出典:@puu326さん

Fashion

ピンクコートは大人も使える☆選ぶポイントとおすすめコーデ実例

ピンクのコートというとキュートなイメージなので、つい敬遠してしまう大人女子もいるのでは?けれど選び方やコーデに気をつければ、ピンクコートは大人でも着こなせる便利なアイテムなんです。失敗しないピンクコートの選び方や、ピンクコートを取り入れたおすすめコーデの実例をご紹介します!

おしゃれにピンクコートを着こなすには、どんなデザインのものを選ぶのが正解なのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

■次にアウターを買うならピンクコートを狙ってみては?!

出典:photoAC

冬のアウターは黒やグレーなどが多く、周囲とかぶってしまうことも少なくありませんよね。そこでおすすめなのが、ピンクのコート。まずはピンクコートの特徴について簡単にご説明しましょう。

・暗くなりがちなコーデのさし色に使える

出典:photoAC

秋冬のファッションは、黒や茶色、グレー、ネイビーなど濃い色味のアイテムを使うことが多く、コーデも暗くなりがち。そこでアウターにピンクコートを持ってくることで、さし色として使うことができます。

・ピンクには大人が着こなせる色味も多い

ピンクといっても色味はさまざま。ショッキングピンクなどあまりに奇抜な色だと痛い印象になってしまう場合もありますが、落ち着いたトーンのピンクであれば、大人でも素敵に着こなせます。

■大人にはどんな色やデザインのピンクコートがおすすめ?

それでは、大人が選ぶならどんなピンクコートが良いのでしょうか?

・くすみカラーなどの落ち着いた色がおすすめ


明るいピンクのかわいいコートも悪くはありませんが、一歩間違うとダサいと思われてしまうことも。
そこで30代・40代などの大人の女性にもおすすめなのが、2019年から引き続き流行っている、ダスティピンクやスモーキーピンクなど、いわゆるくすみカラーのコート。そのほか、赤味をおさえたピンクベージュのコートなどもおすすめです。

出典:@iku_mylifeさん

ダスティピンクやピンクベージュのような落ち着いた色味なら、大人の上品な雰囲気が出せるだけでなく、ほど良く男受けする女性らしさもプラスできます☆

・デザインはガーリーっぽさを抑えたものを

出典:@roseriver_nsさん

ピンクコートを選ぶ場合は、色味が女性らしいぶん、デザインはシンプルなものやメンズライクなものを選ぶのがおすすめです。ゆったりめのコートやチェスターコート、ノーカラーコートなどなら、全体のバランスが取れて◎。
逆に、レディースアイテムらしい、ボディラインが出るタイプのものや、ファーやリボンがついたものなどは、ガーリーっぽくなってしまうので避けたほうがいいかも。

■ピンクコートを取り入れたおすすめコーデ実例

ピンクコートを上手に取り入れた、おすすめのコーデ実例も見ておきましょう!

・スウェット×チェスターコートのシンプルコーデ

出典:@sayumikikunoさん

ダスティピンクのチェスターコートと、シンプルなスウェットファッションを組み合わせた@sayumikikunoさんのコーデ。コートの絶妙なピンクが、良いさし色になっていますね。ちなみにこちらのコートは、韓国系のプチプラファッションアイテムを扱う『Futier Land(フューティアランド)』でゲットしたそうです。

・デニム×チェスターコートの大人カジュアルコーデ

出典:@puu326さん

@puu326さんは、白のニット&デニムの定番スタイルに、ダスティピンクのチェスターコートをプラス。シンプルながら上品な印象を与える、大人のカジュアルスタイルですね。コートは、『GU(ジーユー)』の「ウールブレンドオーバーサイズチェスターコート」とのこと。

・カーブパンツ×ノーカラーコートのきれいめコーデ

出典:@roseriver_nsさん

白のハイネックニットとグレーのカーブパンツに、ゆったりめのノーカラーコートを合わせた@roseriver_nsさんのコーデ。オフィスにもぴったりのきれいめスタイルに仕上がっています。

・ワントーン×ロングコートのモテコーデ

出典:@saaaay_kさん

白のトップス×スカートのワントーンコーデに、ダスティピンクのロングコートを合わせた@saaaay_kさんのコーデ。落ち着いたコートの色味が、大人の女性らしくて素敵ですね♡洗練されているのにモテも狙える、上品な大人女子ファッションと言えるでしょう。

・マフラー×ノーカラーコートの暖か大人女子コーデ

出典:@sayumikikunoさん

@sayumikikunoさんのこちらのコーデは、淡いピンクのノーカラーコートにチェックのマフラーをプラス。足元も内側ボアのブーツで、寒さ対策にぬかりがありません。全身しっかり防寒しているのに、優しいピンクのコートで華やかさもプラスされた、大人女子スタイルになっています。

・ボウタイブラウス×ノーカラーコートのハンサムコーデ

出典:@yonnieinsさん

とろみのあるボウタイブラウス×デニムというハンサムスタイルに、ブラウスの色に近いピンクパープルのような色味のコートを合わせた@yonnieinsさんのコーデ。コートがVネックのノーカラータイプなので、甘すぎず、ほど良く色っぽさもあるハンサムな印象のスタイルに仕上がっています☆

■ピンクコートで冬もちょっぴり気分を上げて☆

ついつい、暗い色の服ばかり選んでしまうことも多い冬。毎日のコーデにマンネリを感じたら、次に買うアウターとしてピンクコートも考えてみては?周囲とさり気なく差をつけられるだけでなく、気分もちょっぴり上がるはずですよ!

くらら

小学生男子と幼稚園児女子を子育て中。ファッション・美容・収納系の話題が好きです☆最近はホットヨガにもハマっています。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!