Beauty

シミを隠せるコンシーラーはどれ?使い方やプチプラ&デパコスのおすすめも

■ 種類別!コンシーラーの塗り方をチェック

出典:photoAC 

基本的には、どんなファンデーションを使用するかでコンシーラーを塗る順番も変わります。パウダーファンデを使う方は、化粧下地を塗った後でコンシーラーです。その他の、リキッド・クリーム・クッションファンデなどの場合は、ファンデを塗った後にコンシーラーを使用するとモチが良くりますよ。
ここからは、リキッド・パウダー・スティック・ペンシル・クリームそれぞれのコンシーラーの塗り方のポイントを紹介します。

・リキッドコンシーラーの塗り方

小さなシミにおすすめのリキッドコンシーラー。シミが気になる部分に塗り、上から指を使いトントンと馴染ませれば完成です。

・パウダーコンシーラーの塗り方

サラッとシミを隠したいときに最適なのがパウダーコンシーラーです。フェイスパウダーや、ルースパウダーのような感覚で部分的な化粧直しにも使えます。気になるシミにポンポンとのせましょう。

・スティックコンシーラーの塗り方

濃いシミにおすすめなのがスティックコンシーラーです。コンシーラーの角を使用し、シミが隠れる大きさに塗ります。その後、シミの上ではなく、コンシーラーを塗った場所の周りをトントンと指でぼかしたらOK!

・ペンシルコンシーラーの塗り方

ペンシルタイプは、筆を寝かせながらシミが気になる場所に数本線を引いて使います。線を引いたら、上から指でトントンとフィットさせれば完成です。

・クリームコンシーラーの塗り方

クリーム系のコンシーラーは、パレット式のものが多く販売されています。クリームコンシーラーをパレットから取り、少しずつシミの中心から外側に円を描くように塗りましょう。シミよりも少し広い範囲で塗るのがポイントです。この工程を2~3回繰り返し、薄くのせていけば完成。

上記では、基本の使い方を紹介しましたが、メーカーによっても使い方が異なります。そのため、必ずお使いになるコンシーラーのパッケージの概要を確認しましょう。

■コンシーラーでシミが隠れないときは何が悪い?

コンシーラーは、シミよりも少し濃い色を選ぶ必要がありますが、隠れない場合は色が明るすぎる可能性があります。
また、うまく肌と馴染んでいないと逆にシミが浮いたように見えるときが。塗り方でも登場したように、ぼかして馴染ませる作業は必須です。境界線の部分を上手くぼかすことができれば、シミを自然に隠すことができるでしょう。
また、それでもコンシーラーがうまく馴染んでいないようなら、指の温度を利用して、コンシーラーを溶かしながら馴染ませるという方法もあるので、チャレンジしてみて♡

■ 【プチプラ編】シミ隠しにおすすめコンシーラー

まずは、お手頃価格なプチプラコンシーラーのおすすめを見ていきましょう。

・【CANMAKE】カラーミキシングコンシーラー

出典:@キャンメイク

『CANMAKE(キャンメイク)』の「カラーミキシングコンシーラー」825円(税込)は、3色が入ったパレットタイプのコンシーラー。ミックススペースで自分だけのオリジナルカラーが作れて、サラサラに仕上がります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]