Beauty

コンシーラーでシミ撃退!?使い方やプチプラ&デパコスのおすすめも

年齢を重ねると気になりはじめるシミ。「コンシーラーを塗ってもシミが上手く隠れない…」とお悩みの人も少なくないはずです。そこで今回は、シミを隠せるコンシーラーの選び方や塗り方に加え、プチプラ&デパコスの中から、シミが隠れると人気のコンシーラーを厳選して紹介します。


コンシーラーを使いこなしてシミの見えない美肌を演出しましょう!

■シミを隠せるコンシーラーの選び方とは?

出典:photoAC 

シミの隠し方をマスターするためには、まず基本のコンシーラーの選び方から確認していきましょう。

・濃いシミには暗めの色を選ぼう

特に濃いシミがある場合は、自身の肌色と同じくらいか、少し暗めのコンシーラーを選びましょう。もし肌色よりも明るい色を選んでしまった場合は、シミが隠れずに浮いてしまう可能性があるからです。

・テクスチャーは肌質に合わせて

肌質が乾燥しているという場合は、なめらかなリキッドタイプがおすすめです。反対に、油分が多いという肌質の場合は、固めのテクスチャーのクリームタイプがおすすめ。しっかりと肌質を見極めて選ぶことで、化粧崩れ防止にも繋がります。

・シミの濃淡や範囲に合わせて種類をチョイス

肌にしっかり密着するステックタイプのコンシーラーは、カバー力が高いため濃いシミにおすすめです。ただ、重ね過ぎてしまうと厚塗り感がでてしまうので要注意!
ピンポイントで塗れるペンシルタイプは、小さなシミに最適です。自然に仕上がるクリームタイプは、カバー力もありながら、広範囲にある細かなシミも隠せる万能選手。

・成分は落としやすさや肌への負担を考えて

コンシーラーを落とす際のことも考えると、肌に負担がかかりにくいコンシーラーを選ぶことをおすすめします。石鹸オフできる処方や、植物由来の保湿成分配合のものなどさまざまな種類があるので、購入前に確認しておきましょう。

■ 種類別!コンシーラーの塗り方をチェック

出典:photoAC 

基本的には、どんなファンデーションを使用するかでコンシーラーを塗る順番も変わります。パウダーファンデを使う方は、化粧下地を塗った後でコンシーラーです。その他の、リキッド・クリーム・クッションファンデなどの場合は、ファンデを塗った後にコンシーラーを使用するとモチが良くりますよ。
ここからは、リキッド・パウダー・スティック・ペンシル・クリームそれぞれのコンシーラーの塗り方のポイントを紹介します。

・リキッドコンシーラーの塗り方

小さなシミにおすすめのリキッドコンシーラー。シミが気になる部分に塗り、上から指を使いトントンと馴染ませれば完成です。

・パウダーコンシーラーの塗り方

サラッとシミを隠したいときに最適なのがパウダーコンシーラーです。フェイスパウダーや、ルースパウダーのような感覚で部分的な化粧直しにも使えます。気になるシミにポンポンとのせましょう。

・スティックコンシーラーの塗り方

濃いシミにおすすめなのがスティックコンシーラーです。コンシーラーの角を使用し、シミが隠れる大きさに塗ります。その後、シミの上ではなく、コンシーラーを塗った場所の周りをトントンと指でぼかしたらOK!

・ペンシルコンシーラーの塗り方

ペンシルタイプは、筆を寝かせながらシミが気になる場所に数本線を引いて使います。線を引いたら、上から指でトントンとフィットさせれば完成です。

・クリームコンシーラーの塗り方

クリーム系のコンシーラーは、パレット式のものが多く販売されています。クリームコンシーラーをパレットから取り、少しずつシミの中心から外側に円を描くように塗りましょう。シミよりも少し広い範囲で塗るのがポイントです。この工程を2~3回繰り返し、薄くのせていけば完成。

上記では、基本の使い方を紹介しましたが、メーカーによっても使い方が異なります。そのため、必ずお使いになるコンシーラーのパッケージの概要を確認しましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE