出典:Unsplash

Lifestyle

エシカルとは?今知っておきたいエシカル消費や取り組める具体例を紹介

■ファッションキーワードでもある“エシカルファッション”って何?

出典:Unsplash

最近よく耳にする「エシカルファッション」についてご紹介します。

・トレンドのファッションキーワード、エシカルファッションとは?

earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)』のCMで、エシカルファッションについて知った人もいるのではないでしょうか。エシカルという単語は知らなくても、オーガニックコットンという単語は知っている、という場合もあるでしょう。
エシカルファッションとは、地球環境や労働問題などに配慮して作られたファッションのこと。具体的には、衣類の素材を調達する場面で、地球環境に負荷をかけないオーガニックコットンを使用したり、生産の場面で劣悪な労働環境を作らないといった取り組みをしているファッションを指します。

 

・エシカルファッションが注目を受け始めたキッカケ

エシカルファッションが注目されるようになったキッカケは、2013年4月にバングラデシュで起こった「ラナ・プラザ崩落事故」。この事故では、1,000人を超える死者や約500人の行方不明者、2,500人以上の負傷者を出しました
崩落したラナ・プラザは、8階建ての商業ビル。中には、銀行やお店のほかに、グローバル展開するファッションブランドに関連する縫製工場が入っており、犠牲者の多くが裁縫工場に従事する若い女性たちだったと言います。
ファッションブランドの背景に、低賃金で劣悪な労働環境で働かされる生産過程があったことが大きな批判を呼び、ファッションの在り方を根底から考え直すキッカケとなりました。

■エシカルデザインって何?どんな事例があるの?

出典:Unsplash

社会や地球環境のことを考えてデザインされた製品のことをエシカルデザインと言います。たとえば、オーガニックコットンを使った製品や、貧困国の支援につながるフェアトレードを推進する製品などがあります。
また、日本国内の大規模な自然災害による被災地の経済を応援する製品も、エシカルデザインのひとつと言えるでしょう。


 

■エシカル消費の具体的な例は?今私たちができること5つ

ここでは、エシカル消費について具体例を5つご紹介します。

・エシカル企業を探して消費活動で応援する

出典:Unsplash

環境や社会などに配慮した活動を行っている企業はすでにたくさんあります。企業のホームページを見て調べてみたり、第三者機関から承認を受けた企業を探したりすることができるでしょう。エシカル企業の商品を購入することは、今私たちができるエシカル消費のひとつです。

 

・生産者の生活を守るためにフェアトレード商品を購入する

出典:Unsplash

フェアトレードとは、適正な価格での取引を意味する単語です。フェアトレード商品を購入することで、取引先である発展途上国の労働者がきちんと収入を得て、生活を改善させることにつながります。

 

・地球環境への負荷を減らすためにオーガニック製品を購入する

出典:Unsplash

オーガニック製品とは、生産の過程で農薬や化学肥料を使わない製品のこと。農地へのダメージを減らしたり、生産者の健康被害を減らすことができる製品です。オーガニック食品やオーガニックコットンを使った衣類を購入することで、地球環境への負荷を減らしたり、生産者の健康を守ることにつながります。

 

・プラスチックゴミを減らすためにエコバッグを利用する

出典:Unsplash

レジ袋は、埋立処分で有害物質を排出したり、海に流れて海洋生物に害を与えたりします。エコバッグを持ち歩き、スーパーでの買い物や衣類などの購入の場でレジ袋を受け取らないことは、すぐ取り組めるエシカル消費の代表例です。

 

・地域の経済活動を守るために地産地消を意識する

出典:Unsplash

地域の経済活動を守ることも、エシカル消費のひとつの形です。地元商店で買い物をするほか、地産地消を意識した買い物を心がけてみると良いですよ。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE