出典:@ hiiiiii.tsu.aaaさん

Lifestyle

アロマディフューザー、水なしタイプなら手軽に楽しめる!人気商品も紹介

生活の中でアロマを楽しむ人が増えています。アロマディフューザーといえば、たくさんの水に精油を少量垂らして使う、加湿器を兼ねた水ありタイプを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、水を使わない“水なしアロマディフューザー”もあるってご存じですか?水なしタイプには器具に雑菌が繁殖しにくく、香りが強めで広い範囲に届くものや手軽に置くだけのタイプ、持ち運べるタイプなど種類もさまざまあります。

今回は、そんな水なしアロマディフューザーのメリット・デメリットから、選び方やおすすめの人気商品をご紹介します!水なしディフューザーには手軽なものも多いので、アロマは取り入れたいけれど面倒そう…と迷っているあなたも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■水なしアロマディフューザーを使うメリット・デメリットとは?

出典:photoAC

水を使わない“水なしアロマディフューザー”には、次のようなメリットがあります。
・水による雑菌の繁殖が心配ない。
・水を入れ替える手間がかからない。
・強めの香りをしっかり楽しめる。
・広い範囲に香りが届く。
・持ち運びしやすい。

水なしディフューザーには、メリットの多い半面、次のようなデメリットもあります。
・精油やアロマオイルを直接通すので、吹き出し口などが詰まりやすい。
・詰まりを予防するため、定期的にお手入れが必要。
・精油やアロマオイルの消費量が多い。

以上のようにメリット・デメリットのある水なしアロマディフューザーですが種類がたくさんあるので、環境や条件から負担がかかり過ぎないタイプを選びましょう。

■水なしアロマディフューザーにはどんな種類があるの?

水なしアロマディフューザーの種類を3つ紹介します。

・昔ながらの方法!アロマドロップ式

出典:Pixabay

アロマオイルの受皿にアロマを垂らし、空気の振動や熱によって香りを拡散させる方法。やさしく香り、オイルの減りが少ないところも魅力的!

・広範囲にアロマの香りが広がる!噴霧式(ネブライザー式)

出典:photoAC※写真はイメージです。

アロマディフューザーの中にポンプが内蔵されていて、アロマオイルを霧状にして噴出することで香りを広げる方法。香りが強く出るので、リビングなどの広いお部屋にぴったりです。

・最後までフレッシュに香る♡気化式


アロマオイルをパルプ製不織布などに染み込ませ、気化させることによって香りを広げる方法。オイルボトルの中にファンがついているものもありますよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]