出典:@ akiie__さん

Beauty

ベースメイクのおすすめは?選び方からアイテムまで大公開

ベースメイクはメイクの仕上がりを左右する大事な工程。おすすめの方法、コスメは人によって異なります。また、ベースメイクには肌を外気から守る役割があります。10代、20代のうちからきちんと行うことで、年を重ねた30代、40代の肌に違いが出てきます。

ベースメイクは肌質、季節、仕上がりによって選ぶことが大切です。今回はベースメイクの選び方、おすすめアイテムを紹介します。

■色、肌質、テクスチャなどベースメイクの選び方は?

出典:@ hidakaaki2018さん

ベースメイクは肌を保護する、色補正、化粧崩れ防止など多様な役割を果たします。自分の目的に合ったベースメイクの選びましょう!

・自分の肌に合う色、肌悩みをカバーしてくれる色で選ぶ


ベースメイクは自分の肌に合う色を選ぶことが基本。合わない色は浮く、濃い色だと厚塗り感が出るなどメイク後の違和感につながります。ベースメイクを選ぶときは、フェイスライン(あごと首の境目)に乗せて色を確認しましょう!

ベースメイクの色は黄みのあるオークルベージュ系、赤みのあるピンクベージュ系が一般的。日本人の肌はオークルベージュが多いと言われます。また、ベースメイクには肌悩みをカバーするコントロールカラーがあります。

例えば、
くすみ、色むらをカバーするイエロー
赤みをカバーするグリーン
黄みをカバーするブルー
血色感を出すピンク、パープル
などがあります。

・乾燥肌、脂性肌、混合肌、それぞれの肌質に合うベースメイクを選ぶ

出典:ツヤ肌になりたいなら!マキアージュのパーフェクトマルチベースBB @ pugmiyaさん

人の肌は乾燥肌、脂性肌、混合肌などの肌質があります。それぞれ悩みが異なるため、自分の肌質に合うベースメイク選びも大切!

乾燥肌は肌のカサつき、粉が吹くなどの特徴があります。肌の水分と油分が不足し、バリア機能が低下した状態です。ベースメイクは保湿効果のあるものを選び、外界の刺激から守るようにしましょう。

反対に脂性肌は肌の水分、油分とも多い状態の肌。顔のベタつきや化粧崩れに悩まされることも。ベースメイクは余分な皮脂、水分を吸収するタイプや化粧持ちを良くするロングラスティングタイプがおすすめです。

混合肌は顔の部分ごとに乾燥、テカリが見られます。乾燥が気になる部分には保湿タイプ、テカリが気になる部分は皮脂を押さえるタイプと部分ごとにベースメイクを使い分けると良いでしょう。

・季節や仕上がりに応じたテクスチャでベースメイクを選ぶ

出典:@ jnk1910さん

ベースメイクに欠かせないファンデーション、テクスチャによって以下の4タイプに分かれます。

<パウダータイプ>
さらりとした軽いテクスチャ。皮脂を抑える効果が高く、脂性肌向きです。マシュマロ肌を目指す人におすすめ。

<リキッドタイプ>
乳液のようなテクスチャ。油分が多くしっとりした仕上がりのため、乾燥肌向き。密着力が高く、肌悩みをカバーしたい人にもおすすめ。

<クリームタイプ>
リキッドタイプより油分が多く、保湿力、カバー力に優れます。毛穴などの悩みをしっかりカバーしたい人、長時間化粧直しができないときにおすすめ。

<ジェルタイプ>
均一に塗れる軽いテクスチャが特徴。肌の凹凸をきれいにカバーします。厚塗りにならず、ナチュラル肌に仕上がります。

汗などによる化粧崩れが気になる夏はパウダー、乾燥が気になる冬はリキッドやクリームと、季節に応じた使い分けもできますよ。

■化粧崩れや乾燥を防ぐ、年代別化粧下地のおすすめは?

出典:@ akiie__さん

化粧下地の役割は肌の凹凸を整え、化粧のりを良くすること。年代別におすすめ商品を紹介します。

10代から20代前半の肌悩みはベタつき、毛穴の黒ずみなど。『CEZANNE(セザンヌ)』の「皮脂テカリ防止下地」600円(税抜)は、皮脂吸着パウダーで肌の凹凸をカバーします。

エイジングケアを意識し始める20代後半は、シミそばかすを防ぐ紫外線対策に関心が高まります。デパコスでも人気のブランド『ASTALIFT(アスタリフト)』は20代にもおすすめ。「D-UVクリア ホワイトソリューション」4,290円(税込)は角質内部まで浸透する紫外線をカット!

出典:@ cosmemicoさん

30代からは保湿力が低下し、肌の弾力がダウン。保湿効果の高い化粧下地を使いたいところ。『PAUL & JOE(ポールアンドジョー)』の「モイスチュアライジングファンデーション プライマーS」3,500円(税抜)は保湿成分をたっぷり含んだ美容液下地です。

出典:@ yagigigi1234さん

肌の乾燥が気になる40代は『MAQuillAGE(マキアージュ)』の「ドラマティックスキンセンサーベース EX」2,860円(税込)がおすすめ。保湿しながら13時間化粧崩れを防ぐ優れものです。

■毛穴、シワなどをカバーできるファンデーションのおすすめは?

出典:@ romi_1006さん

ファンデーションの役割は肌の色を整えること。商品によっては毛穴、赤みなどの軽い肌悩みもカバーできます。

テカリ、化粧崩れが気になる20代はマキアージュ「ドラマティックパウダリーUV」3,300円(税込)がおすすめ。毛穴を一瞬でカバーできるパウダリーファンデです。

出典:@ hidakaaki2018さん

毛穴やシミが気になる30代には『REVLON(レブロン)』の「カラーステイ メイクアップN」2,000円(税抜)。軽いつけ心地で24時間落ちないリキッドファンデです。6種のうるおい成分を配合し、肌の凹凸を均一にカバーします。

出典:@ ayayan966さん

肌の乾燥を防ぎたい40代には『INTEGRATE(インテグレート)』の「水ジェリークラッシュ」2,200円(税込)。ジェルファンデの一種で、水ジェリーを崩しながら肌に乗せます。皮脂を混ざりにくく、肌に密着するのが特徴。

シミ、シワをカバーしたいなら『MACCHIA LABEL(マキアレイベル)』の「薬用クリアエステヴェール」4,294円(税込)がおすすめ。68種類の美容液成分配合で、肌をしっかり保湿。毛穴、乾燥シワなどを1日中カバーします。

■下地プラスアルファの効果BB、CCクリームのおすすめは?

出典:@ romi_1006さん

BBクリームは美容液、下地、ファンデーション、コンシーラー機能がひとつになっているコスメで、カバー力もあります。一方CCクリームは美容効果をプラスした下地で、色補正機能がメインです。どちらも時短メイクに欠かせないアイテム。

きれいな仕上がりやカバー力を重視する20代は、マキアージュの「パーフェクトマルチベースBB」3,300円(税込)がおすすめ。美容液、日焼け止めなどマルチ機能が10時間持続します。

毛穴をカバーし、紫外線も防ぎたい30代にはアスタリフトの「BBクリーム」4,620円(税込)がおすすめ。美容液成分でしっとりつや肌に仕上げます。

出典:@ romi_1006さん

エイジングサインをカバーしたい40代には『ONLY MINERALS(オンリーミネラル)』の「ミネラルエッセンス BBクリーム」4,000円(税抜)がおすすめ。厳選されたミネラル成分が肌に密着。気になる部分をカバーし、なおかつ石けんで落とせる肌に優しいクリームです。

■肌に合うベースメイクは、さらなる美しさへの近道

季節が移り変わるように、私たちの肌は日々変化します。常に自分の肌に合うベースメイクを見極めて、日々のメイクを楽しみたいですね!

ザッハ☆トルテ

4歳の女の子ママです。幼稚園入園後、女子に目覚めた我が子とおしゃれ修行中!プチプラ節約とプチ贅沢にハマってます。
【Instagram】mamakhr
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]