出典:photoAC

Beauty

すっぴん美人になる方法!クレンジングからメイク方法まで紹介します

最近話題のすっぴん美人。すっぴん美人は、素肌がきれいな人を指します。芸能人にもすっぴんを披露したり薄めのメイクをしたりする人が増えていますよね。「すっぴん美人図鑑」にも多く取り上げられ、注目を集めています。そんなすっぴん美人になる秘訣があるんです!今回は、すっぴん美人を目指す人に試してほしいスキンケアからメイク方法まで紹介します。

きれいな素肌を目指すのは、日々のケアが大切。できることから実践してみてくださいね♡

 

■すっぴん美人になるために気をつけることとは?

出典:photoAC

すっぴん美人に近づくには、代謝を上げるのがコツ!
まずは毎日できる基本の行動を紹介していきます。
 

・湯船で体を温めて!しっかり代謝を上げましょう

出典:photoAC

すっぴん美人になるためには、湯船につかることが大切です。
湯船につかると血の巡りがよくなることで代謝がアップし、美肌効果やむくみ解消の効果を得ることができます。
パパっとシャワーで簡単に済ませずに、ゆっくり湯船につかりましょう!
代謝を上げることは、ダイエット中の人や冷え性の人にも効果的ですよ。

 

・理想は2~3L!水分はたくさん摂りましょう

出典:photoAC

基礎代謝を上げるためには水分も必要です。
水分をしっかり摂ることで、不要な水分は体外に排出されます。その循環によって、代謝が上がりやすくなるんです。
特にお肌が乾燥しやすい人は、内側から水分を補ってあげることが大切です。
一度にがぶ飲みはせず、こまめに少しずつ飲むのかコツ!
1日2~3Lを目安に、無理のない範囲で水を摂りましょう。

 

・肌と食は密接な関係!食生活を改善しましょう

出典:photoAC

すっぴん美人になるためには、バランスの取れた食事が大切です。
栄養の偏りは、肌の不調や血色の悪さの原因につながります。油分の多い食事は肌の油分の増加にもつながるので、摂取頻度が多くなりすぎないように注意してください。
よく噛まずに食べると腸内環境が乱れる原因にもなります。腸内環境の乱れはお肌トラブルにつながってしまうので、1日3食を基本によく噛んで食べましょう。
フルーツや野菜を積極的に摂るのもおすすめ。フルーツや野菜はビタミンを多く含み、アンチエイジングやしみ・そばかすの原因を抑える効果が期待できます。
 

・睡眠時間はしっかり確保しましょう

出典:photoAC

寝る前にスマホを見ていて、気づいたらもうこんな時間…!なんてことはありませんか?
すっぴん美人になるためには睡眠も大切です。
人の体には体内時計が備わっており、夜になると睡眠を促すホルモンが分泌されて質のよい睡眠をとることができます。夜更かしをしてしまうと体内時計がずれてしまい、質のよい睡眠をとることができません。
寝ている間に分泌される成長ホルモンは、肌を修復してくれる役割もあるので質のよい睡眠をとることはすっぴん美人への近道です。

 

・新陳代謝アップ!適度な運動をしましょう

出典:photoAC

運動には代謝を上げる役割があります。
体を動かすことで効率よく代謝アップが期待できますよ。
体の代謝が上がれば、肌の代謝もよくなります。
運動といってもハードなものじゃなくて大丈夫!1駅分だけ歩いてみたり、エレベーターではなく階段を使ってみたり…と日常生活で行えるものがおすすめです。
外に出て運動する際にはUVケアも忘れずに。紫
外線はしみ・そばかす・しわを引き起こす原因になります。

 

■すっぴん美人に近づく肌ケア方法

出典:photoAC

続いてはスキンケアについて紹介していきます。

 

・クレンジングでメイクをしっかり落としましょう

出典:photoAC

メイク残りがあると肌荒れの原因になります。クレンジングでしっかり落としましょう。
クレンジングは主に、肌に優しいクリーム・ミルクタイプ、弾力のあるテクスチャーが特徴のジェルタイプ、しっかりメイクを落とせるオイルタイプなどがあります。
アイメイクやファンデーションが濃いめのしっかりメイクの場合は、オイルタイプがおすすめ。ナチュラルメイクの場合は、クリームやミルクタイプのクレンジングを使って、できるだけ肌に負担をかけないようにすると◎

メイク落とし後に、メイク残りはないか、ツッパリ感はないかなどの使用感を確認して、お好みのクレンジングを使い分けてみるのもいいですよ!


基本的なクレンジングの方法は、

クレンジングを手のひら全体に広げて顔にのせます。
こするのではなくメイクを浮かせるためになじませるのがポイントです。
顔全体になじませたら30~32℃のぬるま湯で流しましょう。

お湯が熱いと乾燥の原因に、水はメイク落ちが悪くなる原因になってしまうので、ぬるま湯をで洗い流すのがおすすめです。



 

・洗顔で優しく汚れを落としましょう

出典:photoAC

クレンジングをした後は、洗顔で余分な汚れを落としましょう。
肌に負担をかけないように泡で優しく洗うのがコツです。

水で濡らした泡立てネットに洗顔料をのせ、水分をしっかり含むように何度か水を足しながら泡立てましょう。
100円ショップなどに売っている泡立て用のカップで泡立てたり、元から泡状で出てくるタイプの洗顔を使うのも、手軽でおすすめですよ。


手に泡を取って顔にのせ、
クレンジングと同じく泡で撫でるように洗いましょう。

ニキビなどの吹き出物がある場合は、泡をクッションにして軽く上からポンポンと優しく触れて洗うことを心掛けてください。

 

・乾燥肌は肌荒れの原因に!しっかり保湿しましょう

出典:photoAC

保湿は洗顔後の乾燥を防ぐためにとても重要です。
洗顔をした後の肌は、水分が蒸発しやすく、肌が乾燥しがち。乾燥するとお肌の水分バランスが乱れて、肌が荒れてしまうことも。洗顔後は、できるだけ素早く化粧水でお肌にうるおいを与えましょう。
肌に水分を与えるだけでは時間の経過ともに、再び乾燥してしまうので、最後に乳液やクリームを塗って、肌の水分が蒸発しないように蓋をすることが大切です。

 

■すっぴん美人に近づける♡ナチュラルメイクの方法

出典:photoAC

すっぴん風メイクで、すっぴん美人を目指しましょう。
 

・決め手はベース!ナチュラルな薄づきメイクで素肌感


すっぴん美人は、素肌感が大切です。
ファンデーションはリキッドタイプがおすすめ!
色は素肌と同じ明るさで、カバー力は素肌が透けて見えるくらいのものが自然となじみます。
厚塗り感が出ないように顔の中心から外側に向かって、塗るのがポイント。
おでこは生え際まで塗らず、中心から左右に広げて素肌との境目をなじませるようにします。
頬や口元も同じように少量を広げ、素肌との境目をなじませることがポイントです。

よりナチュラル感を求めるのなら、CCクリームをファンデーション代わりに使うのもおすすめ。肌の赤みや色むらを隠すことができ、ナチュラルな仕上がりになります。
 

・ほどよいアイメイクですっぴん美人を演出


すっぴん美人といえどもアイメイクはちゃんとしたいですよね。
アイシャドウは塗らない方がナチュラルですが、塗る場合はベージュやブラウン系のもので軽くのせるのがおすすめ。
アイラインはまつ毛の隙間を埋める程度にして、ラインを引いていることが目立たないように細く引きましょう。
色は黒ではなく、肌になじみやすいブラウンや薄いグレーがおすすめです。

顔の印象を決める眉は、ペンシルでしっかり描くのではなく、アイブロウパウダーでふんわりと仕上げましょう。

 

・血色はチークやリップで自然にカバー



チークやリップは自然な血色感を出すために使えます。コーラルピンクやピンクベージュなどがナチュラルでおすすめ。

チークはブラシでふんわりと濃くなりすぎないように少量ずつのせます。
つや感を出すならベージュ系を、血色感を出すならピンク系を使いましょう。

リップは色付きのリップクリームだけでも◎。
マットなリップは濃く見えてしまうため、グロスを足して使うのがおすすめです。
唇の保湿をしてから色をのせるようにしましょう。
 

■できることから始めてすっぴん美人を目指そう!

出典:photoAC

すっぴん美人になるためのポイントを紹介しました。長期的に続けていくことが大事なのでまずはひとつ、できることから始めてみましょう!ぜひ、今回の記事を参考にして、素肌に自信の持てるすっぴん美人を目指してくださいね。

mii

かわいい雑貨やお洋服、グルメ情報が好きで集めています♪
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]