出典:photoAC

Lifestyle

アイロンマークをマスターして家事上手へ♡新旧をおさらいしよう

シャツやブラウスなど、シワになりやすいアイテムの救世主「アイロン」。掛けるだけで簡単にシワが伸ばせるため重宝しますよね。そんなアイロンは、衣類によって掛け方を変えた方が良いことをご存知ですか?実は洋服のタグの“洗濯表示”に、その衣類に合った正しいアイロンの掛け方が載っているんです。正しい掛け方をしないとせっかくの洋服が傷んでしまうことも…。そこで今回は、アイロンマークの意味を徹底調査しました。

旧マークと新マークについても合わせてご紹介していきます!

■旧アイロンマークの高・中・低の意味は?

出典:photoAC

洗濯表示マークは、2016年の12月1日に国内外で同一のものに統一されました。それ以前に購入された洋服には旧洗濯マークが使用されているため、旧マークの意味も知っておくと良いですね。
ここでは、それぞれのマークを見ていきましょう。

・【低】旧アイロンマーク

「低」の記号は、アイロン記号の中で最も低温を推奨しているマーク。110度までを限界としていて、スチームなしでアイロン仕上げができることを意味しています。

・【中】旧アイロンマーク

「中」の記号は、アイロンマークの中で真ん中の温度を推奨しています。150度までを限度としてアイロン仕上げができることを意味しています。

・【高】旧アイロンマーク

「高」の記号は、アイロンマークの中で最も高い温度を推奨しているマーク。200度を限度としてアイロン仕上げができることを意味しています。

■<旧洗濯表示>アイロンマークの下の波線は当て布が必要!

出典:photoAC

洗濯表示の旧アイロンマークには、アイロンの下に波線が入ったものがあります。これは、アイロンを掛ける際、当て布が必要ですよ。というサイン。アイロンを掛けたい衣類とアイロンの間に一枚薄めの布を入れてあげましょう。
また、新アイロンマークではこの記号は廃止されており、「当て布使用」など文章で記載されています。アイロンの温度表示と合わせて当て布の有無も確認しておくと良いですよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]