Lifestyle

【まいにち和菓子ごよみ】開けるときに楽しい羊羹って?【3月2日】

毎日更新「大福くんのまいにち和菓子ごよみ」。人気キャラクター【大福くん】とその仲間たちの、和菓子にまつわる疑問を和菓子コーディネーターのせせなおこさんがお答えします。お子さんと一緒に和菓子を食べながら、まったりゆったりと読んでみてくださいね♡


■開けるときに楽しい羊羹って?

出典:Photo AC ※写真はイメージです

玉羊羹はゴム風船の中に羊羹が入ったもので、爪楊枝などを使いプチッと外側が剥けることで羊羹が食べられる、楽しい羊羹です。

このタイプの羊羹が生まれたのは1937年。福島県の和菓子屋「玉嶋屋」が日本陸軍に頼まれて開発しました。当時は「日の丸羊羹」という名前でしたが戦後「玉羊羹」に改名されました。

北海道では「まりも羊羹」、新潟では「玉花火」として各地でも銘菓として親しまれています。
 

▼和菓子の豆知識を教えてくれたのは……?

全国の和菓子情報を集めた・和菓子メディア「せせ日和」を運営する、和菓子コーディネーターのせせなおこさん。


▼せせなおこさんのSNSもチェック!▼

TwitterInstagram



 

■【今日は何の日?】大福くん公式インスタグラムでチェック!

 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大福くん【公式】(@daifukukun.tsutsumi)がシェアした投稿


大福くんの公式インスタグラム(@daifukukun.tsutsumi)では、毎日「今日は何の日?」が紹介されています。
1か月前の2月2日はつぼ漬の日だったみたい♡ 「まいにち和菓子ごよみ」と合わせて、大福くんの公式インスタグラムもぜひチェックしてね!

▼大福くんの公式インスタグラムをチェック!

公式インスタグラムはコチラ

■和菓子をモチーフにしたキャラクター【大福くん】とは?

和菓子の代表格である『大福』をモチーフにしたオリジナルキャラクター。 その他の登場キャラクターも、すべて和菓子をモチーフにしています!


▼大福くんの公式サイトはこちらをチェック

公式サイトはコチラ
 

▼大福くんの各種SNSはこちらをチェック!

TwitterInstagramfacebook

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!