出典:@lucky02181014さん

Beauty

【アラフォーメイク】品がよくておしゃれに見える正解を徹底レクチャー!

まぶたにハリがなくなってきた…肌がくすんで見える…そんな悩みは30代後半から感じる人が多いよう。若い頃のようにがっつりメイクをしていたり、必死に隠そうとして厚化粧になったり、逆にナチュラルすぎて疲れて見えたりしてはもったいない!年齢に応じたメイク方法や使うカラーを工夫することで、イキイキと洗練された印象になれるのです。

今回は、元美容師としてヘアメイクを経験したライターsayacoがアラフォー女性のために、若作りではなく、若く見えるメイクレッスンをお伝えします。やり慣れたそのメイク、今すぐ更新しましょ!
 

■アラフォーにありがち!今すぐやめたいNGメイクとは?

出典:photoAC

アラフォー世代に陥りやすいNGメイクをご紹介します。心当たりはないかチェックしてみましょう!

・ガッツリアイライン

アラフォー世代は、目元のハリが失われて、ぼんやりとした印象になってきます。ぼやけたイメージの目元に、アイラインをがっつり引いてしまうと、強すぎてやりすぎの印象に。
アイラインだけ浮いて、清潔感が損なわれてしまいます。20代の頃の囲み目メイクをしている人は、今すぐやめましょう。

・キラキララメ入りアイシャドウ

まぶたのくすみが気になって、キラキラのラメ入りアイシャドウを使っている人もいるかもしれません。しかし、ハリが低下してきた目元にラメ入りアイシャドウをのせると、なじまず浮いてしまうことも。
かえって若作りに見えて逆効果になりかねません。さらにラメが大きいと安っぽく派手な印象に…。 “大人の上品さ”からどんどん離れていきます。

・バサバサやりすぎまつ毛

若い頃のバサバサまつげから抜け出せないアラフォー女性もいるかもしれませんね。バサバサまつ毛を見慣れてしまうと、自然なまつ毛が物足りなく感じてしまうもの。年齢に合う上品なメイクにチェンジすべく、思い切ってやりすぎまつ毛から卒業しましょう!
また、年齢を重ねるとまつ毛も細くなり、減ってしまうのも避けて通れません。そこで、つけまつ毛やマツエクを頼りたくなりますが、こちらもやりすぎは禁物。自然に見えるよう、長や本数を工夫すれば、良い味方になってくれるでしょう。

・薄すぎるメイク

ナチュラルメイクが好きという人に見られがちな、薄すぎメイク。ナチュラルをはき違えて、実は年齢以上に老けて見えているかも!全体的にメイクを薄くしてしまうと、どうしても疲れた印象になってしまいます。
抜くところは抜いて、カバーするところは丁寧にしっかりカバーすれば、メリハリのあるナチュラル美人が叶いますよ♡

 

■アラフォーメイクで気をつけたい大事なポイントとは?

出典:photoAC

ここからはアラフォー世代に欠かせないメイクのポイントをまとめました。このポイントを意識的に行うことでグッと美人度がUPしますよ!

 

・アラフォーが目指すのは、オフィスにもOKなきれいなお姉さん顔!

 アラフォーが目指すのは、洗練された品のある顔だち。大人の上品さが何より大事と言えるでしょう。【派手・若作り・厚化粧】は絶対NG!ナチュラルできちんと感のある女性らしさが、好感度抜群なメイクといえます。

・リップなしはNG!血色感を大切に

出典:mamagirlLABO@ moni.neさん

アラフォー女性の中には、唇の色が薄くなってきたと感じている人も多いでしょう。そんな状態でリップなしでは、顔色が悪く見えてしまいます。リップで血色感をプラスすることをマストにしましょう。おすすめはベージュ系。イエベ肌の人はオレンジベージュ、ブルベ肌の人はピンクベージュがシックで上品な印象に仕上がります。
マスクをするから…とリップを塗らないのもあまりおすすめできません。ちょっとしたタイミングでマスクを外す場面があることも想定して、ティントタイプのリップを塗っておくと良いですね◎
 

・下地はトーンアップできるものを

出典:mamagirlLABO @beauty_mmrさん

歳を重ねるごとに悩みのタネとなるのが「くすみ」。朝はスキンケアの恩恵を受けてバッチリでも、夕方になって鏡を見たら土偶のように顔色が悪くなっていませんか?そんな悩みを解決してくれるのがトーンアップ効果のある下地です。
『LA ROCHE-POSAY(ラロッシュポゼ)』「UVイデア XLプロテクショントーンアップ」は、保湿効果も高く肌の内側から発光したようなトーンアップを叶えてくれます。透明感重視したい人はピンクの「UVイデア XLプロテクショントーンアップ ローズ」もおすすめですよ◎

・もともときれいな肌に見えるマットとツヤの比率は7対3

出典:photoAC

最近のトレンドであるツヤ肌ですが、アラフォー世代が取り入れるには、マットとツヤの比率を7対3にするのがおすすめです。そこで重要なのが、メイク前にしっかりとスキンケアをすること。
充分に保湿することで、内側からツヤのある肌を演出できるでしょう。さらに、ファンデーションはクリームタイプのものを選んで。フェイスパウダーで、表面をマットな質感に仕上げると、大人女性におすすめの肌が完成します。

・チークは立体感を意識!ふんわりのせよう

チークは色選びが重要!くすみが気になるアラフォー女性には、くすみを払拭しつつ、立体感をプラスできるベージュ系の色味がおすすめ。シェーディング効果で顔をひきしめてくれるので、頬のたるみが気になる人にもぴったりです。輪郭がはっきりしなくなった…という方は、あご下から首全体にシェーディングするとキュッとした小顔になれますよ♡
チークは、ふんわり仕上げることがポイントです。パウダータイプのチークを、ほほ骨よりやや高めの位置から、ほうれい線にかからないくらいまで広めにのせましょう。

・自眉を生かした立体眉が正解◎

出典:@lucky02181014さん

細眉は老け見えの原因になってしまいます。最近のトレンドは、自眉を生かした立体的なハンサム眉。これはアラフォー世代にもおすすめできる形です。
マスクをつけるなら尚さら、眉毛は最重要ポイントとして意識したいパーツ。立体感のあるハンサム眉は、小顔や目ヂカラアップが期待できるだけでなく大人の余裕や凛とした美しさも演出できます。カラーマスカラも良いですがクリアマスカラを使って眉頭の毛を立ち上げると自然な立体感をつくれますよ◎

\おすすめアイテムはコレ!/

出典:@lucky02181014さん

眉の毛量が少ない人は繊維の入ったクリアマスカラを、ある程度毛量のある人は毛流れをキープしてくれるニュアンスカラーのマスカラを使うと理想的な立体眉がつくれます。どちらもまつげ用のマスカラなんです!

・アイライナー2本使いで自然なアイラインに

ぼやけたアラフォー世代の目元に、強さを取り戻すにはアイラインが必須!ただし、黒でしっかり描いてしまうと、きつすぎて浮いてしまうこともあります。アラフォーにおすすめのアイライナーは黒と茶色の2本使い。
黒リキッドでまつげの際を、茶色でやや太めに描き足すと、自然なアイラインの完成です。ほどよい太さで目力アップにつながるでしょう。

・アイシャドウはこなれ感のあるベージュやブラウンを選ぶと吉◎

出典:ローラメルシエのアイシャドウで華やかな目元に!パレットなど種類も豊富@kxx_mxixwxaさん

まぶたのハリが失われてくると、目力が激減してしまいます。そこでアイシャドウで陰影をつけ、立体感をつけることが大切です。アラフォーにおすすめのベージュやブラウンは肌なじみが良く、簡単に立体感をつけられます。
ですが、手持ちの古いアイシャドウを使ってるなら新作アイテムに更新しましょう!同じベージュやブラウンでも、年々トレンドカラーは絶妙に変わっています。「2020年 トレンドアイシャドウ」などと検索してみると良いですね◎

■アラフォーのお悩みはメイクで解決!おすすめ商品の紹介も

40代肌のアラやコンプレックスも、実はメイクで払拭できますよ。メイクに自信がなくても最近のコスメは優秀なので大丈夫!韓国コスメやプチプラブランドも2019年では多くの女性から支持されたことで話題になりました。
では、アラフォー世代の肌悩みと合わせて、おすすめの商品をご紹介していきます。

・目の下のくまにはオレンジのコンシーラーがマスト!

出典:photoAC

目の下のくまは、オレンジのコンシーラーで消すことができます。かためでカバー力が高いものがおすすめ。ぼかし過ぎないようにするときれいにカバーできますよ。

出典:キャンメイク

『CANMAKE(キャンメイク)』の「カラーミキシングコンシーラー」750円(税抜)は、色を混ぜることで、自分にぴったりの色を作り出せるコンシーラー。絶妙な色を作り出せることで、気になる肌悩みをしっかりとカバーしてくれるでしょう。
 

・ほうれい線は筆タイプのコンシーラーでスーッと隠す

出典:photoAC

ほうれい線には、筆ペンタイプのコンシーラーがおすすめ。ほうれい線の溝から外にはみ出さないようにスーッと入れてなじませます。パール入りのハイライターをのせれば光で飛ばすことができるのでぜひ試してみてくださいね。

出典:ちふれのコンシーラーはこんなに使える!技ありメイク法も紹介!@_cosme_suki_さん

こちらは『ちふれ』の「スポット メーキャップ カバー」800円(税抜)です。筆ペンタイプは携帯にも便利!出先でもささっと使えます。

・シミには肌にやさしいコンシーラーを

アラフォーになるとどこからか目立ってくるシミ。小さいシミには、コンシーラーを点状においてスポンジや指で軽く押さえましょう。大きいシミの場合は、シミよりひと回り大きめにコンシーラーを塗り、その輪郭をぼかすようにスポンジで押さえるとよいでしょう。
また、シミは目元やこめかみなど皮膚が薄くお肌が敏感な部分にできやすいので肌にやさしいアイテムを使うことも大切。

 

出典:@shu__snoさん

こちらは『VINTORTÉ(ヴァントルテ)』の「ミネラルシルクコンシーラー」2,300円(税抜)です。肌に負担がかかる成分を配合していないミネラルコンシーラー。石けんで落とせるほど肌に優しいので敏感肌の人でも安心して使えます。隠したことさえ忘れてしまうほどのカバー力ですよ!

・くすみにはコントロールカラーでムラを無くす!

先述したように、くすみにはトーンアップ下地も有効ですがコントロールカラーもおすすめ!ファンデーションでカバーするのではなく、下地やコントロールカラーを上手に使ってイキイキした肌に見せましょう♡
年齢を重ねて表れる黄ぐすみにはラベンダーピンクの下地を使うとトーンアップしながら透明感のある肌に仕上がりますよ。
 

出典:@ pom_mqさん

こちらは『WHOMEE(フーミー)』の「フーミーコントロールカラーベース」1,800円(税抜)です。右側のパープルは透明感を引き出してくれるカラー。左側のブルーは赤みをカバーして透き通ったような肌に♡そのほか、ピンクとイエローグロウがあります。

・シワには摩擦が大敵!

シワ対策には、メイク落としやスキンケア中に摩擦を与えないことが大切!特にメイク落としではゴシゴシとしてしまいがちですが、クレンジングをたっぷり使ってやさしくクルクルしながら落とすように心がけましょう。化粧水なども手のひらを肌へ向かって垂直にあててハンドプレスすると良いです。
また、シワには専用の美容液やクリームを使うこともおすすめ。

 

出典:mamagirlLABO @kipochannさん

こちらの『DEW(デュウ)』「リンクルスマッシュ」は気になるポイントに塗って集中ケアできる薬用シワ改善美容液。「@cosme(アットコスメ)」の2020年上半期ベスコスにもランクインするほど話題の商品です。
シワ改善に有効成分といわれるナイアシンアミド配合が、気になるシワにハリを与えてくれます。値段は6,000円前後とプチプラではありませんが、専用の美容液を使うことも得策でしょう。

・一重さんは大人カラーのマスカラで印象的な目元に♡

出典:@ ayamiyamotolapaix さん

最後は世代を問わず悩んでいる方の多い一重まぶた。アラフォー女性なら、ブラックのマスカラではなくニュアンス感のある大人カラーがおすすめです!
『Amplitude(アンプリチュード)』の「エクストラボリューム カラーマスカラ」4,400円(税抜)02 ボルドーは、存在感のあるまつ毛を印象づけつつボルドーカラーで抜け感を出してくれます。ベージュのアイシャドウと相性が良く、ナチュラルさの中からもおしゃれさや品の良さを引き出してくれるでしょう。

 

■アラフォーのコスメ情報はメイクブログからゲットしよう!

最後に、アラフォー世代の女性におすすめのメイクブログをご紹介します。

【プチプラコスメ♡メイクLife】

出典:「プチプラコスメ♡メイクLife Powered by Ameba」

こちらのブログでは、アラフォーでも使えるプチプラコスメがたくさん紹介されています。ドラコスや韓国コスメの情報もたくさんありますよ。
プチプラコスメが気になったら、ぜひチェックしたいですね。

 

【cosmesalan〜コスメ・メイクでキレイになれる〜】

出典:「cosmesalan〜コスメ・メイクでキレイになれる〜 Powered by Ameba」

こちらは、元美容部員さん発信のブログ。コスメやメイク方法の情報が豊富で、本格的なレビューがとってもためになる!
参考にしたくなる情報が盛りだくさんです。
 

■メイクチェンジでアラフォーに似合う自然でな表情を演出しよう!

年齢を重ねてくると、肌悩みや似合うメイクもかわってきます。
思い切って今までのメイクをチェンジして、アラフォーにぴったりの、ナチュラルに若く見えるメイクを目指しましょう。


引用文献
「プチプラコスメ♡メイクLife Powered by Ameba」
「cosmesalan〜コスメ・メイクでキレイになれる〜 Powered by Ameba」

 

sayaco

インテリアコーディネーター×美容師という異色の資格をもつ新米ママ。
ある時は空間コーディネート、ある時は花嫁のメイクなど、得意なことを活かして働いていました♡
子育ても得意になりたい今日この頃。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]