出典:@zuppy.wear さん

Fashion

パーカーのフードなしの名前なんて言う?呼び方やおすすめ商品をご紹介

パーカーのフードなしの名前は、服の形や素材、ブランドによってさまざまです。そのため、欲しい服をネットで検索しようと思っても、なんて検索すれば良いのだろう…と、困ったことはありませんか?同じ形のものでも名前が違うため、見つからないなんてことも…。今回は、欲しい服を探すときの名前や、パーカーの定義、おすすめもご紹介します。フードなしパーカーをお探しの際に、参考にしてみてくださいね。

まずは、パーカーとはどんな服なのかを見てみましょう。

■そもそもパーカーって?スウェットとの違いもチェック

パーカーは、“フードがついているもの”というイメージだけを持っている方が多いのではないでしょうか。フード以外の特徴もありますよ。ここでは、パーカーについて詳しく見てみましょう。

・パーカーにはどんな特徴がある?

出典:mamagirlLABO @takeshitahanakoさん

パーカーとは、首の部分にフードがあるアウターのことです。語源は、イヌイット語でアザラシやトナカイなどの毛皮で作った、フードつきの防寒着です。ポケットがお腹のあたりについているものや、フードのサイズをひもで調節できるものもあります。形の種類は、前身頃が開くジップアップのものと、かぶって着るプルオーバーのもの、ジップが上半分までついているハーフジップのもの、の3つです。素材は、スウェット生地だけではなく、フリースやダウン、ナイロンなどがあります。

・スウェットとパーカーの違いって何?

スウェットとパーカーを比べて大きく違うところは、フードがついているか、ついていないかです。スウェットは、トレーニングシャツとして使われていたのでフードがついておらず、トレーナーとも呼ばれています。裾や袖、襟は、トレーニングがしやすいように、伸縮性のあるリブ編みをされているものが主流で、ジップはなく、長袖のものが多いのも特徴です。
一方、パーカーは元々防寒着として着られていたもので、フードがついているのが特徴です。スウェットに比べて形や素材はさまざまで、前開きができるジップタイプのものがあるのも違いのひとつです。

■ジップつき&フードなしのパーカーの名前をなんて言う?

お買い物や、ネットショッピングをしているとき、あれがほしいけど名前が分からないから店員さんに聞けない…。ネットで検索がかけられない…。などということはありませんか?パーカーの機能を持っているけれど、フードがない服の名前は、ブランドやお店によって違うこともあるので、ここでは一部をご紹介します。

・【ジップアップブルゾン】着こなし方でイメージが変わるアイテム

出典:@giiii_9さん

ジップアップブルゾンは、ストリート感、スポーティーな雰囲気が強いアイテムです。写真のコーディネートのように、大き目のサイズをラフな感じで羽織ってもおしゃれですね。また、ビジネススタイルのアウターとしても着ることができますよ。ショート丈を着こなすと、スマートで知的なイメージになります。MA-1やボンバージャケットなども、同じような着こなし方ができるアイテムのひとつです。

・【ジップアップジャケット】首元がポイントのアイテム

出典:mamagirlLABO @223.ceさん

ジップアップジャケットは、首元がスタンドアップカラー(襟の折り返しがなく、首に沿って立った襟型=立襟が特徴)や、ステンカラー(後ろ襟の部分が高く、ボタンやジップは比翼仕立てといい、隠れるようになっている)、ノーカラー(襟がない首回りの総称)のものまでさまざまです。写真のようなミリタリージャケットや、マウンテンパーカーなどのアウトドアジャケット、ダウンジャケットもあります。

・【ジップアップスウェット】定番のフードなしパーカーアイテム

出典:@h_h.ooさん

ジップアップスウェットは、スウェット生地で、スタンドアップカラーになっています。フードありのジップパーカーに比べると、大人っぽく着こなすことができるのが特徴。スタンダードジップジャケットや、ハーフジップスウェットなどがありますよ。

■レディース☆フードなしのパーカーおすすめ2選

レディースのおすすめを、2種類ご紹介します。形や、素材なども参考にしてみてくださいね。

・ <カプリシュレマージュ>さまざまなテイストに合うブルゾン

出典:@yuppy_lemageさん

『CAPRICIEUX LE'MAGE(カプリシュレマージュ)』の「ウォッシュサテンブルゾン」は、春先や、肌寒くなってきた初秋などの、季節の変わり目におすすめです。写真のブルゾンの生地は、サテン風の光沢感のあるものを使用していて、上品で大人な印象になっていますね。また、ブルゾンの素材や、ブルゾンの下に着るものによって、イメージをガラッと変えることも可能。例えば、カットソーとパンツに写真のブルゾンを合わせると全く違う雰囲気になりますよ。

・<ユニクロ>防寒性が高く、コスパも良いフリースジャケット

出典:@shohe_momo_campさん

『UNIQLO(ユニクロ)』の「フリースコンビネーションジャケット」は、肩や胸まわりに余裕があるオーバーサイズシルエットです。首まわりや肩ヨーク、ひじあてなどは、耐久性があり毛玉にならないナイロンの切り替えになっています。首裏は防寒性の高いフリースを使用していて、フロントファスナーは上下どちらからでも開閉できるように作られています。防寒もできるうえ、着こなしにも幅を持たせることができる、機能的なアイテムですね。

■メンズ☆フードなしのパーカーおすすめ2選

メンズのおすすめを、2種類ご紹介します。形や、機能なども要チェックです。

・<ザ・ノース・フェイス>襟元にフードが収納されているハーフジップジャケット

出典:@jeansfactory_ujinaさん

『THE NORTH FACE PURPLE LABEL(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)』の「Indigo Mountain Wind Pullover(インディゴ マウンテン ウィンド プルオーバー)」は、ザ・ノース・フェイスの定番である、肩部分の切り替えを取り入れたデザインです。1990年代にリリースされた、プルオーバーパーカーのデザインをヒントにして制作されたものなんですよ。お腹の部分には、服をコンパクトに収納できるパッカブルポケットもついていて、持ち運びに便利。また、襟元にフードが収納されているので、急な小雨にも対応できそうですね。コットンとナイロンで織ったリップストップクロス(引き裂きを止める高強力織物)を使用しているので、強度にも優れています。

・<パタゴニア>スポーツにも最適なジャケット

出典:mamagirlLABO @lemongram03さん

『patagonia(パタゴニア)』の「バギーズ・ジャケット」は、耐風性と耐水性を備えた、ナイロン製のジャケットです。スタンドアップカラーにフルジップで、首を風や日差しから守れるように作られています。また、自転車に乗るときやハイキングをするときなどに、裾が邪魔にならないくらいのウエストまでの丈になっていますよ。

■キッズ☆フードなしのパーカーおすすめ2選

キッズのおすすめを、2種類ご紹介します。形や、機能なども見てみましょう。

・<ジーユー>リバーシブルがうれしいボアブルゾン

出典:@m2__stagram__さん

『GU(ジーユー)』の「ボアリバーシブルブルゾン」は、見た目はしっかりした厚みのあるアウターですが、軽量なんですよ!男女兼用で、白と黒のリバーシブルになっています。その日の気分やパンツに合わせてコーディネートを楽しんだり、公園に行ったときに汚れが気になる人は、黒い生地を表にして着ても良いですね。

・<西松屋>ノーカラーで軽量

出典:mamagirlLABO @maaaa_rieeeさん

『西松屋』の「キルティングアウター」は、写真のようにノーカラーで、子どもの首に生地がふれないようになっているものがあります。フードつきの服を着ているときも、上から羽織ることができますよ。分厚くなく軽量なので、公園遊びなどにもおすすめです。

■パーカーのフードなしは、おしゃれで取り入れやすい

出典:@zuppy.wearさん

フードがついていないパーカーの種類は、今回ご紹介したもの以外にも、たくさんあります。パーカーが苦手という方も、フードがないものは大人っぽく着られるので、コーディネートに取り入れやすいのではないでしょうか。フードなしのパーカーを、お店で探す際や、ネットで検索する際に、この記事で挙げた名前をぜひ参考にしてみてくださいね。

mi-i

パン作り、パンを食べること、パン屋巡りが大好きです♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]