出典:Unsplash

Lifestyle

エシカルとは?今知っておきたいエシカル消費や取り組める具体例を紹介

「エシカル」という単語を聞いたことがありますか?サステナブルな(持続可能な)地球環境や人と社会を支える上で、大切なキーワードです。今回は、今知っておきたいエシカルに注目!エシカルの意味やエシカルファッションについて、すぐにでも取り組みやすいエシカル消費の具体例などをご紹介します。

エシカルな暮らしやエシカルファッション、エシカル企業など、さまざまな単語とともに使われる、エシカルという形容詞。耳にしたことはあるけれど、どういう意味なのかよく知らない…という人も多いのでは?
エシカルの意味や注目を受け始めたキッカケなどをまとめてみました。


 

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■エシカルってそもそもどんな意味?

出典:Unsplash

エシカルとは、英語の形容詞で、直訳では「倫理的な」「道徳的に正しい」という意味です。
エシカルは形容詞なので、エシカルファッションやエシカル消費、エシカル調達
など、他の名詞と組み合わせることで、いろいろな場面で使うことができます。


エシカルに関する講演会や講座を開いているエシカル協会によると、エシカルとは、「人や地球環境、社会、地域に思いやりのある考え方や行動」そのものを意味するそうです。
 

■エシカル消費って何?

出典:Unsplash

ここでは、エシカル消費についてまとめてみました。
 

・エシカル消費とは?

食料や衣類、家財道具など、日々人は物を買って生きていますよね。消費者が目にする全ての物の背景には、生産や物流、販売の現場があります。

エシカル消費とは、物が消費者の手に届くまでのそれぞれの場面で、人や社会、地球環境に配慮して作られた物を買うこと。
物を買うときに、その物が作られた背景まで意識して、購入することが大切です。


 

・エシカル消費の理念

エシカル消費の背景には、一人一人の消費活動が、企業の生産活動や地球環境に影響を与えることができる、という理念があります。
一人一人がエシカル消費を意識しながら消費活動を行うことで、地球環境や人権に配慮した製品が残ったり、企業の生産の在り方を変えられることが期待できるからです。

消費者庁は、エシカル消費の代表例として「人・社会・環境・地域・動物」の5つを挙げています。自分の消費活動が、エシカル消費につながるかどうか考えながら物を購入したいですね。


 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE