出典:@satsuki.500さん

Lifestyle

芳香剤の車内を素敵空間に♡良い香りでドライブ中もリフレッシュ

気になるにおいを良い香りに変えてくれる芳香剤には、車に載せるものもあります。カー用品店などでも人気で、種類の多さに驚きますよね。固形タイプやリキッドタイプ、エアコンの吹き出し口に留めるクリップタイプなど種類もさまざまなので、自分の愛車にはどんなタイプ・香りが合うかな?と考えて選ぶのも楽しいですね。

そこで今回は車用の芳香剤について、種類別の特徴を調べてみました!おすすめ商品も紹介します。

■車の芳香剤を種類別に紹介!特徴もチェック

まずは車用芳香剤にはどんな種類があるのかを紹介します。

・【固形タイプ】やさしい香り方が特徴

置き型の固形タイプは、香りの立ち上り方がほんのりとやさしいことが特徴です。液体タイプのようにこぼれないため、置き場所を選びません。

・【液体タイプ】香りの広がりやすさは◎

出典:photoAC

置き型・液体(リキッド)タイプの特徴は車内に香りが広がりやすいこと。ただし、液体がこぼれやすいため、子どもがさわらないようチャイルドシートの近くには置かないなど、置き場所には注意が必要です。
香水のようなデザインの容器が多くておしゃれ!

・【ゲルタイプ】固形と液体の良いとこ取り!

しっかりと香る&こぼれにくいものを探しているなら、ゲル(ゼリー)タイプがおすすめです。中のゲルが減ってしまうと香りが薄れやすくなるため、早めに交換することがポイント。

・【吊り下げタイプ】手軽に楽しめて高コスパ

バックミラーやサンバイザーなどに吊り下げて使う芳香剤です。シート状の厚紙に香りを染み込ませているものや、小さな瓶などの容器に香料が入ったものなど、種類も豊富。比較的安く購入できることもメリットです。

・【サンバイザー取りつけタイプ】車内の省スペースが叶う!

運転席や助手席のサンバイザーに取りつけるタイプです。サンバイザーに設置するため、ダッシュボードなどに置くスペースを用意しなくてもOKなのがうれしいですね。

・【エアコン取りつけタイプ】効率よく香らせることができる

出典:photoAC

エアコンの吹き出し口(ルーバー)に取り付けるタイプの芳香剤です。エアコンの風によって効率良く車内に香りを広げることができます。車種によっては取りつけられない場合もありますので、購入するときは確認して。

・【デュフューザータイプ】その日の気分で香りが変えられる

デュフューザータイプは、シガーソケットに接続して使う芳香剤。アロマオイルや香料を熱によって気化させて香りを立たせます。気分によって香りを変えられるため、いろんな香りを楽しみたい人におすすめ。

・【スプレータイプ】ひと吹きすればすぐに良い香りに!

出典:photoAC

車内のにおいをすぐに消したいときに便利なのがスプレータイプです。空間だけでなくシートなどにおいが気になる場所へ部分的に使うこともできますよ。

■香りの選び方ってどうすればいいの?

出典:photoAC

車用の芳香剤は、さまざまな種類の香りのラインナップがあるため、「たくさんあってどれを選んだら良いか分からない!」という人も多いはず。
香りが強すぎると車酔いの原因になることもありますので、せっけんなどのやさしい香りや、強く香りすぎないタイプの芳香剤を選ぶと良いでしょう。
車内のにおいが気になる…というときは、香りつつ消臭効果が期待できるものがおすすめです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]