子ども連れで参加し、子どもの世話でドレスが乱れてしまう場合も。その際に袖口から下着のストラップが出てしまったり、スカートがめくれてしまったりなど予期せぬことで下着が見えてしまうことがあります。ドレスを着た状態でいろいろな姿勢をとってみて、どの角度からも下着が見えないように細心の注意を忘れずに!

3.ボディラインが出る

ドレスはボディラインが出るピッタリとしたデザインが多いですよね。ゆるっとしたデザインやオーバーサイズのファッションが流行すると自分のスタイルを気にしない人も多いのでは?久しぶりにドレスを着るとパツパツでシルエットが残念になってしまうことも…そのときの救世主ともいえるものが補正効果のあるインナーです!

■結婚式のドレス用インナーの選び方<ドレスの形に合わせる>

出典:photoAC

インナー選びの一番大事なことは、ドレスの形に合ったインナーを用意することです。インナーは透けさせない、見えないことが重要なので、ドレスを着ると肩や背中が出るか出ないか、胸元がどれくらい開いているかをチェックしましょう。肩ストラップが着脱できる2wayタイプのものや、「ヌーブラ」などの胸に貼りつけて使うものも便利です。

Recommend

【医師監修】産後ママを悩ませるシミや肝斑。効果的な施術メニューとは?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]