出典:@ aaasaji13さん

Fashion

コンバースには正しい洗い方がある!キャンバススニーカーをきれいに洗おう

『CONVERSE(コンバース)』のキャンバススニーカーが汚れたとき、どのような方法で洗っていますか?白のコンバースは、黄ばみが気になったり、赤や黒のコンバースは、色落ちしたりしないか?と心配になりますよね。スニーカーの白いゴム部分の汚れは、磨くだけではきれいになりません。
今回は、コンバースの洗い方や色落ちしない方法、臭いがある場合の対処法などをご紹介します。

コンバースは、普段の靴と同じように洗濯機で洗うだけでは、汚れがきれいに落ちないんです。今回ご紹介する洗い方は、コンバース以外のキャンバススニーカーにも応用可能!早速洗い方を見ていきましょう。

■コンバースの洗い方は?

コンバースを洗うときは、洗剤や重曹、「OXICLEAN(オキシクリーン)」を使う方法などがあります。

・洗剤を使ったコンバースの基本的な洗い方

出典:photoAC

<準備するもの>
*洗濯用の洗剤
*酸素系の漂白剤
*靴用のブラシ
*靴がつけられる深さのバケツ
*ウタマロ石鹸などの固形石鹸

この5つが準備できれば、気になるコンバースの汚れがきれいに落ちますよ。

出典:photoAC

<洗い方>
洗剤でコンバースを洗う場合は、粉末タイプの洗濯洗剤ががおすすめです。液体よりも洗浄力や漂白力が高いので、汚れをきれいに落とせます!

1.ぬるま湯に水量に合わせた洗濯洗剤と漂白剤を入れ、コンバースのひもを外し、1~2時間程靴をつけましょう。
2.つけおき後にブラッシングで靴の外の汚れを先に落とします。固形石鹸でこすると、効果的に汚れがおちますよ!
3.汚れが落ちたかどうかを軽くすすいで、チェックします。
4.汚れが落ちたら、洗剤が残らないようにしっかりと水ですすぎます。
5.風がよく通る場所で、陰干しして乾かしましょう。

・重曹を使ったコンバースの洗い方

出典:@ aaasaji13さん

重曹は弱アルカリ性なので、酸性の皮脂を中和分解する働きがあり、消臭効果が期待できます。また、重曹の水溶液につけこむことで、汚れがより落ちやすくなります。さらに重曹は洗濯洗剤といっしょに使うとパワーアップ!
重曹で洗う場合は、水ではなくお湯を使うことがポイントですよ。

1.バケツや洗面台に45℃程度のお湯を入れ、その中に重曹を入れましょう。※1Lのお湯に対して重曹は大さじ3
2.液体洗濯洗剤キャップ1杯を重曹が入ったお湯の中に入れます。
3.お湯の中の洗濯洗剤と重曹が溶けたのを確認したら、スニーカーと靴ひも、中敷きをそれぞれ浸しましょう。1時間ぐらいつけておくのがポイントです。
4.1時間後にスニーカーの汚れが取れてない部分があるときには、大さじ4杯の重曹と大さじ1杯の水を混ぜた重曹ペーストを使って古くなった歯ブラシにつけて磨きます。
5.靴ひもの汚れが落ちていない場合は、靴ひもが入る洗面器に45℃のお湯を入れ、重曹と洗濯用洗剤を入れて、もう1時間つけおきしてください。
6.きれいに洗えたら、スニーカーについた洗剤と重曹を水でしっかりと洗い流しましょう。洗い流したら、日陰で干して乾かします。

・オキシクリーンを使ったコンバースの洗い方

出典:@ emika_maidoさん

オキシクリーンは酸素系漂白剤。つけておくだけで汚れが落ちるとSNSでも評判です。オキシクリーンを使う場合は重曹とほとんど同じ手順で洗えます。

1.バケツや洗面器に40~60℃のお湯を入れ、その中にオキシクリーンを入れましょう。※4Lのお湯に対してオキシクリーン30gが目安です。
2.オキシクリーンがしっかり溶けたら、スニーカーと靴ひも、中敷きをそれぞれ浸し、20分以上つけておきます。
3.コンバースを取り出したときにまだ汚れている部分があるようなら、古い歯ブラシか、靴用ブラシで汚れを磨きましょう。
4.オキシクリーンにつけたコンバースは、ぬるぬるとしているので、しっかりと水で洗い流して日陰で干して乾かします。

■つま先やゴム部分の汚れの洗い方は?

出典:photoAC

コンバースのゴムでできているつま先部分の汚れは、ブラシでこするだけだとなかなか落ちないですよね。
実はつま先部分の汚れは、「消しゴム」を使うと落ちることがあるんです!コンバースを洗う前に、消しゴムでつま先部分にある汚れをこすってみてください。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]