出典:@ emcoco_bymayuさん

Lifestyle

押し花の作り方!簡単・時短な方法もを徹底解説♡おしゃれな活用方法も

今大人気のクラフト、押し花。手間も時間もかかるイメージがあるけど、実は簡単に作れちゃうってご存知でしたか?この記事では、基本の作り方やワザありの方法など、押し花の作り方について解説。失敗しにくい花や、キレイに保つコツ、おしゃれな活用方法までご紹介します。「小学生のころに挑戦して以来、作ったことがない…」という方も、この記事を参考にぜひ挑戦してみてくださいね♡

押し花を成功させるカギは、向いている花を選ぶことです。では、押し花に向いている花、向いていない花をご紹介していきましょう!

■押し花に向いている花、向いていない花とは?

出典:photoAC ※写真はイメージです

押し花に向いている花選びには、3つのポイントがあります。

・花が薄くて水分が少ない
・花びらがあまり重なっていない
・大きすぎない

では、実際にどのような花があるのか、初心者向け・上級者向けに分けてご紹介するので、参考にしてみてくださいね☆

<初心者向けの花>
・スミレの仲間(ビオラやパンジーなど)
・カスミソウ
・ポピー
・紫陽花
・ミモザ
・レースフラワーなど

<上級者向けの花>
・チューリップ
・ガーベラ
・バラなど

出典:photoAC ※写真はイメージです

花びらが重なっている花は水分が抜けにくいので、難易度が高くなります。初心者は、水分が抜けにくい朝顔や菊などは避けるのが無難でしょう。花以外にも赤や黄に色づいた落ち葉やシダ、クローバー、ハーブ類などの葉っぱで作る押し葉も◎セリアなどの100円均一で購入した額に飾るだけでおしゃれなインテリアに変身するので、ぜひ試してみてくださいね♡

■押し花をキレイに作るコツとは?

出典:photoAC ※写真はイメージです

押し花をキレイに作るコツは、6つ!

・押し花にするタイミングは、花がふんわり自然に開いた頃にする
・花の茎は、できるだけ根本ギリギリで切り落とす
・できるだけ早く乾燥させる
・花びらに傷や虫がついていないかチェックする
・仕上がりをイメージして花びらをなるべくキレイに広げる、重ねるなどしてセット
・花びらの多いものは、1枚ずつ分解すること

花の開きがピークを過ぎると、傷や変色の原因になりやすいため注意が必要です。花びらが多いバラなどは、花びらを分解することで簡単かつキレイに作れちゃいます◎

Recommend

世界に一つ!家族の手形が残せる『ファミリーハンドプリント・フレーム』で記念アートに挑戦!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]