出典:photoAC

Lifestyle

家族のベッドはクイーンサイズがおすすめ!親子で広々寝られて最高☆

ベッドを購入するときに一番に気になるのがサイズ感。シングル、ダブル、キングなどいろいろなサイズがあるけれど、我が家のライフスタイルに合うのはどのサイズだろう…と悩むことはありませんか?今回はそんな大小あるベッドサイズの中でもクイーンサイズの魅力をピックアップ!特に子育て中の家庭におすすめな理由をわかりやすく解説していきます。

そもそもシングルやクイーンなどのベッドサイズってどれくらいの寸法?といきなり聞かれて、ぱっと答えられる人は案外少ないですよね。なんとなく○人が寝られるくらい、という漠然としたサイズだけではリアルな使用イメージは湧きにくいもの。まずは基本のベッドサイズについて知っていきましょう。

■ベッドのサイズは?シングルやダブルって?

出典:photoAC

ここでは一般的なベッドのサイズについてご紹介します。

・シングル 

横幅97cm × 長さ195cm
シングルサイズとは、一人で眠るのに最適なサイズ感のこと。夫婦で使用する場合は、シングルを二台用意してくっつけて使用することでキングサイズ以上の広々としたベッドになります。
一台ずつでも、二台いっしょに使っても便利なサイズ感と言えるでしょう。

・セミダブル

横幅120cm × 長さ195cm セミダブルサイズは、寝返りが多いなどシングルでは少し窮屈に感じる人向け。こちらを二台くっつければかなりのゆとりができるため、子どもと数人で寝ても余裕なサイズ感になります。

・ダブル 

横幅140cm × 長さ195cm
ダブルサイズは、ホテルのような贅沢なスペースに一人で寝たい人に最適なサイズ感。
手足を伸ばしてリラックスできるため、ゆっくりと休めるでしょう。また、コンパクトな二人用としても使えます。

・クイーン 

横幅160cm × 長さ195cm
クイーンサイズは、広いスペースに二人で寝たいという人向けのサイズ感。カップルや夫婦でゆったりと寝ることもできますし、子育て中の人なら子どもと3人で寝ることも可能なサイズ感となります。

・キング 

横幅180cm × 長さ195cm
キングサイズは、大人二人と子ども一人で寝るのにちょうど良いサイズ。親子川の字で眠りたいという人におすすめのゆとり空間です。対応するシーツやマットレスはやや品数少なめなので、寝具へのこだわりが強い場合には注意が必要かもしれません。

■クイーンベッドの魅力やメリットについてチェック

出典:photoAC

ここでは、クイーンベッドの魅力について見ていきましょう!


・ゆったりゴージャス!シングルの1.5倍

クイーンベッドはシングルベッドの約1.5倍のサイズ。一人で眠ると、広々としたスペースでとてもゴージャスな気分で眠れます。
両手足を思いっきり伸ばしても大丈夫なサイズ感は安心感がありますよね。

・夫婦で寝るならゆったり寝られる

クイーンベッドは夫婦二人で使う場合はジャストなサイズ感。広すぎず狭すぎず、ほどよい距離感でぐっすり眠ることができるでしょう。

・夫婦+幼児一人だと狭いけれど寝ることは可能

夫婦だけならジャストサイズなクイーンベッドですが、子どもが生まれると若干手狭かもしれません。三人で眠ることは十分可能ですが、思いっきり寝返りを打つことは難しいでしょう。
子どもがある程度大きくなるまでの期間はクイーンベッドはママと子どもで、パパは別途シングルで寝る、というご家庭もあるようですよ。

・寝具を分けて使用することもOK

日本で流通しているクイーンベッドの多くはマットレスが分割されているものも。分割タイプは二人で寝る場合はそれぞれにマットレスがある形なので、シーツなどの寝具を分けて使用することもできます。
また、お互いの寝返りなどの振動が伝わりにくいというメリットも。

■クイーンベッド導入のデメリットは?

出典:photoAC

ここではクイーンベッドのデメリットについて解説。

・場所を取る

寝室にクイーンベッドを置く場合、計算上は6畳の部屋でも置けますが、部屋としてのゆとりを考えるなら現実的に考えて8畳程度の空間が欲しいところ。
もし他の家具をレイアウトして寝る以外の機能を部屋に持たせたいなら、狭くても最低12畳は必要となるでしょう。

・マットレスやカバーの種類が少ない

日本で一般的に多く流通しているベッドサイズは、シングルとダブルです。これらのサイズに対応したベッドカバーやマットレスは豊富に販売されていますが、クイーンサイズはそれに比べるとバリエーションは少なめ。寝具のトータルコーディネートなど、こだわりを実現するのが少し難しいサイズ感とも言えるでしょう。

■おすすめのクイーンベッド4選

ここからはおすすめのクイーンベッドをメーカーごとにご紹介!クイーンベッドをどこで購入しようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


・パーツごとに購入できる 無印良品

出典:@ jk___decor さん

『無印良品』はマットレスやすのこフレームなど、パーツごとに好みのアイテムを購入できるシステム。
こちらの写真ではセミシングルサイズを二台くっつけてクイーンサイズとして使用していますが、一台でクイーンサイズとして使えるフレーム「木製ベッド・オーク材・クィーン」59,900円(税込)も存在します。
床下スペースが高さ30cmとたっぷりとってあるので、収納力が欲しい人には無印のベッドがぴったりでしょう。

・寝心地で選ぶなら シモンズ

出典:ベッドフレームはどれがおすすめ?失敗しない選び方とは!@ chan_ykmさん

ホテルライクで上質な寝心地を実現するなら、一流メーカーの『SIMMONS(シモンズ)』が間違いなし。お値段は高価ですが、信頼性の高さはベッドメーカーでもピカイチ。
「シモンズベッド ダブルクッションベッド クイーンベッド 5.5インチ レギュラー」はホテルで実績も多く、人気の高いクイーンベッドです。
こちらは250,000円程度で販売されています。

・コスパ良し!ニトリ

『NITORI(ニトリ)』でおすすめなのはシンプルデザインが素敵な「クイーンベッドフレーム(ヴァイン LBR LEG)」41,574円(税抜)です。
マットレス付きのフラットヘッドボードでスマートな見た目を実現しつつ、枕元にUSBとコンセントを装備しているという実用性も◎コスパの良さを重視するならニトリのベッドはおすすめです。

・収納ボックス付き イケア

『IKEA(イケア)』「MALM(マルム)」37,990円(税込)は収納ボックスが2個付いたベッドフレーム。無垢材を使用したシンプルデザインなのでどんなテイストのお部屋でもマッチします!
ヘッドボードに高さがあるのでテレビを観たり、本を読んだりしやすいのもポイントですよ。

■クイーンベッドのベッドカバーを買える通販サイトショップ

出典:mamagirlLABO@ snow25.home さん

ここではクイーンサイズのベッドカバーが買えるおすすめ通販サイトをご紹介。

・素材の種類が豊富なFab the Home

『Fab the Home(ファブザホーム)』は自然素材の心地よさに特化したベッドリネン専門店。200本ブロード、ガーゼ、デニム、ファインリネン、エジプト綿、天竺ニットをはじめとしたさまざまな素材のカバーがそろいます。モダンデザインのアイテムが多く、インテリアに馴染みやすいのもポイント。

・プチプラも充実!BED LINEN PLUS

「BED LINEN PLUS(ベッドリネンプラス)」はアメリカ直輸入のおしゃれなベッドリネンの専門通販ショップ。日本ではなかなか見かけないアートな柄や、ラグジュアリーでお姫様のベッドのようなリネンが各種そろいます。価格帯ごとにカテゴリがあり、プチプラも充実!

■クイーンサイズのベッドで広々ゆったり眠ってみよう

出典:photoAC

夫婦だけの生活ではダブルでも十分!と思っていても、子どもが生まれると状況は変わります。子育て中の充実した睡眠を得るためには、ママと子どもだけでクイーンサイズをゆったり使うというのもクイーンサイズの贅沢な使い方かも。そうじゃなくても広々としたベッドは何よりも気持ちが良いもの。
サイズ以外にもステージベッドやローベッドなど、ベッドのタイプによっても寝心地は変わります。各家庭のライフスタイルに合わせて、ベッド環境を快適にアップデートしてみてくださいね。

musubi

車と音楽を愛する2歳男子を育児中。アート鑑賞が趣味で、観たい展示の為なら国内どこにでも飛んでいきます!いかにストレスフリーで過ごせるかが人生のテーマ。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!