Baby&Kids

1歳の礼儀作法は「やめて」より「できたね」で覚えてもらおう

vol.1852【1日1成長お母さん】良い行動をくり返し褒めることで礼儀を自然と身につけられる

気になる1歳のお行儀。悪い行動ではなく、良い行動をしたときに着目しよう

1歳頃になるとたくさん動くようになり、お行儀が悪い行動もとり始めます。椅子に立ってごはんを食べたり、人に物を投げたりします。まだ1歳だから仕方ないと思いつつも、周りの目が気になるときもありますよね。とはいえ「ダメだよ」と教えてもなかなか理解はしてくれません。そんなときは、お行儀が悪い行動ではなく、良い行動に着目してみましょう。座ってごはんを食べたときに褒めれば、ごはんは座って食べるものだと自然に覚えていきます。
 

良い行動をしたときに褒めれば、その行動をくり返して行うようになる

1歳はとにかくいろんなことに興味を持っており、なんでもやってみたい時期です。お母さんに「できたね」と褒められるとますますやる気を出して、同じことを何度も繰りかえして探求心を満たします。まだ良いことと悪いことの分別がつかないので、人に物を投げたりもします。危険な行動やお行儀が悪い行動を叱るのではなく、正しい行動を「できたね!」と褒めます。子どもの探求心に火がつき、正しい行動を繰りかえすようになります。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]