Lifestyle

びっくりドンキー新業態ディッシャーズはプレートカスタム&デザートも充実

2020年6月に新しくオープンした「びっくりドンキー」の新業態「Dishers(ディッシャーズ)」をご存知ですか?現在、神奈川の江ノ島店と東京の新宿住友ビル店の2店舗が営業中なのですが、"新しい生活様式"に適応したセルフオーダーや自動精算機を導入していることで注目を集めているんです!

また、時代の変化に合わせてメニューもリニューアル☆12月15日(火)からは、テイクアウトに人気メニューや新登場メニューが追加されており、おいしさもパワーアップしています。そこで今回は、ディッシャーズが一体どんなお店なのか、どんなメニューがあるのか早速チェックしていきましょう。

■びっくりドンキーの新業態"ディッシャーズ"ってどんなお店?

まずはディッシャーズがどんなお店なのか簡単にご紹介しますね。

・入店から退店までセルフスタイルを導入

ディッシャーズが新業態といわれる理由は、注文から支払いまでがほぼセルフスタイルになっているから。入店して席に着くと、まずテーブルに設置されたタブレット端末で食べたいメニューを注文します。
注文した料理はお店のスタッフが運んでくれますが、食べた後の支払いは席にある番号札のQRコードを使って自動精算機で行う流れです。

入店から退店までスタッフと接するのは1~2回程度と"新しい生活様式"を取り入れた先進的なスタイルのお店といえますね。

・"ディッシュ"メニューを自分好みにカスタマイズできる

びっくりドンキーといえば、幅広い世代に支持されているハンバーグレストラン。中でも約20種類から選べる"ディッシュ"メニューは、びっくりドンキーの定番です。ディッシュは、ハンバーグ、サラダ、ご飯が盛りつけられたワンプレートメニュー。ハンバーグの大きさやトッピング、ソースの違いなどでいろいろな味のディッシュを楽しむことができます。

ディッシャーズはこの"ディッシュ"をカスタマイズできるのが特徴です。
「レギュラー」や「チーズ」など数種類のディッシュメニュー(税別780円~)から1種類を選び、ハンバーグの枚数、ソースの味、トッピングやご飯の量などを細かく選ぶことができます。タブレットの注文画面に表示される写真を見ながら実際に運ばれてくるプレートを確認できるのも楽しめるポイント。
自分にピッタリな盛り合わせを作れるため、食べ残しがないのも良いところですね。

■グランドメニューがリニューアル!テイクアウト&デザートが充実

ディッシャーズは、2020年12月に新たなメニューを追加してより利用しやすいお店になりました。今までディッシャーズを利用したことがある人にとっても朗報ですよ♡

・テイクアウト専用メニューにピザとコンボが仲間入り

新しくテイクアウトメニューに追加されたのは、店内でも人気のピザ3種類と、テイクアウト専用の「コンボ」3種類。
【コンボ】※テイクアウト専用

(上)コンボA:ハンバーグ2枚・チキン4個・ポテト 1,667円(税別) (左下)コンボB:ハンバーグ2枚・チキン2個・ベーコン2枚・ポテト 1,852円(税別) (右下)コンボC:ハンバーグ4枚・ポテト 1,945円(税別)

コンボは、ハンバーグをメインにポテトやチキンなどのサイドメニューが盛り合わせになったメニューで、A、B、Cの3種類から選べます。

・店内メニューにはパンケーキとクラフトティーが新登場!

店内メニューには、4種類の「釜焼きパンケーキ」と3種類の「クラフトティー」が新たに加わりました。
【釜焼きパンケーキ】

(左上)塩ミルク 750円 (右上)キャラメル 800円 (左下)ストロベリー 800円 (右下)チョコレート 800円(すべて税別)

釜焼きパンケーキは、塩ミルク、キャラメル、ストロベリー、チョコレートの4種類。ほんのり温かくふわふわした生地に、とろっとした生クリームをたっぷりかけた"ふわとろ"スイーツです。
パンケーキが見えないほどの生クリームと特製ソースで贅沢な味わいが楽しめそう♡

【クラフトティー】

(左)オレンジ (中央)ベリー (右)レモン 各380円(税別)

有機栽培紅茶に「オレンジ」「ベリー」「レモン」の3種類のフルーツをプラスしたクラフトティーといっしょに、贅沢なカフェタイムを過ごしてみても◎果実のやさしい甘味と香りが広がるオレンジに、彩り華やかなベリーは隠し味を加えてほんのり甘い微糖仕上げ、レモンはすっきりした味わいなのでさっぱりしたいときにおすすめです!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]