出典:子供と暮らすリビングのインテリアをおしゃれに!テイストごとの実例集も@ ksk_hmさん

Lifestyle

リビングのおしゃれなおもちゃ収納実例!IKEAにニトリのおすすめアイテムも紹介

リビングにおもちゃを置いておきたい方必見!おすすめの収納アイディアを紹介します。

リビングにおもちゃを置いていると、「ゴチャついて見える」「散らかりやすい」と思う方が多いでしょう。リビングのおもちゃ収納でお悩みの方は、まずはリビングにおもちゃを置くときの収納のコツをチェックしてみましょう。また、おすすめの収納アイテムを活用して、よりスッキリしたおもちゃ収納をしてみてくださいね。

■リビングのおもちゃ収納で考えるべきポイント5つ

出典:子供と暮らすリビングのインテリアをおしゃれに!テイストごとの実例集も@ moppy_homeさん

リビングにおもちゃ収納を作ろうと考えるとき、以下5つのポイントに注意すると「安全」「使いやすい」「すっきりした見た目」が叶います!

・子どもが取りやすいようにしてあげる

まずは子どもが取りやすい収納かどうかが重要。おもちゃで遊ぶのは子どもなので、収納場所が高いところや取り出しにくいところにあると、毎回「おもちゃ取って~!」と言われてママ、パパの手間に。子どもが自分で取り出しやすい場所、収め方で収納してあげましょう

・子どもの遊び方に合わせる

子どもの遊び方に合わせて、おもちゃの収納スペースを考えるようにします。床に広げて遊ぶことが多い電車のおもちゃや人形セットなどは、遊びやすいスペースがある場所に。ある程度高さのあるテーブルや台の上が遊びやすい、おりがみや粘土、パズルなどはテーブルの近くになど、遊び方に合わせて収納するのがベターです。

・収納に使うアイテムや場所が子どもにとって安全か

収納に使うボックスや棚などが木製の場合、角が鋭いと子どもがケガをしてしまう可能性があります。また、ボックスにヒビが入っていたり針金が出ていたりするのも大変危険です。安全な収納アイテムと、安全な場所への収納を第一に考えましょう。定期的な点検も必要ですね。

・子どもが片づけやすい

出典:@ ponpom_lifeさん

取り出しやすさ同様に片づけやすさも重要です。文字が読めない小さいうちは、収納するおもちゃの写真をボックスに貼りつけて、どこに何をしまうのかを示してあげるのがおすすめです。
使用するボックスは大小さまざまなものを組み合わせても、大きさを統一してもOK!特に100均のボックスはさまざまなサイズがあるので、種類ごとに分類するのにぴったりのボックスが見つかりやすいでしょう。

・リビングに置いていてもおしゃれに見える工夫を

おもちゃは明るいカラーや細かいパーツが多いため、少し置いてあるだけでもゴチャついた印象になりやすいです。おもちゃをリビングに置くときは、収納グッズの色をシックにしたり、すっきり見えるシンプルな片づけ方をするなど、なるべく「ゴチャついて見えない」「おしゃれな収納方法」を意識するようにしましょう。

■上手に収納!リビングのおもちゃ収納のコツは?

出典:子供と暮らすリビングのインテリアをおしゃれに!テイストごとの実例集も@ ksk_hmさん

リビングにおもちゃ収納スペースを作るとき、上手に収納するためのコツをまとめました。

・おもちゃを一箇所に集める

リビングのあちらこちらに収納場所を作るのはNG。片づけにくく、散らかりやすい原因になります。リビングにおもちゃを収納するときは、一箇所にまとめて収納できるようにあらかじめ場所を決めておくようにしましょう。

・デッドスペースを活用する

リビングのデッドスペースを活用して、おもちゃ収納のスペースを作るのもおすすめ。ちょっとした隙間やソファの下などにおもちゃ収納を作っている方も多いようです。隙間収納専用の家具が役に立ちそうですね。

・おもちゃ収納を見えにくい場所に

リビングの目立つ位置におもちゃ収納スペースを作るのではなく、ソファの裏側など死角になる場所に作るのがおすすめ。見えにくい場所を選ぶことで、おもちゃのカラフルさが目に入りにくくゴチャゴチャ感も軽減できます。

・収納つき家具を選ぶ

デッドスペースや死角になる部分がない、という場合でも大丈夫です。収納つきの家具を選んで、おもちゃの収納スペースを確保することもできます。収納つきのテレビ台やカラーボックスなどを活用して、ほどよく隠しながらおもちゃを収納しましょう。

Recommend

フランス発のブランド・GLOBBERの【ゴーバイク デュオ】でキックバイクデビューしよう♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]