出典:photoAC

Lifestyle

ぬいぐるみの飾り方アイデア!かごや突っ張り棒など使えるグッズで魅せよう

ふわふわとしたやさしい触り心地で、ついギュッと抱きしめたくなってしまうぬいぐるみ。子どもだけに限らず、ぬいぐるみにハマっている大人もたくさんいます。でも、ぬいぐるみって大きさがバラバラでキレイに飾れなかったり、たくさんあるとかさばって収納に困ったりしますよね。そこで今回は、ぬいぐるみの上手な飾り方や、収納方法を紹介します。

キレイに飾れるとスッキリして気持ちいいですよ!

■ぬいぐるみを飾る前に!

ぬいぐるみをディスプレイするその前に、キレイにしてから飾りませんか?

・サイズ別に分けよう!

出典:photoAC

ぬいぐるみはサイズがまちまちです。サイズがバラバラだと飾るときに困ってしまうかも。大まかでもOKなので、サイズ別に分けるなどしておくと◎

・ほこりを取り除こう!

出典:photoAC

ぬいぐるみを保管するときの最大の問題点は、ぬいぐるみにほこりがかぶることではないでしょうか。置いたままにしておくと知らない間にほこりをかぶっていた…なんてこともありますよね。
そんなときは、目の粗いスポンジなどで掃う、掃除機で吸うといった、すぐにできる方法をまずは試してみましょう。また、ぬいぐるみ専用のスプレーなども販売されています。気になった人はチェックしてみてくださいね。
見映えはあまり良くありませんが、ほこりがかぶらないようにあらかじめぬいぐるみにビニールを覆っておくのもひとつですよ。

・ぬいぐるみの洗濯方法は?頻度はどれくらい?

出典:photoAC

表面上はキレイに見えても、ぬいぐるみは意外と汚れているんです。子どもが寝るときもずっと抱きしめていてヨダレがついちゃった…なんてこともしばしば。
汚れてしまったら、洗濯をしましょう。ぬいぐるみは素材にもよりますが、中性洗剤などで洗うことが可能。桶などを使って手洗いするとふんわりと仕上げることができます。
時間がないときは洗濯機でもOKですが、洗濯表示に「洗濯機使用可」のマークがあるかどうかを必ずチェック。干す前にタオルでくるんで水気を吸い取り、洗濯ネットに入れて干します。あとは内部までしっかりと乾かすことが大切!
洗濯の頻度は、「汚れが目立ってきたら」でOK。なんでも口に入れてしまう年齢の赤ちゃんが使う場合は、こまめに洗濯すると安心ですよ。

■こんな風に飾ると良いかも!ディスプレイ例

出典:photoAC

実際にぬいぐるみを飾るとなったときに、どうやって飾ったらよりおしゃれに見えるのでしょうか?こちらではディスプレイのアイデアを紹介します。

・天井に飾る&吊るす!

天井に近い部分は高さがあるため収納などが設置されていないこともあり、実はデッドスペース。突っ張り棒を張り、そこへぬいぐるみの一部分をひっかける形で並べましょう。
天井から園芸用のワイヤープランターなどをチェーンで吊るし、ぬいぐるみがブランコに乗っているように見せるなど、“遊び”のテイストを加えて飾るのも楽しいですよ!

・棚の上&収納棚の中に飾る!

こちらは一番オーソドックスな方法。棚の上にぬいぐるみを置いている人も多いですよね。ただ並べるだけだとおしゃれじゃないので、透明のディスプレイケースに入れて飾ると良いですよ。
棚の中に飾る方法は、ぬいぐるみが日に焼けませんし、ほこりもかぶらないので、保管にはピッタリです。
 

・壁に飾る!

手のひらサイズくらいの小さいぬいぐるみなら、ウォールポケットを活用してみては?
あらかじめ、ぬいぐるみをしまう場所を指定してしまえば、小さい子どもでもお片づけがしやすいですよ。

■ぬいぐるみの収納に使える100均のアイテムって?

出典:photoAC

ついつい増えてしまいがちなぬいぐるみ。お気に入りのぬいぐるみが増えるのはうれしい反面、収納に困る!という声も。
そんなときは、100均のアイテムを使って上手に収納しましょう。おすすめのアイテムを紹介します☆

・突っ張り棒は種類が豊富にそろう!

出典:photoAC

先ほど紹介した突っ張り棒にぬいぐるみを引っ掛ける収納方法なら、100均で手に入るアイテムをセットするだけでカンタンに飾れる収納スペースを作ることが可能です。
壁に穴をあけないので、賃貸マンションなどでも気を遣うことなく収納できます。

・100均といえば収納カゴ!

出典:@bm.p0512さん

100均ではさまざまな用途に使える収納カゴがたくさん。サイズも豊富なので、大きさがバラバラのぬいぐるみもひとつにまとめてしまうことができますよ。

・ぬいぐるみ専用のバッグを使う!

『Seria(セリア)』などで売っているオタク向けグッズの中にも、ぬいぐるみ収納に便利なものがあるんです。それは「ヲタコレ」シリーズから出ている「ぬいぐるみバッグ」です。
こちらの商品はぬいぐるみを持ち歩きたいときに便利なバッグ。小さいバッグという感じです。ストラップがついているため、マザーズバッグなどにつけても◎
子どもの外出時のグズり対策にぬいぐるみが必要、という場合でもサッと出すことができますよ。
 

■実際に飾ってみた!実例を紹介

先述した飾り方でぬいぐるみを飾っている、ディスプレイの例を紹介します。
 

・天井に突っ張り棒をして引っ掛ける

出典:@ yagigigi1234さん

こちらはデッドスペースになりがちな天井付近の壁を上手に活用した方法。ほこりをかぶるからあまり床に置いておきたくない…というときでも、天井に飾ってしまえばお掃除もラク☆
 

・ワイヤープランターでお気にぬいぐるみの指定席を作る♡

出典:mamagirlLABO @iwa_yuiiさん

こちらは100均の『DAISO(ダイソー)』のインテリア雑貨「アイアン小物(ダイアモンド飾り)」を使って、ぬいぐるみを飾った例です。お気に入りのぬいぐるみを特別に飾りたいときにも◎
 

・収納棚の中に入れちゃえばほこりをかぶらず安心

出典:@ yagigigi1234さん

扉なしタイプの収納棚に入れた例がこちら。扉がないので取り出しやすいというメリットがあります。
 

・小さめのぬいぐるみはウォールポケットが◎
 

出典:@ yagigigi1234さん

小さくてなくしてしまいそうなぬいぐるみは、ウォールポケットへイン。しまう場所を決めたい場合は、ぬいぐるみの写真をポケットの外側に貼ってもいいかも!
 

・セリアのぬいぐるみバッグが優秀♡
 

出典:筆者撮影

先ほど紹介したセリアのぬいぐるみバッグ。持ち運び用のグッズとして便利に使えます。ギュッとつまったぬいぐるみの姿が、ちょっぴり愛らしい♡
もちろんお家での収納にも使えます。チャックつきのバッグのため、ほこりをかぶらない点もポイント。100均アイテムで何とかほこり対策をしたい…という場合にベターな方法です。
 

■アイテムを駆使して上手に飾る&収納しよう

ぬいぐるみの上手な飾り方や、収納方法についてご紹介しました。増えてしまいがちなぬいぐるみ。100均アイテムなどを駆使して、ぬいぐるみの居場所を作ってあげて下さいね♡

ぐっち

小学生2人のママ。名古屋出身、文鳥に毎日愛をささげています!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!