Baby&Kids

4歳のわがままには「いいよ」で気持ちを受け止め我慢を育てよう

vol.1542【1日1成長お母さん】“待てた”という成功体験を多く積むと我慢強い子になる

子どものおねだりに「ダメよ」と言いたいときはあえて「いいよ」と伝えよう

4歳になると自己主張も強く、わがままが増えはじめる子も多くいます。自分が望むことを今すぐ叶えたいと思う気持ちから、お母さんの都合にお構いなく子どもは要求を伝えてきます。
そんな時は「ダメよ」と言ってしまった経験を持つお母さんもいますよね。「ダメ」と聞くと、子どもは「どうして?」と機嫌も悪くなります。
しまいには、お母さんもイライラしてしまいがち。子どもの要求には「ダメ」ではなく思い切って「いいよ」と伝えることで、育てられる力があるのです。

子どもの気持ちに寄り添い共感の言葉を伝えてあげると待つこともできる

4歳のAちゃんは、暑い日に幼稚園から帰ってくると汗でびっしょり。玄関を上がるともう待ちきれないと言わんばかりに「アイス食べていい?」と聞きます。
お母さんが「ダメ、まず手を洗ってからね」と言うと「嫌だ!今食べたい」と毎回大荒れになるのでお母さんは困っていました。
あるとき、いつものように聞かれたので「いいよ、手を洗ってから食べよう」と答えると、Aちゃんはご機嫌で手を洗いに行ったそうです。

子どもの要求には「いいよ」と受け入れてから、こちらの希望を伝えよう

子どもから「○○していい?」と言われたら、我慢できる力を育てるチャンスです。
まずは思い切って「いいよ」と子どもの要求を受け入れ、それからこちらの希望を付け加えましょう。子どもは自分の気持ちをわかってもらえたと感じ聴く耳を持てるようになるので、お母さんからのリクエストも受け入れやすいのです。
自分の願いが叶う見通しがつくと、達成されるまでの間待つことができるようになります。待つと願いが叶うのだとわかることで、我慢する力が育っていきます。

子どもとの約束は必ず守って!思いが叶うと待てる子になる

大切なのは、子どもとの約束を必ず守ること。「5分待ってね」「明日ね」と約束したら忘れずに子どもの願いを必ず叶えてあげましょう。
待つことで自分の思いが達成されたという経験の積み重ねにより、我慢の心が育ちます。
そして我慢をすることは諦めることではなく、自分の願いを叶えるための方法なのだと理解するでしょう。お母さんが約束を守ってくれるという信頼関係が子どもの待つ力を育て、我慢強い子へと導くことにつながります。

今日の1日1成長

我慢できる子は待てば願いが叶う経験をしている。お母さんは約束を守ろう
子どもの待つ力も1成長、お母さんの約束を守力も1成長。
きただゆみ(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!