出典:ユニクロマフラー、ヒートテック・スフレヤーン・カシミアの質と特徴を比較

Fashion

カシミヤマフラーは最強!お手入れ方法も合わせてチェックしよう

■カシミヤマフラーのデメリットってどんなものがある?

出典:photoAC 

メリットがあればデメリットもあります。しかし、デメリットを理解しておけば対処も可能!ここでは、カシミヤマフラーのデメリットをチェックしていきます。

・カシミヤは毛玉ができやすい


カシミヤの繊維にはキューティクルがあり、その中には突起となっているものもあります。そのため繊維同士がこすれて摩擦を起こすと繊維同士がからみ、毛玉ができやすくなるのが特徴。

・食べこぼしには注意!カシミヤは水に弱い


カシミヤは撥水性に乏しいので、水に弱い傾向にあります。そのため、飲み物をこぼしたり食べ物をこぼしたりするとシミになってしまうことがあるでしょう。カシミヤはデリケートな素材といえます。

・虫食いのリスクがある


カシミヤはカシミヤ山羊の毛が原料となっていることもあり、虫食いのリスクが高いです。虫は洗濯物についてきたり、窓を開けた隙に入ってくることも。そんなとき動物性繊維のカシミヤは、虫にとって栄養のあるおいしい食べ物になってしまうのです。

・変色しやすい性質がある


カシミヤは撥水性に乏しいこともあり、水分をそのままにしてしまうと吸水してしまいます。吸水によってその部分がシミになり変色してしまうでしょう。またマフラーであれば首に巻くので、皮脂がつきやすいです。皮脂汚れをそのままにしておくと、酸化が進み皮脂汚れとして変色してしまいます。

■カシミヤマフラーの値段はいくらくらいなの?

カシミヤマフラーといっても値段はさまざま。価格帯はどうなっているのでしょうか、またどうして価格に差があるのでしょうか?

・カシミヤマフラーの価格帯を調査


カシミヤは繊維の宝石と呼ばれるほど希少価値のある素材。そのため、カシミヤ100%のマフラーの価格は高くなりがちです。しかし同じカシミヤ100%でも、価格に幅があります。カシミヤマフラーの相場をチェックすると、3,000円から10,000円台といったところでしょう。ただ、ブランドのマフラーだったりするともっと高価になります。

・価格に差があるのはどうして?


カシミヤの質によって、同じカシミヤ100%であっても価格に差が出ます。カシミヤはカシミヤ山羊の産毛から採りますが、繊維が細く長いものが質の高いカシミヤとなり、不純物が入っていないかなども審査されるのです。
またカシミヤには色がありますが、染色しやすいホワイトカシミヤが最も価値があるとされています。こういったことを総合して価格に差が生まれてくるのです。

■カシミヤマフラーのおすすめをチェックしよう

出典:photoAC ※写真はイメージです

おすすめのカシミヤマフラーを紹介していきます。

・びっくり価格のユニクロカシミヤマフラー

出典:ユニクロマフラー、ヒートテック・スフレヤーン・カシミアの質と特徴を比較

『UNIQLO(ユニクロ)』のカシミヤマフラーは価格にびっくり。5,000円以下でカシミヤ100%のマフラーやストールが購入できます。セールのときであればもっと安い価格で買えるかもしれませんよ。

・生地にこだわる人はジョンストンズがおすすめ


スコットランドで誕生した『Johnstons(ジョンストンズ)』は、質の良いカシミヤにこだわり高い評価を受けています。シンプルなデザインのマフラーはもちろん、タータンチェックも人気。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]