出典:photoAC

Lifestyle

可愛さ神レベル!大根おろしアート♡簡単な作り方や100均の型も紹介

最近は、大根おろしアートで料理が映える演出をする人が増えていますよね。大根おろしアートは、動物やキャラクターなどを大根おろしで作っていきます。料理の薬味で使う大根おろしですが、薬味だけで終わるのはもったいない!ひと手間かかりますが、大根おろしアートをすると料理の見た目がアップして、楽しめますよ。

今回はそんな魅力的な大根おろしアートについて紹介します。早速チェックしていきましょう!

■大根おろしアートに必要な材料と作り方のコツは?

出典:photoAC

大根おろしアートに必要なものや、作り方のコツについて紹介します。

・大根おろしアートに必要なものを準備しよう

<準備するもの>
・大根
・おろし金
・海苔などのトッピング食材
・ふきん
・調理用手袋

・作り方は大根おろしの水分をしっかりと絞るのがコツ!

まずは大根を1本分すりおろしましょう。大根アートには意外とたくさんの大根おろしが必要なんです。おろし金の下にふきんを敷くと安定するので、たくさん大根をすりおろすことができますよ。

大根をおろしたら、大根おろしの水分を絞ります。大根おろしアートで大切なのが、水分を取り除くこと。水分が多いと形崩れしやすくなります。野球ボールほどの大きさを目安にして水分を絞ってみてください!

また、反対に水分を絞りすぎるとまとまりが悪くなることもあります。そのため絞り汁はとっておくことをおすすめします。水分が少なすぎて形にしずらいときは、絞り汁を少しずつ足して調整してみるといいでしょう。

大根は分解酵素を持っているため、手が荒れやすい人は、調理用手袋をしてくださいね。

■初心者向け【犬・猫】の大根おろしアートの作り方

まずは、作りやすい定番の大根おろしアートから見ていきましょう。

・簡単に作れる猫の大根おろしアート

出典:photoAC ※写真はイメージです

初めて大根おろしアートに挑戦するなら、まずは猫から作ってみてはいかがでしょう。

<材料>
・大根おろし
・海苔
・しょうゆ
・人参のすりおろし

<作り方>
まず、大根おろしで猫の形を作ります。次に海苔を切って、目と口、爪を作りましょう。しょうゆを指につけて、色つけすると完成です。かわいい猫にしたいときは、ほっぺに人参のすりおろしをつけてみてください。

・簡単に作れる犬の大根おろしアート

犬も猫と作り方が似ています。犬も挑戦しやすいので、犬派の人はぜひ作ってみて♡

<材料>
・大根おろし
・海苔
・しょうゆ
・小松菜の葉1枚

<作り方>
まずは、大根おろしで犬の形を作っていきましょう。次に、目と鼻、口用に海苔を切って顔にくっつけます。仕上げにお好みで耳周りを醤油で色つけしましょう。小松菜の葉っぱを首輪のように巻きつけると、よりかわいく仕上がりますよ。
つまようじに少量の大根おろしをつけて、犬の目の上に白い斑点をつけるようにのせると柴犬も作れます!

・その他にこんな動物も作れる☆

大根おろしアートは、工夫次第で他の動物だって作れるんです。ここでは、ひよことパンダを紹介します。

【ひよこ】
<材料>
・大根おろし
・ゆず
・海苔

<作り方>
まずは、大根おろしにゆずのすりおろしを加えて、黄色い大根おろしを作ります。そして、ひよこの形を作りましょう。あとは、海苔を切って、目をつけます。ゆずの皮でくちばしを作ってくっつけたら完成です。

【パンダ】
<材料>
・大根おろし
・海苔
・キムチの汁など

<作り方>
パンダは海苔を上手に使うのがコツです!はじめに、パンダの形を大根おろしで作りましょう。次に、海苔を切って耳、目、鼻、腕の部分につけてでき上がり!ほっぺにキムチの汁などで色をつけると、かわいいパンダになるのでおすすめですよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]