出典:@ y.k____k.f0529さん

Lifestyle

野菜不足にスムージー!作り方も簡単でアレンジ自在【レシピ紹介】

数年前にブームとなったスムージーですが、今では定番のドリンクとなりつつあるのではないでしょうか?栄養満点のスムージーは、朝食やおやつにもおすすめです。子どもから大人まで幅広い人に飲んでいただきたいスムージー。その健康パワーや作り方を見ていきましょう。

ここではスムージーの組み合わせのポイントもご紹介しています。すぐに作ってみたくなるレシピがたくさん!ぜひご覧くださいね。

■スムージーの健康効果とは?ダイエットになる?

スムージーはどんな効果があるのでしょうか?

・スムージーの健康効果は?どんな人におすすめ?


出典:photoAC

野菜をスムージーにするとかさが減るので、たくさんの野菜を摂取できます。日ごろから野菜不足を感じている人は、ぜひスムージーを取り入れてみてくださいね。また、野菜が苦手な人もスムージーにすると摂取しやすくなります。バナナやりんごなどの果物を入れることで、口当たりがマイルドになり甘みも出るので、とても飲みやすくなりますよ。さらに栄養を手軽に摂れるという面でもスムージーは優れています。冷たいスムージーは、食欲のない日や夏バテのときにも飲みやすいので、作ってみてはいかがでしょうか?

・ダイエットになる?スムージーで満腹感を得るには?

出典:photoAC

置き換えダイエットでスムージーを取り入れたことがある人も多いのでは?
スムージーは、飲むだけで手軽に栄養を摂ることができます。ビタミン類やポリフェノールなど美容にうれしい栄養も多く含まれ、お通じ改善に役立つ食物繊維も豊富です。

スムージーは野菜・果物と水や牛乳もしくは豆乳を撹拌して作ります。水を使うとあっさりした味わいのスムージーが完成。牛乳や豆乳を使うとまろやかな舌触りになり、より満腹感を得られます。水で作るよりカロリーはアップしますが、満腹感を得たいときには牛乳や豆乳がおすすめです。

■スムージーの作り方は?組み合わせるポイントは?

スムージーを作るときのポイントを紹介します。

・作り方はいたって簡単!材料をミキサーにかけるだけ!

出典:@ rko.skeさん

スムージーは材料をミキサーやブレンダーで混ぜるだけ!機械に詳しくない人でもミキサーを回すだけなので簡単にできます。ミキサーがない人も、バナナのような手でつぶせる柔らかい果物や粉末青汁を使うと簡単に作ることができるので試してみてくださいね。

・組み合わせのコツ2つ☆初心者におすすめレシピも

出典:photoAC

組み合わせるポイントは、たくさんの種類を入れ過ぎないことと果物を入れること。野菜だけで作ると飲みにくいスムージーになってしまうので、果物を入れて甘みをプラスしましょう。野菜と果物を合わせて4種類以内にすると、味がまとまりやすくなります。スムージー初心者におすすめのレシピは、小松菜・りんご・バナナ+牛乳。ダイエット中の人にも便秘の人にもいいですよ。

■スムージーのおすすめ組み合わせ5選☆おしゃれな盛りつけも参考に

スムージーのレシピをご紹介します。盛りつけもかわいいものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・美容にも健康にも◎柿と甘酒のスムージー

出典:@ y.k____k.f0529さん

美容にも健康にもいいと言われる甘酒を使って、栄養満点のスムージーはいかがでしょう?こちらのスムージーは、下の層は甘酒とヨーグルト、上の層はそれに柿をプラスして作られたそう。型抜きした柿をグラスに貼りつけてから、ヨーグルトとスムージーをそそぐと、見た目もとてもキュートですね♡

・おしゃれ♡いちごとマンゴーの2層スムージー

出典:@ misaki1977さん

果物たっぷりの美肌スムージーのレシピをご紹介します。
いちごスムージーはいちごと牛乳を、マンゴースムージーはマンゴーと牛乳をミキサーにかけるだけなので初心者にも簡単に作れるレシピ。写真のように2層にするときのコツは、下にするスムージーを固めに作ること。そうするときれいに2層になりますよ。こちらのスムージーは盛りつけかたにもこだわり、果物たっぷりで華やかな印象。凍らせたキウイをツリーのように飾って、カフェメニューのようにおしゃれです。

・野菜と果物をバランス良く組み合わせたスムージー

出典:@ rko.skeさん

こちらのスムージーは、人参・トマト・グレープフルーツ・パプリカで作られています。野菜と果物をバランス良く加えており、栄養もしっかり摂れそう。かわらしいオレンジ色で、野菜嫌いの子どもにもおすすめです。

・鮮やかな赤が目を惹くビーツ入りスムージー

出典:@ rko.skeさん

生のビーツを入れたことで、きれいな赤が鮮やかなこちらのスムージー。レシピは、ビーツ・りんご・トマト・バナナ・豆乳・ヨーグルト・キウイです。グラスにキウイを貼りつけてからスムージーを注ぐと写真のように見た目もかわいくなります。写真では、その上にヨーグルトをのせているようです。

・盛りつけにもひと工夫!2層のスムージー

出典:@ emperorpenguin.10さん

2層でかわいいこちらのスムージー。上の層のレシピは、バナナ・いちご・りんご・豆乳、下の層はケール・はるか・たんかん・バナナ・豆乳だそうです。ケールが手に入らないときは、小松菜やサラダほうれん草でも代用できます。写真のようにひと手間かけて盛りつけると、見た目もおしゃれですね。

■【ジッパーつき保存袋で】ミキサーなしで作れるスムージーレシピ3選

出典:photoAC ※写真はイメージです

ミキサーなしで作る場合、ジッパーつきの保存袋があると便利です。また使う果物はバナナがおすすめ。その他にも、手で簡単につぶれる柔らかい果物を利用してスムージーを作ってみてくださいね。

・ミックスベリー×バナナスムージー


1.ジッパーつきの保存袋にミックスベリー(冷凍のものを使う場合は解凍しておく)を入れ、バナナは皮をむいて入れる。
2.なめらかになるまで麺棒でたたくか、手でつぶす。
3.加糖ヨーグルトを入れてさらにもむ。
4.牛乳を入れて混ぜる。
5.よく混ぜ合わさったら完成。

・青汁粉末を使って作るグリーンスムージー


1.皮をむいたバナナをジッパーつきの保存袋に入れ手でもみつぶす。
2.バナナがしっかりとつぶれたら、牛乳に溶かした青汁を入れてしっかりまぜたら完成。
葉物野菜は包丁でどんなに細かくみじん切りにしてもミキサーのようにはなりません。そこでミキサーなしでグリーンスムージーを作る場合は、粉末青汁を使うのがおすすめです。

・よく熟した桃でつくる桃ヨーグルトスムージー


1.桃1個にヨーグルト大さじ2程度加え、ジッパーつき保存袋に入れてよくもみ混ぜる。
2.牛乳を加えて混ぜ合わせたら完成。
ポイントはよく熟した桃を使うこと。柔らかくてつぶしやすく、甘くておいしいスムージーになります。

■美容と健康にいいスムージーを取り入れよう♡

出典:ミキサーのおすすめは?選ぶポイントやメーカーごとの特徴もチェック@ no10no02さん

数年前からスムージーの健康パワーが広く知られるようになり、スムージーのレシピ本も多く出版されています。スムージーを一時のブームで終わらせるのはもったいない!おいしく手軽に栄養を摂れるスムージー、まだ作ったことがない人はこれを機にぜひ挑戦してみてくださいね。

Ricca

毎日2人の子育てに奮闘中!うさぎを飼っています。スイーツだいすき♡パンだいすき♡

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!