出典:photoAC

Lifestyle

糖質オフ中でも外食できます!ダイエット中でもOKの低糖質メニューご紹介

ダイエットをしている人にとって、糖質オフは常に意識しているものですよね。糖質オフとは、ご飯・パン・芋類などの炭水化物、甘い物などの糖質量を1日70〜130ほどに抑えるという方法で、空腹によるストレスを抱えることもなく、栄養のバランスも維持できるのがメリットです。せっかくなら外食先でも糖質オフを心掛けたいもの。今回は外食時に気をつけたい糖質制限の仕方や低糖質のおすすめメニューを紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

■糖質オフ中の外食!どんなことに気をつける?

糖質オフ中の人が外食する際の注意点を紹介します!

・糖質は最後に!食べる順番に気をつけて

出典:photoAC

気をつけるのは食べる順番!空腹時にいきなりご飯やパンを食べてしまうと、炭水化物に含まれている糖により血糖値が一気に上がります。その結果、体内で糖質が脂質に変わりどんどん蓄積されるのです。そうならないために注意したいのは、糖質を1番最後に摂ることです。
定食で言うとまずはメイン料理のお肉や魚、そのあとに小鉢やみそ汁に入っている野菜やキノコなど、最後にご飯やパンなどを食べることをおすすめします。この順番で食べると、血糖値も緩やかに上昇し、脂質になりにくいですよ。

・低糖質メニューを扱うお店を狙って!

出典:photoAC

最近では低糖質パンやカリフラワーライスなど、低糖質メニューを取り入れたお店がたくさんあります。糖質オフ中の人でも外食がしやすいのは、うれしいですよね。しかし低糖質メニューを取り入れていないお店で外食するときには、お店選びに注意してみましょう。
ラーメン屋さんやパスタのお店よりも、ステーキや定食のお店を選ぶ方が糖質オフをしやすいです。どうしても麺が食べたいときには、ちゃんぽんなどの野菜がたっぷり入ったメニューを選ぶといいですよ。

・ここは我慢!ご飯は小盛りで注文しよう

出典:photoAC

今ではご飯の量を選べるお店も多いですよね。普通盛りでくるお店がほとんどですが、糖質オフを理由に残すのは、お店の人にも失礼になるので、注文の時点で小盛りを頼むようにしましょう。ここは我慢の時間かもしれません。
 

■糖質オフメニューがあるお店を紹介!

出典:photoAC

東京だけでなく、全国に展開するチェーン店でも糖質オフのメニューを取り入れているお店が多数あるので紹介します。

・ロイヤルホスト

ステーキなどがあるファミリーレストランは、糖質オフ中の方にはおすすめのお店です。「Royal Host(ロイヤルホスト)」には低糖質パンがメニューにあり、大豆粉やふすまなどが使われているため、もっちりとした嚙み応えで満腹感を与えてくれます。
同じロイヤルホストのパンでも、低糖質パンを頼むことで50%の糖質をカットすることができるそうです。

・café レストラン ガスト

ファミリーレストランの「café レストラン ガスト」には、「1日分の野菜のべジ塩タンメン」というメニューがあります。たっぷり5種類の野菜が入っており、糖質を控えたい人はほうれん草麺と変更することが可能です。その効果は絶大で、糖質を40%もカットすることができます。
麺が好きな人にはありがたいメニューですね。

・カレーハウスCoCo壱番屋

カレーは糖質量が多くなりがちですが、糖質を抑えてカレーが食べられるとうれしいですよね。「カレーハウスCoCo壱番屋」のメニューには低糖質カレーがあります。ライスの代わりに野菜のカリフラワーを使用したメニューです。
カリフラワーライスと言って、カリフラワーをライスに見立てたもの。ダイエット者の間では知られている低糖質の食べ物です。同じCoCo壱番屋のポークカレーと比べると、炭水化物の量は1/5まで抑えられています。

・くら寿司

お寿司には欠かせないシャリには糖質がたっぷり!「くら寿司」にはシャリハーフのサービスがあり、糖質の量が通常の半分もカットできます。糖質を気にせずお寿司が食べられるのはうれしいですよね。
サイドメニューにも低糖質メニューが豊富にそろっており、丼ものはご飯が小盛になっていたり麺類は糖質オフ麺を使用していたりするので、糖質を大幅にカットできます。
 

Recommend

【医師監修】産後ママを悩ませるシミや肝斑。効果的な施術メニューとは?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]